アダムス・ストークス症候群

出典: meddic

Adams-Stokes syndrome
アダムス・ストークス発作 Adams-Stokes attackストークス・アダムズ発作ストークス・アダムス症候群Adams-Stokes症候群
房室ブロック失神

定義

  • 不整脈によって生じた意識消失発作
  • 心拍の徐拍ないしは頻拍に起因する失神、めまいなど脳虚血症状

病態

  • 循環停止後、3-10秒後にアダムス・ストークス症候群が起こる。めまい~失神。数秒~数分で回復。神経症状などの後遺症はない。

症状

  • めまい、失神




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アダムス・ストークス症候群 (特集 ER型救急における理学的診断法--Physical assessmentと最少検査による迅速診断) -- (循環器系)
  • 徐脈性不整脈の病態生理,診断・治療 (ナーシングプロセス 徐脈性不整脈患者の看護)
  • 森山 明義,出川 敏行
  • クリニカルスタディ 23(5), 14-20, 2002-05
  • NAID 40004332453
  • アダムス-ストークス症候群 (焦点 できる心電図モニタリング) -- (不整脈と心電図)

関連リンク

アダムス・ストークス症候群。アダムス・ストークス症候群とはどんな病気か 急に発生 した極端な徐脈(じょみゃく)、心停止、頻脈(ひんみゃく)のために、心臓から脳への血液 の供給が大きく低下したり停止して、脳の酸素低下を来した場合をいい gooヘルスケア ...
Q1:アダムス・ストークス症候群とは、どのような病態ですか? A1:アダムス・ ストークス症候群では、心臓が鼓動するために必要な洞結節からの刺激の伝道経路に 障害が起きるのが原因で、心臓が正常に収縮しなくなります。そのため、心臓から脳へ の血流が ...

関連画像

洞不全症候群アダムス・ストークス症候群図23 種々の心電図の波形アダムス-ストークス症候群の


★リンクテーブル★
先読み失神」「房室ブロック
リンク元イソプロテレノール」「完全房室ブロック」「Adams-Stokes症候群」「Stokes-Adams attack」「Stokes-Adams attacks
関連記事症候群」「」「症候」「ダム

失神」

  [★]

syncope, faint


定義

  • 1. 発作的に起こる脳の血流低下による一過性意識消失
  • 2.
  • 一過性の意識消失の結果、姿勢が保持できなくなり、かつ自然に、また完全に意識の回復が見られること(失神の診断・治療ガイドライン)
  • 発症は比較的速やかであり、意識は多くの場合速やかに回復する。「意識障害」のうちで、特異な臨床像を持った1 つの症候である。(失神の診断・治療ガイドライン)
  • 3. 元来、一過性の全脳虚血による一時的な意識消失で、かつ数秒から数分で意識を回復する物を指していたが、現在ではあいまい、より広義となっている。例えば、てんかん発作、低血糖、過換気、一過性脳虚血発作を含んでいる。(IMD.241) ← ホント?誰かが誤用しつづけているだけなんちゃうか?

症状

  • 眼前暗黒感、めまい感、悪心などの前駆症状に引き続き、顔面が蒼白となり、ついに意識が消失

意識消失までの時間経過と症状

  • 脳への血流停止が5-10秒程度で失神、10秒前後で筋弛緩・尿失禁、15秒以上で痙攣を生じる、らしい(参考2)  ← 根拠となる文献を調査中

原因

救急での覚え方
  • SYNCOPE
QB.C345
  • 起立性低血圧
  • 局所的脳血流低下:subclavian steal症候群
  • 血管迷走神経反射
  • 循環血液量の一過性の低下:胸腔内圧の上昇(排尿、咳嗽)
  • 過換気症候群:過換気による動脈血炭酸ガス分圧の低下 → 脳血管収縮 → 脳血流が減少


研修医当直御法度 症例帳 p.36
    (%)
1 血管迷走神経性失神 39.5
2 体位性低血圧による失神 7.6
3 心血管性失神 4.1
4 目撃者なしの痙攣 8.8
5 低血糖 1.8
6 ヒステリー 0.6
7 原因不明 37.6

参考

  • 1. 失神の診断・治療ガイドライン(2007)
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2007_inoue_h.pdf
  • 2. 失神 国立療養所西札幌病院循環器科 別役徹生
http://www.aurora-net.or.jp/life/heart/saizensen/86/index.html



房室ブロック」

  [★]

atrioventricular block, AVB
A-Vブロック
完全房室ブロック

定義

  • 房室間の興奮伝導が遅れた、または遮断された状態 (SP.536)
  • 心房から心室への興奮の伝導が途絶、または遅延している状態

分類

  • Morbitz I型 :PQ間隔が漸次延長し、房室伝導途絶が起こる ← Wenchebach周期 ← 迷走神経興奮、薬剤、先天性心疾患、後天性心疾患
  • Morbitz II型:PQ間隔が一定のまま、房室伝導途絶が起こる ← 器質的心疾患の存在
  • 2:1房室ブロック

原因

  • 機能的障害:副交感神経過緊張、薬剤
  • 器質的障害:房室伝導系(房室接合部、ヒス束、左脚、右脚) ← 虚血性心疾患、変性疾患、心筋炎、特発性




イソプロテレノール」

  [★]

isoproterenol, ISP
硫酸イソプロテレノール isoproterenol sulfate, 硫酸イソプレナリン isoprenaline sulfate塩酸イソプレナリン isoprenaline hydrochloride、塩酸イソプロテレノール isoproterenol hydrochloride
イソプレナリン
イソメニールプロタノールストメリン(イソプロテレノール、デキサメタゾン、メチルアトロピン)
アドレナリン受容体受容体強心剤
  • アドレナリン受容体アゴニスト
  • β受容体作動薬

作用機序

  • アドレナリンより強力なβ1、β2受容体アゴニスト

薬理作用

プロタノールL注0.2mg/*プロタノールL注1mg
  • 1. 心収縮力増強(Positive inotropic)作用
  • イソプレナリン塩酸塩は、交感神経のβ受容体に作用し、心収縮力を増強して、心拍出量を増加する。
  • これに伴って、左心室駆出速度の増大及び左心室拡張末期圧の低下をもたらし静脈還流を改善し、心拍出量を更に増加するが、この場合の心筋酸素消費量の増加は比較的軽度である(イヌ、ヒト)3)~8)。
  • 2. 心拍数増加(Positive chronotropic)作用
  • イソプレナリン塩酸塩は、心臓の刺激伝導系に作用して心拍数を増加する。その作用部位は、上位中枢にあり、洞機能を亢進し、房室伝導を促進する作用が強いので心ブロック時に使用して洞調律に回復させる作用がある(イヌ、ヒト)3)5)~7)。
  • 3. 組織循環促進作用
  • イソプレナリン塩酸塩は、強力な心拍出量の増加とともに末梢血管の抵抗を減少して、各組織や重要臓器の血流量を増大するので、組織循環が促進される。これは異常に増加した乳酸値の低下や尿量増加がみられることからも確認される(イヌ、ヒト)9)~12)。
  • 4. 気管支拡張作用
  • イソプレナリン塩酸塩は、気管支平滑筋に作用し、気管支内腔を拡張する作用がある。また、そのdl体はアドレナリンの約10倍の強さをもっている(イヌ)13)。

動態

注意

禁忌

プロタノールL注0.2mg/*プロタノールL注1mg
  • 1. 特発性肥大性大動脈弁下狭窄症の患者〔心収縮力を増強するため、左室からの血液流出路の閉塞が増強され、症状を増強させるおそれがある。〕
  • 2. ジギタリス中毒の患者〔重篤な不整脈が起こる可能性がある。〕
  • 3. カテコールアミン製剤(アドレナリン等)等との併用は避けること。(「相互作用」の項参照)

副作用

効能又は効果

プロタノールL注0.2mg/*プロタノールL注1mg

添付文書

  • プロタノールL注0.2mg/*プロタノールL注1mg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2119400A1036_1_03/2119400A1036_1_03?view=body




完全房室ブロック」

  [★]

complete atrioventricular block, CAVB
III度房室ブロック third degree A-V block 3° AVB完全AV block
房室ブロックアダムス・ストークス症候群




Adams-Stokes症候群」

  [★] アダムス・ストークス症候群


Stokes-Adams attack」

  [★] アダムス・ストークス症候群


Stokes-Adams attacks」

  [★] アダムス・ストークス症候群


症候群」

  [★]

syndrome, symptom-complex
症状群
[[]]
  • 成因や病理学的所見からではなく、複数の症候の組み合わせによって診断される診断名あるいは疾患


内分泌

先天的代謝異常

高プロラクチン血症

分娩後の視床下部障害によるプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制のため、高プロラクチン血症を呈する。
分娩に関係なくプロラクチン分泌抑制因子の分泌抑制をきたし、高プロラクチン血症を呈する。

性腺機能低下

嗅覚の低下・脱出、低ゴナドトロピン性性腺機能低下症
肥満、網膜色素変性症、知能低下、低ゴナドトロピン性性器発育不全、多指症、低身長

性早熟

思春期早発症、多発性線維性骨異形成症、皮膚色素沈着
女性型の肥満、性器の発育障害の2主徴を示し、視床下部に器質的障害をもつ疾患群。

脳神経外科・神経内科

  • Wallenberg症候群 ワレンベルグ症候群:椎骨動脈、後下小脳動脈の血栓塞栓症などで生じる。頚部より下位で温度覚の障害が健側に出現するのに対し、頚部より上位では障害側に温度覚の障害が出現する。



群」

  [★]

group
グループ集団分類群れグループ化


症候」

  [★]

symptom and sign
症状, 徴候 兆候


ダム」

  [★]

Dam, dam
せき止める雌親





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡