アンスロン法

出典: meddic


和文文献

  • Enzymatic Method for Determination of Inulin
  • 杉田 収,富山 八重,松戸 隆之,岡田 正彦,下條 文武,荒川 正昭,高橋 正光,渡津 吉史,兼田 喜明
  • Japanese Journal of Clinical Chemistry 23(2), 164-169, 1994
  • A new, totally enzymatic method for the determination of inulin in serum and urine, using inulase (EC 3.2.1.7.), fructokinase (EC 2.7.1.4), phosphoglucoisomerase (EC 5. 3. 1. 9), and glucose- 6- phosp …
  • NAID 130003358034
  • グリコ-ゲンの定量におけるアンスロン法と酵素法の比較
  • 鎌田 八郎,浜田 竜夫
  • 畜産試験場研究報告 (43), p85-92, 1985-03-00
  • NAID 40002346587

関連リンク

ろ混合している ものについては正確な定量は 困難であ. る.し たがってその場合には むしろそれらの分別法の問. 題 として考えねばならないし,実 際問題 としては,抽 出. な どいろいろの前処理が必要な場合が多い. このようにアンスロン法は他にみられない 優れ ...
今後、さらに多くの水域における分布や存在量を明らかにすることが望まれている。 原理(アンスロン法). 炭水化物は、硫酸による脱水反応によってフルフラール及びその 誘導体となる。 これらの生成物とアンスロンが反応して生ずる青色縮合体を比色定量 する。

関連画像

アンスロン・ローリーマロン酸の画像 p1_11炭水化物は、硫酸による脱水 成果の内容〕成果の内容〕イメージ ID=000004


★リンクテーブル★
関連記事

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡