アルキル化

出典: meddic

alkylationalkylatealkylating

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/11 21:45:00」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 治療関連MDS (MDS(骨髄異形成症候群))
  • アルキル化剤の作用機序,適応,副作用 (特集 血液内科領域における抗腫瘍薬の作用機序・副作用に基づく使い分け)
  • 平岡 信弥,古川 雄祐
  • 血液内科 65(4), 546-554, 2012-10
  • NAID 40019489585
  • 希土類触媒を用いたピリジン類のC-H結合の活性化とアルキル化
  • 関 冰涛,侯 召民
  • 希土類 = Rare earths (60), 156-157, 2012-05-08
  • NAID 10030628031

関連リンク

アルキル化基が結合した状態でがん細胞が分裂・増殖しようを続けようとすると、DNAがちぎれてしまうため、がん細胞は死滅してしまいます。 アルキル化剤は体内で一定の濃度に達すると作用し、白血病や悪性リンパ腫などに特に効果 ...
その他のアルキル化 [編集] 以下ように反応機構的には置換反応または付加反応に該当しない方法でもアルキル化が可能である。広義にはこれらの方法も反応形式的には置換に相当する為、アルキル化に含める場合がある。

関連画像

 の アルキル 化 230000 ヶ 所 試薬 によるアルキル化 ミン による アルキル 化アルキル化剤による架橋反応の アルキル 化 と 同時 に 利用  α位のハロゲン化、アルキル化


★リンクテーブル★
先読みalkylate」「alkylating
リンク元エチレンオキサイド」「alkylation
拡張検索アルキル化剤」「アルキル化試薬」「抗腫瘍性アルキル化薬」「アルキル化エストロゲン様ステロイド

alkylate」

  [★]

  • アルキル化する
alkylatingalkylation


alkylating」

  [★]

  • アルキル化の
alkylatealkylation


エチレンオキサイド」

  [★]

ethylene oxide
酸化エチレン
エチレンオキサイドガスEOG
  • 酸化エチレンMSDS
CH2-CH2
 \ /
   O
R-OH + (CH2)2O → HO-CH2-CH2-O-R


alkylation」

  [★]

  • アルキル化
alkylatealkylating


アルキル化剤」

  [★]

alkylating agent, alkylating agents



商品


アルキル化試薬」

  [★]

alkylating agent
アルキル化剤アルキル化薬


抗腫瘍性アルキル化薬」

  [★]

alkylating antineoplastic agent


アルキル化エストロゲン様ステロイド」

  [★]

alkylated estrogenic steroid




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡