アミン

出典: meddic

amine
生体アミン




概念

  • アンモニア(NH3)の水素原子(H)を1~3個アルキル基で置換した塩基性有機化合物

分類

置換基の数

  • 第一アミン RNH2
  • 第二アミン R2NH
  • 第三アミン R3N

生体内のアミン

あみん

  • [display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%BF%E3%82%93

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/09/13 05:48:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 続・エポキシ樹脂CAS番号物語 : 硬化剤CAS番号備忘録(第3回)脂肪族ポリアミン系硬化剤(2)
  • 光学活性アミンを合成する変異型酵素 : 自然界にない新しいアミン酸化酵素の開発
  • 浅野 泰久,安川 和志,中野 祥吾
  • 化学 = Chemistry 69(8), 45-49, 2014-08
  • NAID 40020137518
  • 2,5-ジメトキシ-4-エチルチオフェネチルアミン(2C-T-2)および2,5-ジメトキシ-4-イソプロピルチオフェネチルアミン(2C-T-4)のラット尿中代謝物の同定
  • 金森 達之,桑山 健次,辻川 健治 [他]
  • 日本法科学技術学会誌 = Japanese journal of forensic science and technology 19(2), 91-101, 2014-07
  • NAID 40020179230
  • アーミング酵母による統合型バイオプロセスの開発 (特集 バイオリファイナリーにおけるバイオテクノロジー(2))
  • 蓮沼 誠久,近藤 昭彦
  • Journal of the Japan Institute of Energy = 日本エネルギー学会誌 93(7), 580-585, 2014-07
  • NAID 40020167161

関連リンク

医療技術の発展を目指して最新のテクノロジーを提供するアミン株式会社の公式ホームページです。 ... 製品のご紹介 画質と速度を追い求め進化を続ける3D医用画像処理ワークステーションziostation2。日々の診断を強力にサポートします。
この項目では、化学物質のアミンについて説明しています。その他の用法については「アミン (曖昧さ回避)」をご覧 ... アミン (amine) とは、アンモニアの水素原子を炭化水素基で置換した化合物の総称である。 置換した数が1つであれば ...
aminのオフィシャルホームページです ... 2015/07/03 amin 巫慧敏「幸運の旅途」アジアコンサートツアー 夏夢 Shanghai [上海浅水湾文化芸術中心 1F Q Hall 宜昌路179号]

関連画像

オルニチン ⇒ ポリアミン アミンとは - goo Wikipedia 図.モノアミン神経伝達物質ポリアミン:効果効能|オリザ 2. ポリアミド系硬化剤 パーマ用助剤 > ケシテアミン ベンジルアミン, molecular structureチ アミン チ アミン

添付文書

薬効分類名

  • 神経・筋機能賦活剤

販売名

ナイロジン注

組成

  • ナイロジン注は、1管(10mL)中に下記の成分・分量を含有する。

成分名・分量(1管中)

  • チアミンジスルフィド 50mg
    ピリドキシン塩酸塩 100mg
    ヒドロキソコバラミン酢酸塩 1mg
    (ヒドロキソコバラミンとして)
  • 添加物としてD-マンニトール240mg、pH調整剤及び等張化剤を含有する。

禁忌

  • 本剤及びチアミンジスルフィドに対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 本剤に含まれるビタミン類の需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦など)
  • 下記疾患のうち、本剤に含まれるビタミン類の欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合

  ●神経痛
  ●筋肉痛・関節痛
  ●末梢神経炎・末梢神経麻痺

  • 効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない。
  • 通常成人1日1回10mLを緩徐に静脈内注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状

(いずれも頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、全身皮膚潮紅、そう痒感、血圧低下、胸内苦悶、呼吸困難、痙攣等があらわれた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • チアミンジスルフィド(Thiamine Disulfide)

化学名:

  • N ,N '-{Dithiobis[2-(2-hydroxyethyl)-1-methyl-2,1-ethenediyl]}bis{N -[(4-amino-2-methyl-5-pyrimidinyl)methyl]formamide}

化学構造式:

分子式:

  • C24H34N8O4S2

分子量:

  • 562.71

性状:

  • 本品は白色〜淡黄白色の粉末で、においはないか、又はわずかに特異なにおいがあり、味はわずかに苦い。

エタノール(95)に溶けにくく、水又はジエチルエーテルにほとんど溶けない。
本品は希塩酸又は希硝酸に溶ける。
本品の飽和水溶液はほぼ中性である。

一般名:

  • ピリドキシン塩酸塩(Pyridoxine Hydrochloride)

化学名:

  • 4,5-Bis(hydroxymethyl)-2-methylpyridin-3-ol monohydrochloride

化学構造式:

分子式:

  • C8H11NO3・HCl

分子量:

  • 205.64

性状:

  • 本品は白色〜微黄色の結晶性の粉末である。

水に溶けやすく、エタノール(99.5)に溶けにくく、無水酢酸、酢酸(100)にほとんど溶けない。
本品は光によって徐々に変化する。

融点:

  • 約206℃(分解)。

一般名:

  • ヒドロキソコバラミン酢酸塩(Hydroxocobalamin Acetate)

化学名:

  • Co α-[α-(5,6-Dimethyl-1H -benzimidazol-1-yl)]-Co β-hydroxocobamide monoacetate

化学構造式:

分子式:

  • C62H89CoN13O15P・C2H4O2

分子量:

  • 1406.41

性状:

  • 本品は暗赤色の結晶又は粉末で、においはない。

水に溶けやすく、エタノール(95)に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
本品は吸湿性である。 ■


★リンクテーブル★
先読み生体アミン
リンク元アミノエチルスルホン酸」「amine」「トリドセラン」「アミン取り込みポンプ
拡張検索システアミン」「ホスホエタノールアミン」「メチルアミン」「マックアミン輸液

生体アミン」

  [★]

biogenic amine
プトレッシン




アミノエチルスルホン酸」

  [★]

aminoethylsulfonic acid
2-アミノエタンスルホン酸 2-aminoethane sulfonic acid、タウリン taurine
[[]]


Template:Infobox 有機化合物

概念

  • タウリン(Taurine)は生体内で重要な働きを示す含硫アミンの一種
  • H2N-CH2-CH2-SO3H
  • 分子量125.15
  • ネコはタウリンを合成する酵素を持っていないため、ネコにとっての重要な栄養素といえる。このためキャットフードにはタウリンの含有量を明記したものが多い。ネコではタウリンの欠乏により拡張型心筋症が生じる。ただし、ヒト、トリネズミなどは体内で合成できる。ヒトの生体内ではアミノ酸のシステインから合成される。
  • 有機合成化学ではシスタミンの酸化、システアミンの酸化のほか、ブロモエタンスルホン酸とアンモニアなどから誘導される。構造式は、NH2CH2CH2SO2OH。分子量125.15。IUPAC名は2-アミノエタンスルホン酸。無色の結晶であり、約300℃で分解する。水溶性だが有機溶媒には溶けない。CAS登録番号は107-35-7。

タウリンの代謝

タウリンはカルボキシル基を持たないので、アミノ酸ではない。また、タンパク質の構成成分になることもない。したがって、ネコにおいてはタウリンは必須アミノ酸ではなく、ビタミンの一種である。しかし、アミノ基を持つであることもあって、古くからアミノ酸として混同されている。合成経路においてはまず、タンパク質の構成成分にもなる含硫アミノ酸であるシステインからシステイン・ジオキゲナーゼによりシステイン酸が合成される。タウリンはシステインスルフィン酸デカルボキシラーゼ(スルフィノアラニン・デカルボキシラーゼ)によりこのシステイン酸から合成される。ヒトはこの合成経路の両酵素をもつため、タンパク質を摂取していれば、タウリンの形での積極的摂取は不要である。胆汁酸と縮合したタウロコール酸はコリル・コエンザイムAとタウリンから合成される。タウリンは尿中に一日約200mgが排泄される。


amine」

  [★] アミン

WordNet   license wordnet

「a compound derived from ammonia by replacing hydrogen atoms by univalent hydrocarbon radicals」
aminoalkane

トリドセラン」

  [★]

アミンヒドロキソコバラミンピリドキシン

アミン取り込みポンプ」

  [★]

amine uptake pump
アミン


システアミン」

  [★]

cysteamine
メルカプタミンメルカプトエチルアミン


ホスホエタノールアミン」

  [★]

phosphoethanolamine
脂質二重層スフィンゴリン脂質



メチルアミン」

  [★]

methylamine
アミノメタンモノメチルアミン

マックアミン輸液」

  [★]

たん白アミノ酸製剤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡