アラン

出典: meddic

Aran


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/09/05 22:27:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 前月の「インシュアランス」主要記事 平成28年9月号
  • 損保協会 支払件数23万件強、支払保険金約3573億円 : 熊本地震における損保業界の取組みと今後に向けた課題
  • 生保労連 生保産業の社会的使命の達成、総合的な労働条件の改善・向上等を掲げ推進 : 2016年度運動方針を決定(上)

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 手指消毒用速乾性アルコールローション

販売名

ヒビスコール液A0.5%

組成

  • ヒビスコール液A0.5% 100mL中
    クロルヘキシジングルコン酸塩 0.5g含有
    添加物としてアジピン酸ジイソブチル、アラントイン、ポリオキシエチレンヤシ油脂肪酸グリセリル、グリセリン、pH調整剤、エタノールを含有する。

禁忌

クロルヘキシジン製剤に対し過敏症の既往歴のある患者

膣、膀胱、口腔等の粘膜面

  • 〔クロルヘキシジン製剤の前期部位への使用により、ショック症状(初期症状:悪心・不快感・冷汗・眩暈・胸内苦悶・呼吸困難・発赤等)の発現が報告されている。〕

損傷皮膚および粘膜

  • 〔エタノールを含有するので、損傷皮膚および粘膜への使用により刺激作用を有する。〕

効能または効果

効能・効果

  • 手指の消毒
  • 本剤を薄めずにそのまま手指の消毒に用いる。

手指の消毒における使用濃度は、クロルヘキシジングルコン酸塩として0.1〜0.5%であり、本剤は0.5%であるので、そのまま用いる。


慎重投与

薬物過敏症の既往歴のある者

喘息等のアレルギー疾患の既往歴、家族暦のある者

重大な副作用

  • ショック(0.1%未満)があらわれることがあるので観察を十分に行い、悪心・不快感・冷汗・眩暈・胸内苦悶・呼吸困難・発赤等が現れた場合には、直ちに使用を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • 本剤は使用濃度において、栄養型細菌(グラム陽性菌、グラム陰性菌)、結核菌、真菌、ウイルス等には有効であるが、芽胞(炭素菌、破傷風菌等)および一部のウイルスに対する効果は期待できない。
  • ヒビスコール液A0.5%は、in vitroの試験において、グラム陽性菌、グラム陰性菌および真菌を15秒以内に殺菌した1)

有効成分に関する理化学的知見


★リンクテーブル★
拡張検索浸透圧クリアランス測定」「アラン・デュシェンヌ筋萎縮症」「尿酸クリアランス」「アラン・ハーンドン・ダッドリー症候群

浸透圧クリアランス測定」

  [★]

osmolar clearance measurement
フィッシュバーグ濃縮試験


アラン・デュシェンヌ筋萎縮症」

  [★]

Aran-Duchenne muscular atrophy
脊髄性筋萎縮症


尿酸クリアランス」

  [★]

uric acid clearance
尿中尿酸


アラン・ハーンドン・ダッドリー症候群」

  [★]

Allan-Herndon-Dudley syndrome




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡