イオン説

出典: meddic

ionic theory
活動電位電気緊張

和文文献

  • 細胞膜の回路モデル : 細胞膜と神経の電気学的等価回路についての簡単な考察
  • 富岡 和人
  • 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス 101(182), 71-74, 2001-07-07
  • … 本研究報告書の細胞膜の回路モデルはイオン説による等価回路のような電気理論の物理要素によって構成されたものでなく、コンプライアンスと抵抗によって構成されている。 …
  • NAID 110003287941
  • イオン説に基づく脱リン平衡

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み活動電位
関連記事イオ」「イオン

活動電位」

  [★]

action potential
スパイク電位 spike potential
静止電位膜電位心筋の活動電位





  • 興奮性細胞に特徴的
  • 脱分極が閾値(閾電位)を超えると必ずオーバーシュートが発生:全か無かの法則
  • 両側性に無減衰に伝導
  • 活動電位は、静止電位から立ち上がる一過性で、一定の振幅の脱分極である(PT.28)



イオ」

  [★]

Io
カリストユーロパガニメデ木星

イオン」

  [★]

ion
イオン性





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡