アドレナリン作動性伝達

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アドレナリン作動性神経伝達物質処理並びにカルシウムイオノフォア処理による : ツメガエル胚並びにニワトリ胚の内臓逆位の人為的誘発
  • 豊泉 龍児,福田 裕之,大場 順二,菊川 明広,小林 琢大,高橋 雄,塩尻 信義,松下 晋,竹内 重夫
  • 年報 '95, 21-47, 1996-03
  • アドレナリン作動性伝達物質受容体への刺激とそれに引き続いて生じる細胞内Ca^<2+>濃度の上昇を介した、ある神経性のメカニズムの支配下に脊椎動物胚の内蔵器官の左右性の決定機構が存在することが示唆された。 …
  • NAID 110004699147

関連リンク

伝達物質の種類によってアドレナリン作動性とコリン作動性に分けられる。交感神経節後線維はアドレナリン作動性、自律神経節及び副交感神経節後線維はコリン作動性である。しかし例外的に、汗腺を支配している交感神経は神経節 ...
ACh ACh コリン コリン Na+ Na+ Ca2+ Ca2++ ChE 細胞内反応 シナプス前受容体 酢酸 コリン アセチル CoA ACh コリン作動性神経伝達 アセチルコリン (Ach)!合成 コリンアセチルトランスフェラ-ゼが コリンとアセチルCoAの反応を触媒 小胞体 ...

関連画像

dentatubussituノルアドレナリン・セロトニン 2.末梢神経系についてセロトニン神経系 - 脳科学辞典


★リンクテーブル★
関連記事アドレナリン」「リン」「作動」「伝達

アドレナリン」

  [★]

adrenarine
(国試)エピネフリン epinephrineエピレナミン epirenamineスプラレニン suprarenin
酒石酸水素エピネフリン
Adrenalin, EpiPenボスミンエピペン
カテコールアミンノルアドレナリンアドレナリン受容体
SPC. 61,68,86,142
GOO. 244

作用機序

薬理作用

血管作用

アドレナリン投与下にα受容体阻害薬を投与すると末梢血管抵抗が低下し血圧が低下する現象。α受容体を介した末梢血管収縮が抑制され、β2受容体を介した末梢血管平滑筋が弛緩することによる。

動態

適応

効能又は効果

(エピネフリン注0.1%シリンジ「テルモ」添付文書)

  • 下記疾患に基づく気管支痙攣の緩解
  • 気管支喘息,百日咳
  • 各種疾患もしくは状態に伴う急性低血圧またはショック時の補助治療
  • 心停止の補助治療

用量

  • 心肺蘇生
  • ACLS:静注1mg  ←  プレフィルのシリンジは大抵1mg/1mlで調製されている。
  • PALS:静注・骨髄 0.01mg/kg 気管内投与 0.1mg/kg
  • アナフィラキシーショック:皮下注~筋注で0.3mg

注意

  • 本剤は心筋酸素需要を増加させるため、心原性ショックや出血性・外傷性ショック時の使用は避けること(エピネフリン注0.1%シリンジ「テルモ」添付文書)

禁忌

副作用

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






作動」

  [★]

オペレーティング機能行為作用手術操作措置オペ運用操縦施行


伝達」

  [★]

transmission, transfer
伝導






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡