アタルヴァ・ヴェーダ

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/19 19:37:43」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 古代インドの入門式における握手儀礼と灌手儀礼
  • アタルヴァヴェーダ・パイッパラーダサンヒター写本のコラプションに関する覚え書き
  • 埼玉工業大学人間社会学部紀要 = Bulletin of the Faculty of Human and Social Studies, Saitama Institute of Technology (12), 1-5, 2013
  • NAID 40020143995

関連リンク

アタルヴァ・ヴェーダは古代インドの呪法集である。本書の医術に関する部分が独立して「アーユル・ヴェーダ」が成立した。 原典から勉強するのもよいだろう。
「アタルヴァ・ヴェーダ」は、主に吉祥増益と呪詛調伏の呪文が集められたもので、文献としては紀元前1000年頃に成立したといわれています。 祭式全般を司るブラフマン祭官に護持され、また多くの呪文が書かれていることが強調 ...

関連画像

アタルヴァ・ヴェーダ讃歌 アタルヴァ・ヴェーダ(MP3-CD 2 アタルヴァ・ヴェーダ聖典アタルヴァ・ヴェーダ 逝く年



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡