アレニウス

出典: meddic

Arrhenius

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/22 05:37:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • Ni/ペロブスカイト触媒を用いた水蒸気改質における炭化水素の構造の影響
  • 比護 拓馬,橋本 崇,向井 大揮,長竹 慧,小河 脩平,杉浦 行寛,関根 泰
  • Journal of the Japan Petroleum Institute 58(2), 86-96, 2015
  • … 結果として,アレニウスプロットやFT-IR解析から,これらの反応活性は構造と深い相関があることが分かった。 …
  • NAID 130005068510
  • 国際宇宙ステーションでの結晶成長実験に関する溶融InxGa1-xSbの粘度測定
  • 阪田 薫穂,向井 碧, , ,稲富 裕光,石川 毅彦,早川 泰弘
  • 熱物性 27(4), 152-163, 2015
  • … 回転振動法により測定した.粘度は結晶成長の数値計算に必須のパラメータの1つであり,数値計算の精度向上には粘度の組成依存性が必要となる.測定の結果,InxGa1-xSbにおいてもInSbやGaSbと同様に粘度はアレニウスの直線性を示すことが示された.また,InxGa1-xSbの粘度はGaSb,InSbの間の値となった.本研究は,国際宇宙ステーションで行われる混晶半導体結晶成長実験に関する数値計算のパラメータとして使用するこ …
  • NAID 130004877064
  • Optimum Lifetime Prediction Testing under the Arrhenius Law (信頼性)
  • 田淵 直樹,廣瀬 英雄
  • 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(256), 31-36, 2014-10-17
  • NAID 40020266880

関連リンク

アレニウスの式 A:頻度因子(Frequency factor) 実験的に求まる定数だが、衝突理論と理論的なつながりもある(後述) 活性化エネルギーの求め方(アレニウスプロット) したがって このようなプロットをとれば傾きから ...
化学反応速度の温度依存性を予測する。部品の経年劣化の主因が温度である場合,部品の寿命τはアレニウスの式「τ=A・exp(Ea/kT)」(A,Ea:故障モードごとに固有の定数,T:絶対温度,k:ボルツマン定数)で近似できる。

関連画像

アレニウスの法則による電解 アレニウスプロット(酪酸 Svante August Arrheniusアレニウスプロットアレニウスプロットを使用し アレニウスモデル概念図】


★リンクテーブル★
リンク元Arrhenius
拡張検索アレニウス式

Arrhenius」

  [★]

アレニウス

WordNet   license wordnet

「Swedish chemist and physicist noted for his theory of chemical dissociation (1859-1927)」
Svante August Arrhenius

アレニウス式」

  [★]

Arrhenius equation
Arrhenius式




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡