イオパミドール

出典: meddic

iopamidol
イオパミロンオイパロミンバイステージモイオパミン



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 口唇ヘルペスと類似した造影剤イオパミドールによる多発性固定薬疹の1例
  • 臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology 70(7), 477-481, 2016-06
  • NAID 40020868978
  • 症例報告 イオパミドールによる急性汎発性発疹性膿疱症の1例
  • 臨床皮膚科 = Japanese journal of clinical dermatology 69(13), 1003-1008, 2015-12
  • NAID 40020660256
  • P1-524 イオパミドール注射液後発品の副作用調査(ジェネリック医薬品,ポスター,一般演題,岐路に立つ医療〜千年紀の目覚め〜よみがえれ!ニッポン!薬の改革は我らが手で!)

関連リンク

イオパミロン注150(50mL)/イオパミロン注150(200mL)/...
総称名, イオパミロン. 一般名, イオパミドール. 欧文一般名, Iopamidol. 製剤名, イオパミドール注射液. 薬効分類名, 非イオン性尿路・血管造影剤. 薬効分類番号, 7219 . KEGG DRUG, D01797 商品一覧 相互作用情報. JAPIC, 添付文書(PDF) ...

関連画像

イオパミドールイオパミドール300注シリンジ イオパミドール370注シリンジ  (1V)中、イオパミドール30.620gイオパミドール370注100mL「HK」イオパミドール300注50mL「HK」

添付文書

薬効分類名

  • 非イオン性尿路・血管造影剤

販売名

イオパミロン注150(50mL)

組成

内容量(mL)

  • 50

成分・含量

  • 1mL中,日局イオパミドール306.2mg含有

ヨード濃度(mg/mL)

  • 150

1瓶中のヨード含有量(g)

  • 7.5

添加物

  • トロメタモール(mg/mL):1
    エデト酸カルシウムナトリウム水和物(mg/mL):0.1
    pH調整剤(2成分):適量

禁忌

  • ヨード又はヨード造影剤に過敏症の既往歴のある患者
  • 重篤な甲状腺疾患のある患者[ヨード過剰に対する自己調節メカニズムが機能できず,症状が悪化するおそれがある.]

効能または効果

イオパミロン注150

  • ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影,コンピューター断層撮影における造影,静脈性尿路撮影,逆行性尿路撮影

イオパミロン注300

  • 脳血管撮影,大動脈撮影,選択的血管撮影,四肢血管撮影,ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影,ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影,コンピューター断層撮影における造影,静脈性尿路撮影,逆行性尿路撮影

イオパミロン注370

  • 血管心臓撮影(肺動脈撮影を含む),大動脈撮影,選択的血管撮影,四肢血管撮影,ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影,ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影,コンピューター断層撮影における造影,静脈性尿路撮影
  • 通常,成人1回下記量を使用する.なお,年齢,体重,症状,目的により適宜増減する.

イオパミロン注150

  • ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影:5〜50mL
    コンピューター断層撮影における造影:200mL※※※
    静脈性尿路撮影:200mL※※※
    逆行性尿路撮影:10〜400mL

イオパミロン注300

  • 脳血管撮影:6〜13mL
    大動脈撮影:30〜50mL
    選択的血管撮影:5〜40mL
    四肢血管撮影:20〜50mL
    ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影:30〜50mL
    ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影:3〜30mL
    コンピューター断層撮影における造影:100mL※※※※
    静脈性尿路撮影:40〜100mL※※
    逆行性尿路撮影:5〜200mL

イオパミロン注370

  • 血管心臓撮影(肺動脈撮影を含む):20〜50mL
    大動脈撮影:30〜50mL
    選択的血管撮影:5〜40mL
    四肢血管撮影:20〜50mL
    ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影:30〜50mL
    ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影:3〜30mL
    コンピューター断層撮影における造影:100mL※※
    静脈性尿路撮影:20〜100mL※※
  • :原液又は原液を生理食塩液で2〜4倍希釈し用いる.
  • ※※:50mL以上投与するときは,通常点滴静注とする.
  • ※※※:通常点滴静注とする.
  • ※※※※:50mL以上投与するときは,通常点滴静注する.
    なお,胸・腹部を高速らせんコンピューター断層撮影で撮像する場合は,撮影対象部位により静脈内投与速度を調節する.ただし,投与量は肝臓領域を除く胸・腹部の場合は100mLまでとするが,肝臓領域の場合は150mLまで投与することができる.

慎重投与

  • 本人又は両親,兄弟に発疹,蕁麻疹等のアレルギーを起こしやすい体質を有する患者
  • 薬物過敏症の既往歴のある患者
  • 脱水症状のある患者[急性腎不全を起こすおそれがある.]
  • 高血圧症の患者[血圧上昇等,症状が悪化するおそれがある.]
  • 動脈硬化のある患者[心・循環器系に影響を及ぼすことがある.]
  • 糖尿病の患者[急性腎不全を起こすおそれがある.]
  • 甲状腺疾患のある患者[「禁忌」2.の項参照]
  • 肝機能が低下している患者[肝機能が悪化するおそれがある.「原則禁忌」4.の項参照]
  • 腎機能が低下している患者[腎機能が悪化するおそれがある.「原則禁忌」5.の項参照]
  • *急性膵炎の患者[症状が悪化するおそれがある.「重要な基本的注意」の項参照]
  • 高齢者[「高齢者への投与」の項参照]
  • 幼・小児[「小児等への投与」の項参照]

重大な副作用

ショック(0.1%未満)

  • ショック(遅発性を含む)を起こし,失神,意識消失,呼吸困難,呼吸停止,心停止等の症状があらわれることがあるので,観察を十分に行い,必要に応じ適切な処置を行うこと.また,軽度の過敏症状も重篤な症状に進展する場合があるので,観察を十分に行うこと.

アナフィラキシー様症状(0.1%未満)

  • 呼吸困難,咽・喉頭浮腫,顔面浮腫等のアナフィラキシー様症状(遅発性を含む)があらわれることがあるので,観察を十分に行い,必要に応じ適切な処置を行うこと.

腎不全(頻度不明)

  • 急性腎不全があらわれることがあるので,このような場合には必要に応じ適切な処置を行うこと.

*急性呼吸窮迫症候群,肺水腫(頻度不明)

  • 急性呼吸窮迫症候群,肺水腫があらわれることがあるので,観察を十分に行い,急速に進行する呼吸困難,低酸素血症,両側性びまん性肺浸潤影等の胸部X線異常等が認められた場合には,必要に応じ適切な処置を行うこと.

せん妄,錯乱,健忘症,麻痺(頻度不明)

  • 脳血管撮影で,せん妄,錯乱,健忘症,麻痺があらわれることがあるので,観察を十分に行い,必要に応じ適切な処置を行うこと.

意識障害,失神(頻度不明)

  • ショックを伴わない意識障害,失神があらわれることがあるので,検査終了後も意識レベル等の観察を十分に行い,必要に応じ適切な処置を行うこと.

血小板減少(頻度不明)

  • 血小板減少があらわれることがあるので,異常が認められた場合には適切な処置を行うこと.

痙攣発作(頻度不明)

  • 痙攣発作があらわれることがあるので,このような場合にはフェノバルビタール等バルビツール酸誘導体又はジアゼパム等を投与すること.

肝機能障害,黄疸(頻度不明)

  • AST(GOT),ALT(GPT),γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので,このような場合には必要に応じ適切な処置を行うこと.

心室細動,冠動脈攣縮(頻度不明)

  • 心室細動,冠動脈攣縮があらわれることがあるので,このような場合には必要に応じ適切な処置を行うこと.

皮膚障害(頻度不明)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)があらわれることがあるので,観察を十分に行い,発熱,紅斑,そう痒感,眼充血,口内炎等の症状が認められた場合には適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • 本剤の主成分(イオパミドール)の構成元素であるヨウ素は高いX線吸収能をもつ.これに基づき,本剤の存在部位と他の生体組織との間にX線画像上のコントラストが生じる.

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • イオパミドール(Iopamidol)

化学名

  • N,N’-Bis[2-hydroxy-1-(hydroxymethyl)ethyl]-5-[(2S)-2-hydroxypropanoylamino]-2,4,6-triiodoisophthalamide

分子式

  • C17H22I3N3O8

分子量

  • 777.09

性状

  • 本品は白色の結晶性の粉末である.
    本品は水に極めて溶けやすく,メタノールにやや溶けにくく,エタノール(99.5)に極めて溶けにくい.


★リンクテーブル★
関連記事イオ

イオ」

  [★]

Io
カリストユーロパガニメデ木星




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡