イガイ類中毒

出典: meddic

paralytic shellfish poisoning
サキシトキシン中毒


関連リンク

主にイガイ、ホタテ、アサリ、ムラサキガイなどの二枚貝によっておこる中毒で、食後30分程度で口唇、舌、顔面が痺れ始め、次いで全身に痺れが広がります。重症の場合は、呼吸麻痺により死に至る場合もあります。 これらの ...
過去に中毒 例がある。 ひとつは1965年、静岡県沼津産のバイを食べて視力減退、瞳孔拡大、言語障害、口渇などの症状がでた。原因物質はネオスルガトキシン、プロスルガトキシン。 1957年には新潟県寺泊で、1980年には福井県で ...

関連画像

ソウシハギの写真です。体色は  イガイ」という貝もありますFile:ムラサキイガイ(ムール貝 File:ムラサキイガイ(ムール貝


★リンクテーブル★
関連記事中毒」「

中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡