アドレシン

出典: meddic

addressin
  • 血管内皮細胞にあってリンパ球定着に関与するタンパク質

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アレルギー性鼻炎の発症とNALTの血管アドレシン
  • 川島 博人
  • 臨床免疫・アレルギー科 57(6), 693-700, 2012-06
  • NAID 40019365697
  • リンパ球の動態制御と免疫監視
  • 田中 稔之,梅本 英司,宮坂 昌之
  • 日本臨床免疫学会会誌 = Japanese journal of clinical immunology 29(6), 359-371, 2006-12-31
  • … が重要な役割をもつ.リンパ球の生体内動態は,リンパ球と標的組織の血管内皮細胞との多段階接着反応によって制御されている.例えば,リンパ節やパイエル板に局在する高内皮細静脈は,固有の血管アドレシンとリンパ球に働くケモカインを構成的に発現し,ナイーブリンパ球を選択的に動員する.一方,末梢のエフェクター組織の血管内皮細胞は,刺激応答性に細胞接着分子やケモカインを発現し,組織特異的 …
  • NAID 10018714012
  • 間接アドレッシングにおけるメモリアクセスを考慮した計算順序の一決定方法(通信システム・非線形回路とシステム及び一般)
  • 金子 雄平,杉野 暢彦,西原 明法
  • 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題 104(295), 79-84, 2004-09-07
  • 間接アドレッシング型DSPに対して、メモリアクセス順序を変更することにより、アドレッシングの効率化を行う手法を提案した。メモリアクセス順序の変更は、計算途中で発生するメモリヘの読み込み、書き込みの順序を変更することで行った。提案した手法を既存のDSP用コンパイラに応用したところ、オーバーヘッドを抑制でき、本手法の有効性が確認できた。
  • NAID 110003291462

関連リンク

このように、特別の臓器の中を通る血管の壁の内側に出ている住所表示の役割をする分子をアドレシン(addressin)と言います。 ...
アレルギー性鼻炎の発症とNALTの血管アドレシン Roles of vascular addressins in the NALT in nasal allergy

関連画像

α4インテグリン拮抗薬として α4インテグリン拮抗薬として



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡