アロステリック

出典: meddic

allostericallosterically
分子変容

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/16 01:53:32」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ニコチン性アセチルコリン受容体と細胞内情報伝達 (特集 神経内分泌反応と炎症・凝固反応)
  • 22. ABA受容体PYLsの負のアロステリック調節因子AS6の熱力学的および構造的基盤(口頭発表,植物化学調節学会第48回大会)
  • 竹内 純,岡本 昌憲,秋山 智則,矢嶋 俊介,須恵 雅之,平井 伸博,大西 利幸,Sean Cutler,轟 泰司
  • 植物化学調節学会研究発表記録集 48(Supplement), 37, 2013-10-04
  • NAID 110009738231
  • 2P095 単一結晶形中でのヘモグロビンのアロステリック転移(02.ヘム蛋白質,ポスター,日本生物物理学会年会第51回(2013年度))

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みallosteric」「allosterically
リンク元分子変容
関連記事アロ

allosteric」

  [★]

アロステリックな、分子変容の

allosterically


allosterically」

  [★]

  • アロステリックに
allosteric

分子変容」

  [★]

allosteric
アロステリック

アロ」

  [★]

allo
非自己




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡