アデノシントリホスファターゼ

出典: meddic

adenosine triphosphatase
ATPアーゼ ATPaseATP分解酵素ATP加水分解酵素アデニルピロホスファターゼ adenylpyrophosphatase


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • ゴールデン・ハムスターの嗅上皮および鋤鼻器感覚上皮の酵素組織化学
  • Enzyme Histochemistry of the Olfactory and Vomeronasal Sensory Epithelia in the Golden Hamster.
  • モルモット肝臓ミトコンドリアアデノシントリホスファターゼに対するイフェンプロジルの作用

関連リンク

【発明の名称】 アデノシントリホスファターゼ(ATPアーゼ)活性を阻害する組成物の使用 【発明者】 【氏名】シジョ、 マシュー 【氏名】ヴィシュウェツュワライア プラカシュ 【課題】金属塩及び多価アルコールのATPアーゼ阻害 ...
栄養・生化学辞典 - ATPアーゼの用語解説 - ATPモノホスファターゼ,アデノシントリホスファターゼともいう.ATPを加水分解する酵素で,ATPを使って仕事や化学反応を行うATP利用系のATPアーゼから,ATP合成系のミトコンドリアのATPアーゼ ...

関連画像

今こそ、摂りたい野菜の力。体 302 Found


★リンクテーブル★
先読みATPase」「ATPアーゼ
リンク元ATP分解酵素」「ATP加水分解酵素」「adenylpyrophosphatase」「アデニルピロホスファターゼ
拡張検索アデノシントリホスファターゼ阻害薬
関連記事アデノシン」「トリ

ATPase」

  [★]

ATP hydrolase
アデノシン三リン酸


ATPアーゼ」

  [★]

[[]]
ATPase
[[]]


ATPase


ATP分解酵素」

  [★]

adenosine triphosphataseATPase
アデノシン三リン酸分解酵素ATPアーゼATP加水分解酵素アデノシントリホスファターゼ


ATP加水分解酵素」

  [★]

adenosine triphosphatase
アデノシン三リン酸分解酵素ATP分解酵素ATPアーゼアデノシントリホスファターゼ

adenylpyrophosphatase」

  [★] アデノシントリホスファターゼアデニルピロホスファターゼ

アデニルピロホスファターゼ」

  [★]

adenylpyrophosphatase
アデノシントリホスファターゼ

アデノシントリホスファターゼ阻害薬」

  [★]

adenosine triphosphatase inhibitor
ATPase阻害薬 ATPase inhibitor


アデノシン」

  [★]

adenosine
6-アミノ-9-β-D-リボフラノシル-9H-プリン, Ado
Adenocard
プリンヌクレオチド


神経伝達物質

代謝産物

  • 運動により筋肉より乳酸、二酸化炭素と共に放出され、筋血管の拡張を引き起こす


薬理

概念

  • 海外では上室性頻拍の薬物治療として用いられる。日本ではATPが用いられる。(用量:ATP 10mg⇔アデノシン6mg (改訂3版 救急蘇生法の指針 2005 医療従事者用))

構造

作用機序

  • アデノシンを結合するGタンパク質共役型受容体に結合→心房、洞房、房室結節でアセチルコリン感受性のK電流を増加→膜の過分極→活動電位持続時間を短縮。
  • Ca電流を減らす

薬理作用

心血管における作用
SP.590

適応

  • 上室性不整脈 (GOO.917)
  • first drug for most forms of stable narrow-complex SVT. Effective to reentry involving AV node or sinus node. AF, AFL, VTは適応外。(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)

用法

  • 上室性頻拍:
  • ACLS:アデノシン6mgを急速静注(1-3秒)、次いで生食を20ml入れる。その後、注射した肢を挙上。必要があれば2回目の投与は12mgを1-2分かけて静注。(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • PALS:1回目 0.1mg/kgを急速静注/骨髄内投与(max 6mg) 2回目 0.2mg/kgをを急速静注/骨髄内投与(max 12mg)

禁忌

  • 薬剤誘発性の頻拍、二度房室ブロック、三度房室ブロック(Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)

注意

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • テオフィリン・カフェインを摂取・投与されている場合、効果が低下する。
  • ジピリダモール、カルバマゼピン、心臓移植、あるいは中心静脈ルートが確保されている患者では投与量を3mgとする。

副作用

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • SVT後に洞徐脈、心室異所性調律(ventricular ectopy)が出現することが多い(common)。

妊婦

Advanced Cardiovascular Life Support Provider manual ISBN 978-1-61669-010-6 p.165)
  • 投与可能


トリ」

  [★]

birdavian
鳥類




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡