アプレゾリン

出典: meddic

ヒドララジン

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/01/12 07:04:44」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ヒト口腔癌ヌードマウス移植系における温熱感受性ならびに温熱耐性に対する・薬剤の効果
  • 青木 秀哲
  • 歯科医学 59(2), g42-g43, 1996-06-25
  • … そこで, 本研究は KB細胞移植ヌードマウスを用い, 細胞膜の流動性に関与するセファランチン^[○!R](化研生薬, 東京), 正常血管のみに拡張作用を示す塩酸ヒドララジン(アプレゾリン^[○!R], 日本チバガイギー, 兵庫)およびニトログリセリン(ミリスロール_[○!R], 日本化薬, 東京)の温熱増感作用ならびに温熱耐性の阻止効果について検討した. …
  • NAID 110001723820
  • ヒト口腔癌ヌードマウス移植系における温熱感受性ならびに温熱耐性に対する薬剤の効果
  • 青木 秀哲
  • 歯科医学 58(5), 349-358, 1995-10-25
  • … 本研究は, ヒト口腔癌由来のKB細胞をヌードマウス大腿皮下に固形腫瘍として発育させたものを用い, セファランチン^[○!R], 塩酸ヒドララジン(アプレゾリン^[○!R])およびニトログリセリン(ミリスロール_[○!R])の温熱増感作用ならびに温熱耐性の阻止効果について検討したものである. …
  • NAID 110001723768
  • 8) アプレゾリン・セルペンチナ劑併用について(第2回日本循環器學會九州地方學會總會)
  • 山口 不可止,小村 一壽,三村 悟朗,平野 孝
  • 日本循環器學誌 22(1), 63, 1958-04-20
  • NAID 110002771601

関連リンク

アプレゾリンとは?ヒドララジンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 用法用量は医師・薬剤師の指示を必ずお守りください。 すべての副作用を掲載しているわけではありません。
アプレゾリン錠10mg/ アプレゾリン錠25mg/ アプレゾリン錠50mg/ 10%アプレゾリン散「チバ」 作成又は改訂年月 ** 2012年6月改訂 (第9版) * 2010年1月改訂 日本標準商品分類番号 872142 日本標準商品分類番号等

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 血圧降下剤

販売名

*アプレゾリン注射用20mg

組成

*成分・含量

  • 1管中ヒドララジン塩酸塩(日局)20mg

禁忌

  • 虚血性心疾患のある患者〔反射性交感神経亢進により、心臓の仕事量が増加し、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 大動脈弁狭窄、僧帽弁狭窄及び拡張不全(肥大型心筋症、収縮性心膜炎、心タンポナーデ等)による心不全のある患者〔本剤の反射性交感神経亢進作用及び血管拡張作用により、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 高度の頻脈及び高心拍出性心不全(甲状腺中毒症等)のある患者〔本剤の反射性交感神経亢進作用及び血管拡張作用により、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 肺高血圧症による右心不全のある患者〔本剤の反射性交感神経亢進作用及び血管拡張作用により、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 解離性大動脈瘤のある患者〔本剤の反射性交感神経亢進作用及び血管拡張作用により、症状を悪化させるおそれがある。〕
  • 頭蓋内出血急性期の患者〔本剤の血管拡張作用により、頭蓋内出血を悪化させるおそれがある。〕
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 高血圧性緊急症(子癇、高血圧性脳症等)
  • *ヒドララジン塩酸塩として、通常成人1回20mgを筋肉内又は徐々に静脈内注射する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

注射液の調製法

  • 本剤1管(20mg)を1mLの日局生理食塩液又は日局注射用水に溶解する。

慎重投与

  • 腎・肝機能障害のある患者〔本剤の代謝・排泄が遅延することにより、降圧作用及び副作用が増大するおそれがあるので、このような患者では投与量、投与間隔の調節を考慮する。〕
  • 虚血性心疾患の既往歴のある患者〔心仕事量の増大により、虚血性心疾患を誘発するおそれがある。〕
  • うっ血性心不全のある患者〔心仕事量の増大により、症状が悪化するおそれがある。〕
  • 脳血管障害のある患者〔過度の降圧により脳血流量が減少し、症状が悪化するおそれがある。〕

重大な副作用

  • 以下のような副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。(頻度不明)

SLE様症状(発熱、紅斑、関節痛、胸部痛等)

**劇症肝炎、肝炎、肝機能障害、黄疸

  • 劇症肝炎、肝炎、AST(GOT)、ALT(GPT)、ALP、γ-GTP、LDH、ビリルビン等の著しい上昇を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

うっ血性心不全、狭心症発作誘発

麻痺性イレウス

呼吸困難

急性腎不全

溶血性貧血、汎血球減少

多発性神経炎

血管炎

薬効薬理

  • 降圧作用機序については、まだ十分に解明されていないが、末しょう細動脈の血管平滑筋に直接作用し、血管を拡張することが主作用であると考えられている。7)ヒドララジンによる心拍数・心拍出量の増加は血管抵抗減少に伴う反射性の交感神経緊張によるものと考えられている。8)これらの心刺激作用はβ-アドレナリン受容体遮断剤又は節遮断剤により抑制される。9)また腎・脳血流量に関しては血管抵抗の減少とともに維持又は増加させる。10,11)

有効成分に関する理化学的知見

*一般名

  • ヒドララジン塩酸塩(Hydralazine Hydrochloride)

化学名

  • Phthalazin-1-ylhydrazine monohydrochloride

分子式

  • C8H8N4・HCl

分子量

  • 196.64

性状

  • 白色の結晶性の粉末で、においはなく、味は苦い。水にやや溶けやすく、エタノール(95)に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。
    融点:約275℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元血圧降下剤」「アラビアゴム」「ヒマシ油」「ヒドララジン」「Apresoline
関連記事リン

血圧降下剤」

  [★]

降圧薬

商品


アラビアゴム」

  [★]

gum arabic
ATP腸溶L-ケフラールアジャストAアスゾールアストフィリン配合アスパラ配合アズレミックアプレゾリンアラビアゴム末アリチア配合イミドールイリコロンM配合エビプロスタット配合オフタルムK配合ガスペラジンクラリスロマイシンクロルプロマジン塩酸塩ケフラールコバマミドコレキサミンコンスーンコントールコントミンサーカネッテン配合ジピリダモールジフェニドール塩酸塩ジベトスセレナミンチョコラAテナキシルトフラニールトリラホンナーセット配合ナトリックスニチファーゲン配合ネオダルムゾルネオバルギンHDネオバルギンSネオバルギンUHDバムスターG75バムスターS100バムスターS200ハロペリドールピーゼットシービーマス配合ファモチジンブシラントフスコデ配合フラジールプロヘパール配合プロモーションベゲタミン-A配合ベラパミル塩酸塩ペラプリンベンコール配合マゴチロンマロゲンメイアクトMSメコバラミンメテルギンリン酸ピリドキサールレナルチンレマルクレモナミン炭カル


ヒマシ油」

  [★]

castor oil
oleum ricini
カスター油
MS温シップアプレゾリンキンダロンクロルプロマジン塩酸塩ケトコナゾールゲファルナートコンスーンサイベーススチックゼノールAチンク油テストーゲンデスパコーワトフラニールハーネシップパスタロンパステルパッペンKバトラーFビーマス配合ヒマシ油フッ化ナトリウムポステリザンFポリトーゼマイアロンマゴチロンマルタミンミルサート温シップヤンヤン温パップラクール温シップ加香ヒマシ油加香ヒマシ油FM親水軟膏
下剤トウゴマ Ricinus communisリシノール酸


構造

作用機序

  • 膵液で加水分解されてグリセリンとリチノール酸に分解される。リチノール酸は腸粘膜に刺激を与え瀉下作用を呈する。

薬理作用

  • 瀉下作用
迅速に発現する

動態

適応

  • 便秘症

注意

  • 軽い腹痛を呈し、腹鳴を伴う。
  • 妊婦への使用は骨盤内充血を引き起こすことがある。
  • 腸吸収を妨げるので長期不要には不向き

禁忌

副作用

  • 腹痛

相互作用

ヒドララジン」

  [★]

hydralazine
塩酸ヒドララジン hydralazine hydrochloride
アプレゾリン, Apresoline
降圧薬

作用機序

  • 細動脈の血管平滑筋に作用し弛緩させて(血管抵抗↓)、血圧を下げる (SPC.249)
細動脈が拡張するので細動脈血圧が低下
  • 血圧↓→(反射で)心拍数↑、収縮力↑。(β受容体刺激)レニン放出↑ (SPC.249)

特徴

  • 腎血流量増加
  • (交感神経遮断薬でありがちな)起立性低血圧、射精不能がない (SPC.249)
  • 反射性に心拍量と心拍数が増すので心臓に負担がかかる→β遮断薬との併用で改善 (SPC.249)
普通は利尿薬β遮断薬と併用する

副作用

  • 血管拡張に起因する症状:起立性低血圧、頻脈、顔面紅潮、頭痛など
  • 消化気象上:また悪心・嘔吐、食欲不振、下痢など
  • 血液:(長期大量投与)好酸球増加
  • 全身性エリテマトーデス様症状()lupus-like syndrome lupus syndrome




Apresoline」

  [★] ヒドララジンアプレゾリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡