アローゼン

出典: meddic

Alosenn
  • 合剤
センナセンナジツ

成分

添付文書

  • ※※アローゼン顆粒
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2359102X1072_1_01/2359102X1072_1_01?view=body


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 書評 セオドア・ローゼンガーテン著(上杉忍・上杉健児訳)『アメリカ南部に生きる--ある黒人農民の世界』
  • よりよい大腸内視鏡前処置を求めて--併用薬剤としてのセンナ「アローゼン」の有効性の検討

関連リンク

アローゼンとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:病気別版) ... 副作用 副作用の少ない安全なお薬です。重い副作用はありません。ただ、量が多いと腹痛を起こしやすくなります。
アローゼンとは?効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 副作用 副作用の少ない安全なお薬です。重い副作用はありません。ただ、量が多いと腹痛を起こしやすくなります。
株式会社ポーラファルマのアローゼン顆粒(消化器官用薬)、一般名センナ(Senna leaf) センナジツ(Senna fruit) の効果と副作用、写真、保管方法等を掲載。 ... 以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。

関連画像

アローゼン顆粒とプルゼニド錠 アローゼン顆粒アローゼン顆粒AL0.5gアローゼン顆粒、ヨーデルS(80mg アローゼン 本体写真アローゼン顆粒 1.0g 120包

添付文書

薬効分類名

  • 緩下剤

販売名

※※アローゼン顆粒

組成

成分・含量
(1g中)

  • センナ 577.9mg
    センナジツ 385.3mg

添加物

  • オノニス根エキス、タラクサシ根草エキス、デヒドロ酢酸ナトリウム、バレイショデンプン、ミレフォリウム草エキス、流動パラフィン

禁忌

  • 本剤又はセンノシド製剤に過敏症の既往歴のある患者
  • 急性腹症が疑われる患者、痙攣性便秘の患者[蠕動運動亢進作用により腹痛等の症状を増悪するおそれがある。]
  • 重症の硬結便のある患者[下剤の経口投与では十分な効果が得られず、腹痛等の症状を増悪するおそれがある。]
  • 電解質失調(特に低カリウム血症)のある患者には大量投与を避けること。[下痢が起こると電解質を喪失し、状態を悪化するおそれがある。]

効能または効果

効能・効果

  • 便秘(ただし、痙攣性便秘は除く)
    駆虫剤投与後の下剤

用法・用量

  • 通常成人1回0.5?1.0gを1日1?2回経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 腹部手術後の患者[腸管蠕動運動亢進作用により腹痛等がみられるので、消化管の手術後は特に注意すること。]

薬効薬理

  • 主成分であるセンノシドA,Bは胃及び小腸から吸収されず、そのままの形で作用部位である大腸に到達したのち、腸内細菌の作用によりレインアンスロンとなり、瀉下作用を発現する(マウス)。1)その他の成分であるレイン、アロエエモジン、センノシドC等は瀉下作用を増強するとされている2)?3)(マウス)4)
  • また、動物実験において腸管の水分及びNa+の吸収を阻害し、かつ収縮を減少して緊張を低下させる(ラット、イヌ)。5)?7)

有効成分に関する理化学的知見


  • (センノシドAとBとは10,10'位の立体異性体)


★リンクテーブル★
リンク元下剤,浣腸剤」「センナジツ
関連記事アロ

下剤,浣腸剤」

  [★]

緩下薬

商品

センナジツ」

  [★]

アローゼンセリナリートピムロ
センナ

アロ」

  [★]

allo
非自己




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡