アレニウス・プロット

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 画像保存性評価のための基礎講座 アレニウスプロットを意識した寿命予測のマスターカーブ(その2)
  • プラスチック屋の材料工学講座 プラスチック成形材料の強さと耐久性--アレニウスプロットと分子切断速さ(8・最終回)アレニウスプロットと分子切断数(x)

関連リンク

アレニウスの式 A:頻度因子(Frequency factor) 実験的に求まる定数だが、衝突理論と理論的なつながりもある(後述) 活性化エネルギーの求め方(アレニウスプロット) したがって このようなプロットをとれば傾きから ...
【最新の回答】> すると低温側で頻度因子(粒子が衝突する頻度?)が増加するということでしょうか? 違います. あなたの想像通り,高温の方が頻度因子は大きくなります.したがって ...

関連画像

アレニウスプロット の式・アレニウスプロットアレニウス プロットアレニウスプロットを使用し


★リンクテーブル★
関連記事プロ」「プロット

プロ」

  [★]

pro

プロット」

  [★]

plotplot




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡