アルコール精神病

出典: meddic

alcoholic psychosis
アルコール依存症



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/15 21:04:29」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 精神臨床看護検討レポート(case 15)著しい視力・聴力低下をともなった高齢のアルコール精神病患者への看護
  • 渡辺 富美子,一ノ山 隆司,川野 雅資 [他]
  • 臨床看護 36(10), 1350-1355, 2010-09
  • NAID 40017268642
  • 江戸時代の古文書にみる精神障害者
  • アルコール精神病をめぐって(第228回北里医学会招待学術講演会要旨)

関連リンク

[アルコール関連障害(アルコール離脱症候群・アルコール精神病)][ウェルニッケ‐コルサコフ症候群],心理学とカウンセリング、その隣接諸分野に関連するキーワードや専門用語を整理して分かりやすく解説するブログです。
アルコール 精神病 このサイトの趣旨 ようこそ、「介護のプチ知識!」へ、当サイトでは、ホームヘルパー、介護福祉、また一般的な病気なども含み、 介護全般に関する用語・資格情報を紹介しています。これから介護を勉強される ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みアルコール依存症
国試過去問104E003
リンク元アルコール性嫉妬妄想」「alcoholic psychosis
関連記事アルコール」「」「精神病

アルコール依存症」

  [★]

alcoholismalcoholic, alcohol dependence
アルコール中毒
アルコールアルコール依存患者アルコール依存性アルコール症アルコール性アルコール中毒アルコール依存アルコール中毒者

合併症

  • アルコール性肝障害、心筋症、胃潰瘍、慢性膵炎、多発神経炎、コルサコフ症候群、ウェルニッケ脳症

検査

参考1
  • アルコール症スクリーニングテスト
  • KAST久里浜アルコール症センターによって作られた日本人向けのアルコール依存症のスクリーニングテスト。2003年改訂
  • お酒で赤くなる体質を用いた食道がん高危険群のスクリーニングテスト → 詳しくは参考1参照
  • CAGE:4項目
  • AUDIT

治療

KPS.452
  • 以下の3段階を踏んで治療が行われる。
介入 → 解毒(detoxication → リハビリテーション(社会復帰活動)
  • 薬物療法が即座に用いられることはない、らしい。例えば、ジスルフィラムは外来リハビリテーションの第一段階が終わってから、あるいは入院治療を終え退院する際に処方される。

参考

[display]http://www.kurihama-alcoholism-center.jp/alcohol/index.html

国試



104E003」

  [★]

  • 妄想について正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104E002]←[国試_104]→[104E004

アルコール性嫉妬妄想」

  [★]

alcoholic delusion of jealousy
アルコール精神病

alcoholic psychosis」

  [★]

アルコール精神病


アルコール」

  [★]

alcohol
エタノール



アルコールによる酩酊の分類

  • 酩酊
  • もうろう型、てんかん型
  • せんもう型

アルコールの急性症状 (血中アルコール濃度)

  • 0.5 mg/ml 以上で酒気帯び → 道路交通法(0.5 mg/ml以上で運転能力の低下、1.5 mg/ml以下では著しい低下。1.5-2.0 mg/mlがもっとも危険。これ以上では運転できない)
  • 血中アルコール濃度と酩酊の状態
  • 0.0-0.5 mg/ml::殆ど無症状か、わずかな熱覚、味覚や嗅覚の低下
  • 0.5-1.0 mg/ml:弱度酩酊:顔面紅潮、抑制からの解放、陽気、多幸感、不安や緊張の緩和、反応時間の延長など
  • 1.0-1.5 mg/ml:軽度酩酊:多弁、大胆、感覚の軽度麻痺、気分爽快、多弁など
  • 1.5-2.5 mg/ml:中程度酩酊:眠気に襲われる、言語不明瞭、平衡感覚が鈍麻し、千鳥足になる、理解・判断力鈍麻など
  • 2.5-3.5 mg/ml:強度酩酊:歩行困難、顔面蒼白、悪心、嘔吐、感覚麻痺、精神運動性興奮、言語不明瞭、諸反射の消失など
  • 3.5-4.5 mg/ml:重度酩酊、泥酔:意識消失、筋力消失、呼吸困難、体温低下、昏睡状態
  • 4.5- mg/ml:呼吸麻痺、心機能不全などで死亡する。

アルコールの慢性症状

アルコール中毒の患者において、脳神経でchromatosisが見られるが、ニューロンの脱落は末期まで見られない。小脳では虫部のニューロンが優先的に脱落する。大脳辺縁系の乳頭体に強い病変が見られる → ウェルニッケ・コルサコフ症候群と関連

アルコールによる非精神症状

  • 粘膜障害:腸壁障害により下痢

アルコールによる疾患

  • 身体疾患:アルコール性肝疾患(脂肪肝)、膵炎(急性膵炎、慢性膵炎)、大腿骨頭壊死症、末梢神経障害
  • 精神疾患:急性アルコール中毒、慢性アルコール中毒、アルコール依存症、アルコール精神病
(国試)100B077095B075

アルコールの摂取と疾患

アルコールの胎児への影響

SUB.260

アルコールの摂取量

アルコールの単位

  • アルコール摂取量の基準とされるお酒の1単位とは、純アルコールに換算して20g。


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患

精神病」

  [★]

psychosis, insanity





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡