アルクロキサ

出典: meddic

alcloxa
アルミニウムクロロヒドロキシアラントイネート aluminum chlorohydroxy allantoinateクロロヒドロキシアラントイン酸アルミニウム
アルキサイサロパン
鎮痛,鎮痒,収歛,消炎剤

関連リンク

イサロパンとは?アルクロキサの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
化粧品の成分表示名称「アルクロキサ」の情報です。 ... 粧工連発行「化粧品の成分表示名称リスト」に収載されていることと化粧品への配合可否は無関係です。粧工連はリストへの収載と国内・国外規制との関係については関知 ...

関連画像

アルクロキサ 10本/箱 [1g中、アルクロキサ20mg 10本/箱 [1g中、アルクロキサ20mg 本/箱 [1g中、アルクロキサ60mgアルクロキサ アルキサ 軟膏 2 あすか製薬 動物用イサロパン

添付文書

薬効分類名

  • 褥瘡、皮膚潰瘍治療剤

販売名

  • イサロパン外用散6%

組成

成分・含量

  • 1g中 アルクロキサ 60mg

添加物

  • 炭酸マグネシウム,トウモロコシデンプン,パラオキシ安息香酸エチル

効能または効果

  • 褥瘡,手術創,熱傷・外傷における皮膚のびらん・潰瘍
  • 1日1〜3回患部に適量を散布する.

薬効薬理

創傷モデルに対する作用6)

  • ラット背部皮膚の創傷面に対し,本剤を1日2回投与した結果,投与群は無投与群に比べ,治癒日数の短縮が認められている.

褥瘡モデルに対する作用7)

  • ラットの第三転子部に発現させた褥瘡に対し,本剤を1日2回投与した結果,以下の成績が得られている.

血管新生促進作用

  • 投与群は無投与群に比べ,創面における血管新生が早いことが認められている.

創面の乾燥化促進作用

  • 投与群は無投与群に比べ,滲出液量が少なく創面の乾燥化が早い.これは本剤の基剤が滲出液を吸着して,乾燥化を促進し,好影響を与えたものと考えられる.

肉芽形成促進作用

  • 投与4日目において,投与群の1/3例では創面全面が肉芽で覆われていたのに対し,無投与群の大部分は創面の25%以下が肉芽で覆われていたにすぎない.

表皮再生促進作用

  • 投与群は無投与群に比べ,再生表皮長が,いずれの観察日においても大きい.

創面縮小作用

  • 血管新生,乾燥化,肉芽形成,表皮化の促進に伴い,投与群は無投与群に比べ,平均治癒日数が28%短縮される.

作用機序

  • 本剤の作用機序は,アルクロキサ中のアラントインの線維芽細胞増殖・結合織代謝・血管新生促進作用による肉芽形成促進と表皮再生促進による損傷組織修復促進及び基剤の滲出液吸着作用にあると考えられている.

有効成分に関する理化学的知見

分子量

  • 314.55

融 点

  • 236〜244℃(分解)

性 状

  • 白色の粉末で,においはなく,味は収れん性がある.水にやや溶けにくく,エタノールに極めて溶けにくく,エーテル又はクロロホルムにほとんど溶けない.水溶液(1→100)のpHは4.0〜5.0である.吸湿性である.


★リンクテーブル★
リンク元クロロヒドロキシアラントイン酸アルミニウム」「aluminum chlorohydroxy allantoinate」「アルミニウムクロロヒドロキシアラントイネート

クロロヒドロキシアラントイン酸アルミニウム」

  [★]

aluminum chlorohydroxy allantoinate
アルミニウムクロロヒドロキシアラントイネートアルクロキサ alcloxa
イサロパン、ソフレット


aluminum chlorohydroxy allantoinate」

  [★]

クロロヒドロキシアラントイン酸アルミニウムアルミニウムクロロヒドロキシアラントイネートアルクロキサ

アルミニウムクロロヒドロキシアラントイネート」

  [★]

aluminum chlorohydroxy allantoinate
クロロヒドロキシアラントイン酸アルミニウムアルクロキサ





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡