アミノトランスフェラーゼ

出典: meddic

aminotransferase
アミノ基転移酵素トランスアミナーゼ transaminase



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/11/21 15:06:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 編集者への手紙 血清アミノトランスフェラーゼ(AST,ALT)と中性脂肪水解酵素との関連性について
  • 当院における外来化学療法の現況―悪性胸膜中皮腫に対するペメトレキセド+シスプラチン併用療法の外来化学療法における安全性の検討―
  • 福岡 和也,栗林 康造,藤盛 好啓,中野 孝司
  • 肺癌 51(2), 109-112, 2011
  • 目的.悪性胸膜中皮腫(MPM)に対するペメトレキセド+シスプラチン併用療法の外来化学療法における安全性を検討する.方法.対象は病理組織学的にMPMと診断された前化学療法歴のない症例.方法は,ビタミン併用下,3週間隔でday 1にペメトレキセド(500 mg/m2)およびシスプラチン(60〜75 mg/m2)を静脈内投与した.結果.本併用療法を受けた105例のうち,77例が外来化学療法にて治療を継続 …
  • NAID 130000653642

関連リンク

AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ :asparate : 2-oxoglutarate aminotransferase:EC 2.6.1.1)は、酵素(トランスフェラーゼ、トランスアミナーゼ)です。トランスアミナーゼは、ある一つのアミノ酸からアミノ基を奪い、そのアミノ ...
臨床検査所見でよくみられる異常パターン パターン アミノトランスフェラーゼ上昇 アルカリホスファターゼ上昇 プロトロンビン時間の延長 急性壊死または損傷 通常は重症 しばしば認められるが,軽度 肝機能不全が生じると延長

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みtransaminase
リンク元トランスアミナーゼ」「アミノ基転移酵素」「aminotransferase
拡張検索アラニンアミノトランスフェラーゼ」「アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ」「L-アラニン:2-オキソグルタル酸アミノトランスフェラーゼ」「チロシンアミノトランスフェラーゼ
関連記事トランス

transaminase」

  [★] トランスアミナーゼ

WordNet   license wordnet

「a class of transferases that catalyze transamination (that transfer an amino group from an amino acid to another compound)」
aminotransferase, aminopherase


トランスアミナーゼ」

  [★] アミノトランスフェラーゼ

transaminase


アミノ基転移酵素」

  [★]

aminotransferasetransaminase
アミノトランスフェラーゼトランスアミナーゼ

aminotransferase」

  [★] アミノトランスフェラーゼ


アラニンアミノトランスフェラーゼ」

  [★]

alanine aminotransferase, L-alanine aminotransferase, ALT
グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ glutamic-pyruvic transaminase, GPT
グルタミン酸アラニントランスアミナーゼ glutamic-alanine transaminaseL-アラニン:2-オキソグルタル酸アミノトランスフェラーゼ L-alanine:2-oxoglutarateaminotransferase
アスパラギン酸アミノ基転移酵素 ASTマクロALTアミノ転移
  • 臨床検査医学 090113

概念

  • 肝細胞からの逸脱酵素。肝以外での含有量は少ない。
  • 旧来のGPTおなじ
  • 肝細胞障害の指標 → 炎症が沈静化していれば(慢性肝炎や肝硬変の末期)、正常範囲を示しうる。

酵素

http://www.uniprot.org/uniprot/P24298
  • EC 2.6.1.2。
  • 分子量:54,637Da

機能

  • 可逆的アミノ基転移反応を触媒する
  • L-アラニン(L-alanine)+2-オキソグルタル酸(2-oxoglutarate)=ピルビン酸(pyruvate)+L-グルタミン酸(L-glutamate
  • 補酵素:ピリドキサールリン酸(VB6)補酵素
  • 組織の炎症や挫滅により血中に逸脱
  • 消化管から由来する大量のアラニンを肝臓でピルビン酸へと変換し,糖新生の基質として供給
  • 全身に存在するが、特に肝臓に多い

臨床検査

  • 基準値:4-43U/L。7-41 U/L(HIM A-3)
  • 1,000U/L以上
急性ウイルス肝炎

判別

  • 高度上昇 :急性肝炎、劇症肝炎、ショック
  • 中程度上昇:急性肝炎m慢性活動性肝炎、閉塞性黄疸
  • 軽度上昇 :脂肪肝、肝硬変、アルコール性肝障害、胆石発作、肝癌、心筋梗塞(うっ血肝により肝細胞障害を来し、軽度上昇)
  • ALTは慢性期な疾患でASTより優位となる。(アルコール性の肝疾患や肝硬変、肝癌は異なる)
  • 急性ウイルス性肝炎(極期)、慢性肝炎、過栄養性脂肪肝
  AST ALT
含有量 3 1
局在 心筋、肝臓、
骨格筋、腎臓
赤血球
肝臓、腎臓、
心臓、骨格筋
逸脱しやすさ 逸脱しにくい 逸脱しやすい
血中半減期 2日 6日
肝小葉内の分泌 中心静脈 辺縁



アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ」

  [★]

aspartate aminotransferase, AST
グルタミン酸オキサロ酢酸トランスアミナーゼ glutamic oxaloacetic transaminase GOT
ALT
SOLP → AST = GOT, ALT = GPT


分布

  • ほぼ全ての臓器組織細胞中に分布。特に心臓,肝臓,骨格筋に多い。 (⇔ALTは肝臓に特に多い)

基質

  • 基質特異性は広く,アミノ基受容体にα-ケトグルタル酸を用いると大抵のアミノ酸に作用して脱アミノする。
  • アラニンには作用しない

酵素

http://www.uniprot.org/uniprot/P17174
  • EC 2.6.1.1。
  • 分子量46,248Da

基準値

  • 12-38 U/L(HIM A-3)

意義

  • 急性の肝疾患で高値となる(半減期の短さを反映)。アルコール性の肝疾患や肝硬変でも高値となる。
  • アルコール性肝疾患
  • アルコール性脂肪肝
  • 肝硬変肝癌:慢性肝炎から肝硬変・管癌に進行するとALT優位(AST<ALT)からAST優位(AST>ALT)(特に肝細胞癌ではAST>>ALT)と変化し、値が低下する (LAB.1360)
  • 心筋梗塞、溶血、ショック
  AST ALT
含有量 3 1
局在 心筋、肝臓、
骨格筋、腎臓
赤血球
肝臓、腎臓、
心臓、骨格筋
逸脱しやすさ 逸脱しにくい 逸脱しやすい
血中半減期 2日 6日
肝小葉内の分泌 中心静脈 辺縁



L-アラニン:2-オキソグルタル酸アミノトランスフェラーゼ」

  [★] アラニンアミノトランスフェラーゼ

チロシンアミノトランスフェラーゼ」

  [★]

tyrosine aminotransferase
[[]]



トランス」

  [★]

transt-、(心理)trance = 催眠状態 = トランス状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡