イオキシラン

出典: meddic

ioxilan
イマジニール



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 13)左室造影時の熱感 : イオパミドールとイオキシランの比較
  • 大友 純,高橋 健太郎,池田 こずえ
  • Japanese circulation journal 63(supple2), 697, 1999-08-20
  • NAID 110002575224

関連リンク

イオキシラン注射液. 剤. 形. 注射剤. 規 格 ・ 含 量. イマジニール®300注20mL. イマジニール®300注50mL. イマジニール®300注100mL. 各製剤1mL中、イオキシラン 623.4mg (ヨードとして300mg)含有. イマジニール®350注20mL. イマジニール®350注 ...
イマジニール®300注: 本剤は、 1 mL中にイオキシラン623.4mg. (ヨードとして300mg) を含有する。 ... イマジニール®350注. ヨード含有量(mg/mL). 300. 350. 内容量(mL). 20. 50. 100. 20. 50. 100. 有効成分. イオキシラン(g). (ヨード含有量(g)). 12.468 ...

関連画像

製造/販売会社 アルフレッサ ジュール熱とシリカで新たな 引用 伊藤 喜久: キャピラリー 特開2009-518325号 医薬目的のため

添付文書

薬効分類名

  • 非イオン性X線造影剤

販売名

  • イマジニール300注20mL(尿路・CT・血管用)

組成

  • 本剤は、1mL中にイオキシラン623.4mg(ヨードとして300mg)を含有する。

ヨード含有量(mg/mL)

  • 300

内容量(mL)

  • 20

有効成分

  • イオキシラン(g)(ヨード含有量(g)):12.468(6)

添加物

  • エデト酸カルシウム二ナトリウム(mg):2
    トロメタモール(mg):20
    pH調節剤:適量

禁忌

  • ヨード又はヨード造影剤に過敏症の既往歴のある患者
  • 重篤な甲状腺疾患のある患者
    [甲状腺内のヨード濃度が高くなり、甲状腺機能を変化させ症状を悪化させるおそれがある。]

効能または効果

イマジニール300注

  • 脳血管撮影、大動脈撮影、選択的血管撮影、四肢血管撮影、ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影、ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影、コンピューター断層撮影における造影、静脈性尿路撮影

イマジニール350注

  • 血管心臓撮影、大動脈撮影、選択的血管撮影、四肢血管撮影、ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影、ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影、コンピューター断層撮影における造影、静脈性尿路撮影
  • 通常成人1回、下記の量を使用する。なお、年齢、体重、症状、目的により適宜増減する。また、複数回投与する場合は、総使用量は250mLまでとする。
  • 撮影の種類 用量
    イマジニール300注
    用量
    イマジニール350注
    脳血管撮影 5〜12mL
    血管心臓撮影:心腔内撮影 30〜45mL
    血管心臓撮影:冠状動脈撮影 5〜10mL
    大動脈撮影 15〜50mL 25〜50mL
    選択的血管撮影 4〜50mL 5〜55mL
    四肢血管撮影 8〜80mL 10〜70mL
    ディジタルX線撮影法による動脈性血管撮影 3〜20mL 5〜40mL
    ディジタルX線撮影法による静脈性血管撮影 30〜40mL 20〜70mL
    コンピューター断層撮影における造影 15〜150mL
    必要に応じ点滴注入を行う。
    17〜100mL
    必要に応じ点滴注入を行う。
    静脈性尿路撮影 50〜100mL
    必要に応じ点滴注入を行う。
    50〜100mL
    必要に応じ点滴注入を行う。

    慎重投与

    • 本人又は両親、兄弟に気管支喘息、発疹、蕁麻疹等のアレルギーを起こしやすい体質を有する患者
    • 薬物過敏症の既往歴のある患者
    • 脱水症状のある患者
      [急性腎不全を起こすおそれがある。]
    • 高血圧症の患者
      [血圧上昇等症状が悪化するおそれがある。]
    • 動脈硬化のある患者
      [心・循環器系に影響を及ぼすことがある。]
    • 糖尿病の患者
      [急性腎不全を起こすおそれがある。]
    • 甲状腺疾患のある患者
      (「禁忌」2.の項参照)
    • 肝機能が低下している患者
      [肝機能が悪化するおそれがある。(「原則禁忌」4.の項参照)]
    • 腎機能が低下している患者
      [腎機能が悪化するおそれがある。(「原則禁忌」5.の項参照)]
    • 急性膵炎の患者
      [症状が悪化するおそれがある。(「重要な基本的注意」6.の項参照)]
    • 高齢者
      (「高齢者への投与」の項参照)
    • 幼児・小児
      (「小児等への投与」の項参照)

    重大な副作用

    (頻度不明)

    • ショック(遅発性を含む)により血圧低下、失神、意識消失、呼吸困難、呼吸停止、心停止等の症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い、必要に応じ適切な処置を行うこと。また、軽度の過敏症状も重篤な症状に進展する場合があるので観察を十分に行うこと。
    • 呼吸困難、咽・喉頭浮腫等のアナフィラキシー様症状(遅発性を含む)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、必要に応じ適切な処置を行うこと。
    • 肝不全及び腎不全を起こすことがあるので、観察を十分に行い、必要に応じ適切な処置を行うこと。
    • 失神(意識障害等)、錯乱等の精神神経系症状があらわれることがあるので、観察を十分に行い、必要に応じ適切な処置を行うこと。
    • 痙攣発作があらわれることがあるので、発現した場合には適切な処置を行うこと。

    有効成分に関する理化学的知見

    一般名

    • イオキシラン、Ioxilan

    化学名

    • (±)-N-(2,3-dihydroxypropyl)-5-[N-(2,3-dihydroxy-propyl)acetamido]-N '-(2-hydroxyethyl)-2,4,6-triiodoisophthalamide

    分子式

    • C18H24I3N3O8

    分子量

    • 791.11

    性状

    • 本品は白色の結晶性の粉末で、においはない。本品は水にやや溶けやすく、メタノールに溶けにくく、エタノール(99.5)、ジエチルエーテル又はクロロホルムにはほとんど溶けない。


    ★リンクテーブル★
    関連記事イオ」「オキシラン」「キシラン

    イオ」

      [★]

    Io
    カリストユーロパガニメデ木星


    オキシラン」

      [★]

    oxirane
    エチレンオキシド


    キシラン」

      [★]

    xylan
    ヘミセルロース




    ★コメント★

    [メモ入力エリア]
    ※コメント5000文字まで
    ニックネーム:
    コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡