アレスチン

出典: meddic


-S抗原


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/13 06:11:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Gタンパク質共役受容体キナーゼ(GRK)
  • 芳賀 達也
  • 日本薬理学雑誌 136(4), 215-218, 2010-10-01
  • … GPCR)をリン酸化するセリン・トレオニンキナーゼである.基本的な作用機構は,(1)アゴニスト結合した受容体(GPCR)がGRKを活性化,(2)活性化されたGRKが受容体をリン酸化,(3)リン酸化された受容体にアレスチン(arrestin)が結合,(4)その結果受容体の脱感受性(desensitization)が起こる,というものである.脱感受性は,受容体とGタンパク質との相互作用が損なわれる脱共役(uncoupling),受容体の細胞内への移行( …
  • NAID 10027584131
  • 一酸化窒素(NO)による7回膜貫通型受容体の制御とその気管支喘息の病態における関与の可能性
  • 小澤 健太郎
  • 日本薬理学雑誌 136(2), 98-102, 2010-08-01
  • … もS-ニトロシル化の関与が報告され,その分子メカニズムとしてアドレナリンβ受容体の脱感作抑制の可能性が示唆された.今回我々はS-ニトロシル化によるアドレナリンβ受容体の制御の機構としてGRK,β-アレスチン,ダイナミンの3つのタンパク質を使って一連の研究を行い,この3つのタンパク質がS-ニトロシル化され,S-ニトロシル化によりタンパク質の機能が制御され,その結果としてS-ニトロシル化がβ受容体の機 …
  • NAID 10026631912

関連リンク

GPCRのリン酸化とそれに続くβ-アレスチンやダイナミンなどとの結合の結果、受容体の 細胞膜内への移行(sequestration)とそれに付随して生じる細胞質内への移動( internalization)が重要とされている(Am J Respir Crit Care Med 158, 146‐153, 1998). ...

関連画像

nobelprize_chemistry_2012_1.pngDownload]サル網膜を抗アレスチン(S アレスチンには、脊椎動物の光 Activated GPCR Internalization Assay原理figure2


★リンクテーブル★
関連記事レス

レス」

  [★]

loess
黄土



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡