アルコール性肝障害

出典: meddic

alcoholic liver disease, alcoholic hepatopathy, alcoholic liver injury


分類

組織型により分類。

病態

  • アルコールによる肝細胞障害
  • アルコール代謝の過程でNADHが蓄積し、脂肪の合成が亢進()、血糖低下(糖新生抑制、ATPが必要だから?)、乳酸の増加(NADH増加のため。また、おそらくTCA回路がNADH増加のために回しにくくなっているため)
  • ミトコンドリア機能活性化により酸素消費の増大 + アルコール脱水素酵素ADH、アルデヒド脱水素酵素ALDHは、zone3(肝小葉中心部)に存在 → 虚血による障害を受けやすい → zone3はAST優位なのでAST>ALT、と思われる。
  • アルコール代謝産物による線維化亢進
  • アルデヒドがクッパー細胞、単核球などを刺激して放出されたサイトカインに対して、星細胞や線維芽細胞が活性化しコラーゲンを合成

症状

  • アルコール性肝炎:腹痛、発熱、黄疸、悪心・嘔吐
  • 重症型アルコール性肝炎:腹痛、発熱、黄疸、悪心・嘔吐 + 意識障害

検査

  • トランスアミナーゼ↑(AST > ALT)、γ-GTP ↑、ALP↑、TG↑、尿酸
  • IgA↑ (小腸のパイエル板におけるリンパ球の活性が亢進するため?。急性アルコール性肝炎では65 kDaの熱ショック蛋白に対するIgA抗体の産生が増加するという報告がある(参考4))


  • アルコール性肝炎:白血球増加
  • 重症型アルコール性肝炎:白血球著明に増加
  • アルコール性肝硬変

参考

  • 1. [charged] Pathogenesis of alcoholic liver disease - uptodate [1]
  • 2. [charged] Clinical manifestations and diagnosis of alcoholic liver disease - uptodate [2]
  • 3. [charged]Prognosis and treatment of alcoholic liver disease and alcoholic hepatitis - uptodate [3]
  • 4. Circulating IgA antibody against a 65 kDa heat shock protein in acute alcoholic hepatitis.
  • Winrow VR, Bird GL, Koskinas J, Blake DR, Williams R, Alexander GJ.SourceARC Bone and Joint Research Unit, London Hospital Medical College, UK.
  • Journal of hepatology.J Hepatol.1994 Mar;20(3):359-63.
  • Heat shock proteins are known to be immunogenic in a number of diverse conditions and can be induced by hypoxia, tumour necrosis factor and alcohol--all potential triggers in patients with acute alcoholic hepatitis. In the present study, sera from 23 patients with acute alcoholic hepatitis, 18 liver
  • PMID 8014447

国試



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/02/13 22:27:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アルコール性肝障害 (特集 Q&Aでまるわかり 肝臓疾患の栄養療法)
  • 長谷川 裕子,中水流 正一,三田 英治
  • ニュートリションケア 4(2), 156-162, 2011-02
  • NAID 40018725582
  • シナカルセト投与後に著しい肝逸脱酵素の上昇をきたした維持透析患者の1例
  • 花房 雄治,西川 公詞,奥瀬 紀晃,塩田 邦朗,原 威史,大房 馨,伊藤 悦行,山口 とく子,古屋 良恵,土屋 和仁,櫻田 和也,和田 晋太郎,進士 たまみ,田中 宏良信,儘田 文子,湯浅 光利,横山 良望
  • 日本透析医学会雑誌 = Journal of Japanese Society for Dialysis Therapy 43(2), 201-207, 2010-02-28
  • 症例は66歳,男性.慢性糸球体腎炎による慢性腎不全のため,24年前に透析導入となっている.高血圧および高尿酸血症を合併しており,また,両側手根管症候群に対して手術の既往を有している.さらに,シナカルセト投与前よりアルコールによる中等度の肝機能障害を認めていた.経過観察中にintact-PTHが371 pg/dLと上昇し,活性型ビタミンD3製剤の経口投与を行っているにもかかわらず,intact-PT …
  • NAID 10026316461

関連リンク

gooヘルスケア 家庭の医学。アルコール性肝障害。どんな病気か アルコール性肝障害で 最初に生じるのはアルコール性脂肪肝です。それでもなお大量飲酒を続けると、約2割の 人にアルコール性肝炎が起こります。 アルコール性肝炎のなかには、肝性脳症(かん ...

関連画像

alckan19.gifalckan02.gifアルコール性肝障害alckan06.gifalckan14_01.gifアルコール性肝障害の進展:図 Pathogenesis alcoholic liver injury.jpgalckan01.gif


★リンクテーブル★
国試過去問097C019」「104I069」「101G028」「107G046」「102D014」「101C016」「100E019
リンク元脂肪肝」「100Cases」「マロリー小体」「IgA」「重症アルコール性肝炎
関連記事アルコール」「障害」「

097C019」

  [★]

  • 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。
  • 48歳の男性。全身倦怠感、食欲不振、尿の濃染および黒色便を訴えて来院した。
  • 現病歴 : 5日間連続して毎日、日本酒5合以上を飲み体調を崩した。腹部の膨隆や両下肢の浮腫が次第に明瞭となり、今朝、黒色便を排出した。常習飲酒家である(3合/日)。
  • 既往歴 : 27歳の時、交通事故で輸血を受けた。
  • 現症 : 意識は清明。身長169cm、体重61kg。体温36.8℃。脈拍64/分、整。血圧142/86mmHg。眼瞼結膜はやや貧血様、眼球結膜には軽度の黄疸を認める。胸部に異常は認めない。腹部では腹壁に静脈怒張が認められ、肝を剣状突起下で3cm触知する。腹水と両下肢の浮腫とを認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ビリルビン1+。
  • 血液所見:赤血球320万、Hb9.6g/dl、白血球4,200、血小板9.2万、プロトロンビン時間60%(基準80~120)。血清生化学所見:総蛋白6.6g/dl、アルブミン2.9g/dl、γーグロブリン34.5%、尿素窒素48mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、尿酸5.2mg/dl、総コレステロール126mg/dl、総ビリルビン2.8mg/dl、直接ビリルビン1.4mg/dl、AST224単位(基準40以下)、ALT185単位(基準35以下)、γーGTP462単位(基準8~50)。HCV抗体陽性。ICG試験(15分値)32.4%(基準10以下)。
  • この患者において関連のない組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097C018]←[国試_097]→[097C020

104I069」

  [★]

  • 61歳の男性。発熱胸痛および呼吸困難を主訴に来院した。2週前からおよび38℃台の発熱が出現し、自宅近くの診療所風邪と診断されて治療を受けたが改善しなかった。4日前から胸痛と呼吸困難とが出現して増強するため受診した。42歳時にアルコール性肝障害を指摘された。喫煙は30本/日を32年間。飲酒は日本酒4台/日を36年間。体温38.4℃。聴診で左胸部の呼吸音が減弱し、同部の打診で濁音を認める。血液所見: 赤血球 430万、Hb 12.4g/dl、Ht 42%、白血球 14,800、血小板 23万。免疫学所見: CRP 22.8mg/dl、ツベルクリン反応陰性。胸部エックス線写真で左下肺野に陰影を認める。胸部造影CT(別冊No.21)を別に示す。胸腔試験穿刺を行って悪臭のある黄色膿性の液を採取した。
  • 対応として適切なのはどれか。2つ選べ。
  • a 抗菌薬静脈内投与
  • b 気管支鏡下吸引
  • c 穿刺ドレナージ
  • d 左下葉切除
  • e 放射線治療



[正答]


※国試ナビ4※ 104I068]←[国試_104]→[104I070

101G028」

  [★]

  • 40歳の女性。軽度の全身倦怠感と易疲労感とを主訴に来院した。5年前から1日3合の冷酒を飲むようになった。身長152cm、体重44kg。右肋骨弓下に表面平滑の肝を3cm触知し、圧痛を認めない。血清生化学所見:総ビリルビン1.0mg/dl、AST80IU/l、ALT50IU/l、γ-GTP580IU/l(基準8~50)。肝生検組織H-E染色標本を以下に示す。
  • この疾患で正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 同一飲酒量では男性の方が罹患しやすい。
  • b. 飲酒を続けても肝硬変には進展しない。
  • c. γ-GTPは禁酒により速やかに改善する。
  • d. 肝に蓄積しているのは中性脂肪である。
  • e. 肝の組織学的変化は不可逆性である。


[正答]


※国試ナビ4※ 101G027]←[国試_101]→[101G029

107G046」

  [★]

  • 58歳の男性。2日前からの左膝関節痛と両足関節痛とを主訴に来院した。アルコール性肝障害を指摘され通院中である。意識は清明。体温37.0℃。脈拍92/分、整。血圧126/72mmHg。呼吸数20/分。左膝関節に熱感、腫脹および圧痛があったため膝関節穿刺を行った。穿刺で得られた関節液の写真(別冊No.6A)と顕微鏡写真(無染色)(別冊No.6B)とを別に示す。関節液の白血球数は2,125/μl、Gram染色で細菌を認めない。
  • 診断はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107G045]←[国試_107]→[107G047

102D014」

  [★]

  • アルコール性肝障害の特徴でないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102D013]←[国試_102]→[102D015

101C016」

  [★]

  • 皮膚掻痒を生じることが多いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101C015]←[国試_101]→[101C017

100E019」

  [★]

  • 肺肝境界の下降で最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100E018]←[国試_100]→[100E020

脂肪肝」

  [★]

fatty liversteatosishepatic steatosisliver steatosis
脂肪過多症脂肪症アルコール性肝障害

概念

病態生理

see BPT.654 uptodate.2

原因

YN.B-36改変 uptodate.1
  • 内分泌・代謝異常
  • 薬剤性

検査

  • 血液検査
  • AST・ALT:正常かやや上昇(ALT優位) (YN.B-36) ⇔ アルコール性脂肪肝ではAST優位
思うに、小葉辺縁(門脈域)にはALTが多いが、脂肪滴を蓄えた肝細胞はこの領域に多いのでは?だとすれば、lipid peroxidation productによる肝障害によりALTがleakしてALT優位となる説明がつくのだが。どうなの?

CT

  • 脂肪肝:単純CTで肝実質のCT値が脾臓よりも低くなる。正常な肝臓は脈管より高CT値を示すが、脂肪肝の場合はより低CT値を示すようになる

参考

  • 1. Non-alcoholic fatty liver disease - wiki en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Non-alcoholic_fatty_liver_disease

uptodate

  • 1. [charged] 成人における甲状腺機能亢進症の臨床症状の概要 - uptodate [4]
  • 2. [charged] 非アルコール性脂肪性肝疾患の病因 - uptodate [5]



100Cases」

  [★]


マロリー小体」

  [★]

Mallory body
アルコール硝子体alcoholic hyaline alcoholic hyalin bodyアルコール小体 alcoholic body
HE染色で赤く染まる
  • 毒物による肝細胞障害に伴うサイトケラチンを含む細胞骨格要素の細胞内蓄積による(APT.207)

臨床関連


参考

  • 写真
[display]http://kc.hospital.okayama-u.ac.jp/~pathology/1999/image1/okayama/b-32/0725/PIC00004.jpg
[display]http://kc.hospital.okayama-u.ac.jp/~pathology/1999/image1/okayama/b-32/0725/PIC00005.jpg
[display]http://www.kdcnet.ac.jp/hepatology/pathology/autoimmune/sl22.jpg
[display]http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/0b/Mallory_body_high_mag_cropped.jpg
[display]http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d3/Mallory_body_intermed_mag.jpg



IgA」

  [★]

immunoglobulin A
免疫グロブリンA γA gamma A
免疫グロブリン Ig


概念

  • 免疫グロブリンクラスの1つ。

基準値

  • 110-410 mg/dl (臨床検査法提要第32版)

臨床関連



重症アルコール性肝炎」

  [★]

アルコール性肝障害アルコール性肝炎
  • 090716IV

定義

  • アルコール性肝炎であり、多臓器の障害やエンドトキシン血症を伴うもので、多くは1ヶ月以内に死亡する

参考

  • 1. 文部科学研究費総合研究A 高田斑試案抜粋


アルコール」

  [★]

alcohol
エタノール



アルコールによる酩酊の分類

  • 酩酊
  • もうろう型、てんかん型
  • せんもう型

アルコールの急性症状 (血中アルコール濃度)

  • 0.5 mg/ml 以上で酒気帯び → 道路交通法(0.5 mg/ml以上で運転能力の低下、1.5 mg/ml以下では著しい低下。1.5-2.0 mg/mlがもっとも危険。これ以上では運転できない)
  • 血中アルコール濃度と酩酊の状態
  • 0.0-0.5 mg/ml::殆ど無症状か、わずかな熱覚、味覚や嗅覚の低下
  • 0.5-1.0 mg/ml:弱度酩酊:顔面紅潮、抑制からの解放、陽気、多幸感、不安や緊張の緩和、反応時間の延長など
  • 1.0-1.5 mg/ml:軽度酩酊:多弁、大胆、感覚の軽度麻痺、気分爽快、多弁など
  • 1.5-2.5 mg/ml:中程度酩酊:眠気に襲われる、言語不明瞭、平衡感覚が鈍麻し、千鳥足になる、理解・判断力鈍麻など
  • 2.5-3.5 mg/ml:強度酩酊:歩行困難、顔面蒼白、悪心、嘔吐、感覚麻痺、精神運動性興奮、言語不明瞭、諸反射の消失など
  • 3.5-4.5 mg/ml:重度酩酊、泥酔:意識消失、筋力消失、呼吸困難、体温低下、昏睡状態
  • 4.5- mg/ml:呼吸麻痺、心機能不全などで死亡する。

アルコールの慢性症状

アルコール中毒の患者において、脳神経でchromatosisが見られるが、ニューロンの脱落は末期まで見られない。小脳では虫部のニューロンが優先的に脱落する。大脳辺縁系の乳頭体に強い病変が見られる → ウェルニッケ・コルサコフ症候群と関連

アルコールによる非精神症状

  • 粘膜障害:腸壁障害により下痢

アルコールによる疾患

  • 身体疾患:アルコール性肝疾患(脂肪肝)、膵炎(急性膵炎、慢性膵炎)、大腿骨頭壊死症、末梢神経障害
  • 精神疾患:急性アルコール中毒、慢性アルコール中毒、アルコール依存症、アルコール精神病
(国試)100B077095B075

アルコールの摂取と疾患

アルコールの胎児への影響

SUB.260

アルコールの摂取量

アルコールの単位

  • アルコール摂取量の基準とされるお酒の1単位とは、純アルコールに換算して20g。


障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡