アルカロイド

出典: meddic

alkaloid
植物塩基 plant base

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/14 09:22:05」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/20 22:57:20」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/06 17:59:58」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/12/25 23:02:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/07/20 10:23:17」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/10/17 00:10:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Ephedra major subsp. procera(マオウ科)の分類に関する新知見 : DNAとエフェドリンアルカロイドにおけるE. equisetinaとの比較
  • 安藤 広和,松本 昌士,COSKUN Maksut [他]
  • 植物研究雑誌 90(4), 235-248, 2015-08
  • NAID 40020564552
  • インドールアルカロイドの骨格多様化合成 : 生合成に学ぶ分岐型合成戦略
  • 化学と生物 : 日本農芸化学会会誌 : 生命・食・環境 53(6), 345-347, 2015-06
  • NAID 40020489636
  • インドリジンアルカロイドSwainsonineのマウスおよびウシの培養腎尿細管上皮細胞における空胞変性発生機序に関する病理学的研究
  • 反町 有里奈,井口 怜奈,納谷 裕子,荻原 喜久美,島田 章則
  • 麻布大学雑誌 = Journal of Azabu University 26, 88-89, 2015-03-20
  • NAID 120005598416

関連リンク

植物毒の大半は、アルカロイドである。 アルカロイドは、窒素を含むアルカリ性の分子で、神経ホルモンそっくりであるため、神経線維の末端部に入り込んで神経の作用を狂わせて、毒性を発揮する。 体内細胞間の情報を伝達する ...
9点在庫あり。ご注文はお早めに。 通常配送無料 こちらからもご購入いただけます - 単行本 ¥ 1,992 中古品 (2 出品) (5) 抜粋 前付: ... そのため、アルカロイドが豊富なハーブは家庭での使 ... この本のページをランダムに表示する

関連画像

アルカロイド』 あるかろい CAT'S AC+250px-Papaver_somniferum_01.jpgアルカロイド 51000hit 絵 ロック 麦角アルカロイド通常 max max 限 突 キラ キラ max

添付文書

薬効分類名

  • 鎮けい剤

販売名

  • ロートエキス散「ニッコー」

組成

  • 本品100g中 ロートエキス 10g(10%)
  • (総アルカロイドとして0.085〜0.110%を含む。)
  • 及び添加物としてバレイショデンプン 含有。

禁忌

  • 緑内障のある患者[眼内圧を高め、症状を悪化させることがある。]
  • 前立腺肥大による排尿障害のある患者[更に尿を出にくくすることがある。]
  • 重篤な心疾患のある患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]
  • 麻痺性イレウスのある患者[消化管運動を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。]

効能または効果

  • 下記疾患における分泌・運動亢進並びに疼痛
  • 胃酸過多、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、痙攣性便秘
  • 通常、成人1日0.2〜0.9g(ロートエキスとして、20〜90mg)を2〜3回に分割経口投与する。
    なお、年齢、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 前立腺肥大のある患者[尿を出にくくすることがある。]
  • うっ血性心不全のある患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]
  • 不整脈のある患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]
  • 潰瘍性大腸炎のある患者[中毒性巨大結腸を起こすおそれがある。]
  • 甲状腺機能亢進症のある患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]
  • 高温環境にある患者[汗腺分泌を抑制し、体温調節を障害するおそれがある。]


★リンクテーブル★
リンク元コカイン」「alkaloid」「アコニチン」「リコリン」「植物塩基
拡張検索麦角アルカロイド」「アヘンアルカロイド・スコポラミン合剤」「コカアルカロイド系製剤」「ベラドンナ総アルカロイド
関連記事イド

コカイン」

  [★]

cocaine
cocainum
塩酸コカイン cocaine hydrochloride
薬物濫用麻薬
コカアルカロイド系製剤

概念

  • 俗名"crack","freebase" (BBS.74)
  • コカの葉に含まれるアルカロイド。精製するとコカインとなる。
  • 濫用薬物としての分類はstimutans(see. 薬物濫用)
  • 麻酔作用がある → エステル型の局所麻酔薬として使われる

構造

作用機序

薬理作用

  • 局所麻酔作用
  • 交感神経興奮作用
  • 中枢神経興奮作用

動態

  • 皮膚からの吸収:悪い
  • 粘膜からの吸収:良好

適応

注意

MAO阻害薬を服用している場合、神経終末部のニューロン内でノルアドレナリン濃度の上昇を期待→コカインはノルアドレナリンのuptake1を抑制→MAO阻害薬の作用が減弱

麻薬としてのコカイン

  • 種類:stimulants
  • 症状:幻覚、性欲亢進、不眠。精神依存強
  • 妊娠中の妊婦がコカインを使用すると、新生児にhyperactivityやgrowth retardationが見られる
  • 虫が体を這うような幻触(tactile hallucination)が見られる("cocaine bugs")
  • "crack", "freebase"は安価なコカインであり、喫煙により吸入する。精製したコカインは鼻孔から嗅いで吸引する。



alkaloid」

  [★]

アルカロイド植物塩基

specific agents (bella- donna; ergot; muscarinic, gangli- onic, and neuromuscular agents)

WordNet   license wordnet

「natural bases containing nitrogen found in plants」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「アルカロイド(植物に含まれる窒素を含む塩基性物質)」


アコニチン」

  [★]

aconitine
附子

参考

  • 1.
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%B3



リコリン」

  [★]

lycorine
ヒガンバナ、アルカロイド

植物塩基」

  [★]

alkaloid
アルカロイド

麦角アルカロイド」

  [★]

ergot alkaloid
麦角


薬剤

  • 子宮収縮剤:持続的強直性子宮収縮をもたらし子宮復古不全の子宮収縮薬としては第一選択(産婦人科研修の必須知識2004 p.312)
  • 子宮復古不全、


アヘンアルカロイド・スコポラミン合剤」

  [★]

opium alkaloid and scopolamine mixture
オピスコパンスコ弱オピスコ弱パンスコ


コカアルカロイド系製剤」

  [★]

商品


ベラドンナ総アルカロイド」

  [★]

belladonna total alkaloid


イド」

  [★]

id
エス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡