イソソルビド

出典: meddic

isosorbide
イソバイドメニレット
利尿薬。≠(虚血性心疾患治療剤)硝酸イソソルビド

付文書

  • イソバイド
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2139001S1028_2_03/2139001S1028_2_03?view=body



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/21 17:16:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • イソソルビド内用液70%分包30mL「あすか」
  • 佐々木 和広
  • ファルマシア 46(10), 961-963, 2010-10-01
  • NAID 10027314417
  • イソソルビド服薬コンプライアンスとめまい自覚症状 : ボトル品と分包品の比較
  • 堀井 新,北原 糺,今井 貴夫,西池 季隆,猪原 秀典
  • Equilibrium research 69(2), 96-101, 2010-04-01
  • In treating patients with Ménières disease, isosorbide, one of the osmotic diuretics, is an essential drug to reduce endolymphatic hydrops. However, isosorbide liquid tastes bad, and tends t …
  • NAID 10026394925

関連リンク

一般名イソソルビドとして知られる医薬品は、利尿剤などとして用いられる製剤である。 日本国内での商品名はイソバイドが知られている。最近ではゼリー状の商品もある(商品 名メニレットゼリーなど)。 腎クリアランス性が高い為、硝酸エステルは狭心症薬 ...

関連画像

 30-SR(一硝酸イソソルビド)30mg錠の一般名は硝酸イソソルビド アレグラは耳には関係なく  10(硝酸イソソルビド)10mg [10mL中、硝酸イソソルビド5mg 中、硝酸イソソルビド20mg

添付文書

薬効分類名

  • 経口浸透圧利尿・メニエール病改善剤

販売名

イソソルビドシロップ70%「タイヨー」

組成

  • 100mL中:イソソルビド……………………70g
    〈添加物〉
    サッカリンナトリウム水和物、D-ソルビトール液、乳酸、パラオキシ安息香酸ブチル、パラオキシ安息香酸プロピル、pH調整剤、香科

禁忌

  • 本剤及び本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 急性頭蓋内血腫のある患者[急性頭蓋内血腫を疑われる患者に、頭蓋内血腫の存在を確認することなく本剤を投与した場合、脳圧により、一時止血していたものが、頭蓋内圧の減少とともに再び出血し始めることもあるので、出血源を処理し、再出血のおそれのないことを確認しない限り本剤を投与しないこと]

効能または効果

  • 脳腫瘍時の脳圧降下、頭部外傷に起因する脳圧亢進時の脳圧降下、腎・尿管結石時の利尿、緑内障の眼圧降下、メニエール病
  • 脳圧降下、眼圧降下、及び利尿を目的とする場合には、通常成人1日量70?140mLを2?3回に分けて経口投与する。症状により適宜増量する。
    メニエール病の場合には、1日体重当り1.5?2.0mL/kgを標準用量とし、通常成人1日量90?120mLを毎食後3回に分けて経口投与する。症状により適宜増減する。
    必要によって冷水で2倍程度に希釈して経口投与する。

慎重投与

  • 脱水状態の患者[本剤の利尿作用により症状を悪化させることがある]
  • 尿閉又は腎機能障害のある患者[本剤の利尿作用により症状を悪化させることがある]
  • うっ血性心不全のある患者[浸透圧利尿作用のため循環血液量が増大し、心臓に負担をかけることがある]

重大な副作用

  • ショック、アナフィラキシー様症状 ショック、アナフィラキシー様症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、発疹、呼吸困難、血圧低下、動悸等の異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • イソソルビドは、ニトロ化合物に共通の作用を現す。即ち、分子内から一酸化窒素(NO)を遊離し、これが血管細胞内のグアニル酸シクラーゼを活性化し、細胞内サイクリックGMPを増量して血管平滑筋の弛緩を起こす。2)

有効成分に関する理化学的知見


★リンクテーブル★
リンク元利尿薬」「利尿剤」「isosorbide
拡張検索硝酸イソソルビド」「二硝酸イソソルビド」「一硝酸イソソルビド

利尿薬」

  [★]

diuretic, diuretics
尿細管

適応

利尿薬の種類 (GOO.744)

  CATIONS ANIONS 尿酸 腎血液動態
Na+ K+ H+ Ca2+ Mg2+ Cl- HCO3- H2PO4- 急性 慢性 RBF GFR FF TGF
炭酸脱水酵素阻害薬 炭酸脱水酵素阻害 近位尿細管
 
++ NC V (+) ++ ++ I NC
浸透圧利尿薬 浸透圧 ヘンレループ
 
++ I ++ I NC I
ループ利尿薬 Na+-K+-2Cl- symport阻害 太い上行脚
 
++ ++ ++ ++ ++ (1) (1) V(+) NC V(-)
チアジド系利尿薬 Na+-Cl-symport阻害 遠位尿細管
 
++ V(-) V(+) (1) (1) NC V(-) V(-) NC
カリウム保持性利尿薬 上皮性ナトリウムチャネル阻害 遠位尿細管後部と集合管
 
(+) NC I NC NC NC NC
アルドステロン受容体拮抗 遠位尿細管後部と集合管
 
I (+) I I NC NC NC NC

利尿薬の例

  • 上皮性ナトリウムチャネル阻害薬
  • アルドステロン受容体阻害薬

利尿薬の作用部位

  • ホルモンと利尿薬の作用部位についての簡単なまとめは→尿細管

参照

http://hobab.fc2web.com/sub4-Diuretics.htm



利尿剤」

  [★]

diureticdiuretic drug
利尿利尿薬

商品

isosorbide」

  [★] イソソルビド

WordNet   license wordnet

「drug (trade name Isordil) used to treat angina pectoris and congestive heart failure」
Isordil

硝酸イソソルビド」

  [★]

isosorbide mononitrate
硝酸イソソルビド isosorbide dinitrate
L-オーネスゲン、アイトロールアイロクールアパティアアンタップイソコロナールイソニトールイソピットカリアントSRサークレスサワドールジアセラLソプレロールタイシロールニトラスニトロールフランドルリファタック一硝酸イソソルビド硝酸イソソルビド
二硝酸イソソルビド血管拡張剤
  • 虚血性心疾患治療剤

適応

フランドルテープ

  • 狭心症、心筋梗塞(急性期を除く)、その他の虚血性心疾患
  • 狭心症の発作寛解を目的とした治療には不適であるので、この目的のためには速効性の硝酸・亜硝酸エステル系薬剤を使用すること。

禁忌

フランドルテープ

  • 血管拡張作用により更に血圧を低下させ、症状を悪化させるおそれがある。
  • 眼圧を上昇させるおそれがある。
  • 3. 頭部外傷又は脳出血のある患者
  • 4. 高度な貧血のある患者
  • 血圧低下により貧血症状(めまい、立ちくらみ等)を悪化させるおそれがある。
  • 5. 硝酸・亜硝酸エステル系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 6. ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤(シルデナフィルクエン酸塩、バルデナフィル塩酸塩水和物、タダラフィル)を投与中の患者
  • 本剤とこれらの薬剤との併用により降圧作用が増強され、過度に血圧を低下させることがある。

添付文書

  • フランドル錠20mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2171011G1123_1_04/2171011G1123_1_04?view=body
  • フランドルテープ40mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2171700S1095_1_03/2171700S1095_1_03?view=body

二硝酸イソソルビド」

  [★]

isosorbide dinitrate, ISDN
硝酸イソソルビド、、ニトログリセリン


  • 狭心症治療薬
  • 硝酸薬
  • 硝酸イソソルビド(しょうさんイソソルビド)は狭心症の治療薬として用いられる硝酸エステル製剤である。一般名として、ヒドロキシ基の1つが硝酸エステルとなっている誘導体を含む製剤である一硝酸イソソルビド(英 Isosorbide mononitrate, ISMN)と2つとも硝酸エステル化されている二硝酸イソソルビド(英 Isosorbide dinitrate, ISDN)があり、単に一般名で硝酸イソソルビドといった場合は後者(ビス硝酸エステル)を指す。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A1%9D%E9%85%B8%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%93%E3%83%89

構造

作用機序

薬理作用

動態

適応

注意

禁忌

副作用

相互作用

一硝酸イソソルビド」

  [★]

isosorbide mononitrate
アイトロールアイロクールイソニトールソプレロールタイシロール
二硝酸イソソルビド硝酸イソソルビド





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡