アビジン-ビオチン複合体染色

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

アビジンとビオチンには,複数の結合部位が存在するため,検出感度の増幅が可能です。アビジンとビオチンの親和性は非常に高いため,アビジン複合体とビオチン標識タンパク質の間に,安定な複合体が迅速に形成されます。
-2-3ステップ、アビジン-ビオチンシステム(SAB 法) ABC 法は、塩基性蛋白のアビジンと水溶性ビタミンであるビオチンとの強固で特異的な結合性 を利用した方法である。多数のビオチン化HRP分子とアビジンの結合した複合体が ...

関連画像

シンプルステインMAX-PO  を用いた免疫染色(IHC)の概略図シンプルステインマウスMAX-PO 実施例一覧


★リンクテーブル★
関連記事ビオチン」「複合体」「複合」「合体」「染色

ビオチン」

  [★]

biotin
ビタミンB7 vitamin B7補酵素R coenzyme RビタミンH vitamin H
ビタミン


機能

  • カルボキシラーゼの補酵素となり、CO2キャリアーとして機能
  • 体内で代謝されてビオチン酵素となり、炭素固定反応の補酵素となる。
1. pyruvate -(ピルビン酸カルボキシラーゼ)→ oxaloacetate
2. acetyl-CoA -(アセチルCoAカルボキシラーゼ)→ malonyl-CoA
3. proprionyl-CoA -(プロピオニルCoAカルボキシラーゼ)→ methylmalonyl-CoA :奇数炭素脂肪酸の偶数炭素脂肪酸への変換、2-オキソ酪酸の代謝

臨床関連

ビオチン欠乏

  • dermatitis, enteritis. Caused by antibiotic use, ingestion of raw eggs. (FIRST AID step1 p.114)
  • アビジンと強固に結合する。卵白の過剰摂取によりビオチンの吸収が妨げられ欠乏症を生じうる。


複合体」

  [★]

complexcomplexescomposite
合成物錯体多層複合性複合物複雑コンプレックス複合


複合」

  [★]

complex
合成物錯体複合体複合物複雑コンプレックス


合体」

  [★]

coalescencecoalesceunitecoalescent
癒合癒着

染色」

  [★]

staining
染色法




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡