アンブロキソール

出典: meddic

ambroxol
アンブロキソール塩酸塩 塩酸アンブロキソール ambroxol hydrochloride
アンキソールアントブロンアンブロングリンクールコトブロールコフノールコンズールサイプロールシンセラキンセルマキールゼンブロン、ゼンブロンL、ソロムコダイオリールノンタスバンブロアンフズレバンフストレスプルスマリンブローミィポノフェンムコアストマリムコキールムコサールムコソルバンムコソレートムコブリン
去たん剤


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/29 13:25:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 塩酸アンブロキソールおよびL-カルボシステインのシロップとドライシロップについての注意点
  • 渡邉 直人,中川 武正,牧野 荘平
  • アレルギー 61(5), 659-661, 2012-05-30
  • NAID 110009445042
  • P024 塩酸アンブロキソールシロップとドライシロップについての注意点(成人気管支喘息,ポスターセッション,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 渡邉 直人,中川 武正,牧野 荘平
  • アレルギー 61(3・4), 512, 2012-04-10
  • NAID 110009482893
  • O63-1 塩酸アンブロキソール徐放剤のジェネリック製品についての検証(O63 その他の呼吸器疾患,口演,第61回日本アレルギー学会秋季学術大会)
  • 渡邉 直人,中川 武正,牧野 荘平
  • アレルギー 60(9・10), 1458, 2011-10-10
  • NAID 110008912690

関連リンク

ムコソルバンとは?アンブロキソールの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけでは ...
アンブロキソール塩酸塩Lとは。効果、副作用、使用上の注意。 たんの粘り気を低下させて排出しやすくしたり、たんを溶かして排出しやすくする薬です。 感冒 ( かぜ )、 気管支炎 、 気管支拡張症 、 咽頭炎(いんとうえん ...
ニプロ株式会社のアンブロキソール塩酸塩錠15mg「ZE」(呼吸器官用薬)、一般名アンブロキソール塩酸塩(Ambroxol hydrochloride) の効果と副作用、写真、保管方法等を掲載。 QLifeとは サイトマップ アンブロキソール塩酸塩錠15mg ...

関連画像

アンブロキソール塩酸塩徐放OD アンブロキソール塩酸塩細粒1 皇漢堂 塩酸アンブロキソール アンブロキソール塩酸塩徐放OD アンブロキソール塩酸塩徐放OD 沢井 アンブロキソール塩酸塩L アンブロキソール塩酸塩錠15mg アンブロキソール二塩酸(XYZA

添付文書

薬効分類名

  • 気道潤滑去痰剤

販売名

  • アンブロキソール塩酸塩錠15mg「TCK」

組成

有効成分の名称

  • アンブロキソール塩酸塩

含量

  • 1錠中アンブロキソール塩酸塩15mg

添加物

  • 乳糖水和物、トウモロコシデンプン、セルロース、ポビドン、二酸化ケイ素、ステアリン酸Mg

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

○下記疾患の去痰

  • 急性気管支炎、気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症、肺結核、塵肺症、手術後の喀痰喀出困難

○慢性副鼻腔炎の排膿


  • 通常、成人には1回1錠(アンブロキソール塩酸塩として15.0mg)を1日3回経口投与する。
    なお、年齢・症状により適宜増減する。

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(いずれも頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状(発疹、顔面浮腫、呼吸困難、血圧低下等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)(頻度不明)

  • 皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • アンブロキソール塩酸塩(Ambroxol Hydrochloride)

化学名

  • trans -4-[(2-Amino-3,5-dibromobenzyl)amino]cyclohexanol hydrochloride

分子式

  • 1318BrO・HCl

分子量

  • 414.56

融点

  • 約235℃(分解)

性状

  • 白色の結晶性の粉末で、においはなく、わずかに特異な味がある。
    メタノールにやや溶けやすく、水又はエタノール(99.5)にやや溶けにくく、酢酸(100)に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
先読みambroxol hydrochloride
リンク元ambroxol」「アントブロン」「グリンクール」「コフノール」「シンセラキン
拡張検索アンブロキソール塩酸塩」「アンブロキソール塩酸塩L」「塩酸アンブロキソール

ambroxol hydrochloride」

  [★]

ambroxol


ambroxol」

  [★]

アンブロキソール

ambroxol hydrochloride


アントブロン」

  [★] アンブロキソール


グリンクール」

  [★] アンブロキソール


コフノール」

  [★] アンブロキソール


シンセラキン」

  [★] アンブロキソール


アンブロキソール塩酸塩」

  [★] アンブロキソール


アンブロキソール塩酸塩L」

  [★] アンブロキソール


塩酸アンブロキソール」

  [★] アンブロキソール




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡