アドレノメデュリン

出典: meddic

adrenomedullin
アドレノメジュリン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 脊椎動物におけるアドレノメデュリンファミリーの進化と機能
  • 脂肪細胞とホルモン (脂肪細胞)

関連リンク

アドレノメデュリンは、93年、寒川、北村らによってヒト褐色細胞腫から同定された52個のアミノ酸からなるペプチドです。副腎(adrenal gland)から見つかったということでアドレノメデュリン(adrenomedullin)と命名されていますが、主として ...
<用語解説> 注1)アドレノメデュリン アドレノメデュリン(adrenomedullin:AM) は、1993年、ヒトの副腎の腫瘍から分離された物質です。副腎髄質(adrenal medulla)に高濃度存在することよりアドレノメデュリン(AM: adrenomedullin)と命名 ...
多機能性ペプチド、アドレノメデュリンの研究 アドレノメデュリンは、 1993年宮崎医大の北村らによって褐色細胞腫から発見された血管拡張性ペプチドである。血管拡張作用のほかに、心筋陽性変力作用、細胞増殖修飾作用、抗 ...

関連画像

現医局長)QLife漢方が、『漢方薬』の効果 図1 アドレノメデュリンの 図2 アドレノメデュリン におけるアドレノメデュリン アドレノメデュリン


★リンクテーブル★
リンク元adrenomedullin
関連記事リン

adrenomedullin」

  [★]

アドレノメデュリン

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3








★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡