アセト-オルセイン染色

出典: meddic

アセト・オルセイン染色

和文文献

  • 台湾及びフィリピン産Lobelia nummularia(キキョウ科)の染色体について
  • 國府方 吾郎,PENG Ching-I.,MADULID Domingo A.
  • 筑波実験植物園研究報告 25, 7-10, 2006-12
  • … 台湾産及びフィリピン産Lobelia nummularia計8個体において、アセトオルセイン染色法により体細胞中期の染色体を観察した。 …
  • NAID 110007172272

関連リンク

どちらも顕微鏡で細胞の核や染色体を観察するとき、染色液として用いる。 酢酸オルセイン液は紫色の液体で、酢酸カーミン液は赤色の液体。 酢酸は組織の固定のために、色素であるオルセイン、カーミンは組織の染色のために働く。
あの染色した細胞と染色していない細胞の長所と短所を教えて下さい。 それから植物細胞と動物細胞の共通点、相違点も知りたいです。宜しくお願いします。 中等部二年 蒼澤
カルミン酸は http://homepage3.nifty.com/KOMBU/nutrient/nutrie … オルセインは(中学生には無理か?) http://www.chm.bris.ac.uk/webprojects2001/anders … どちらも色素です。 http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp ...


★リンクテーブル★
先読みアセト・オルセイン染色
関連記事オルセイン染色」「染色

アセト・オルセイン染色」

  [★]

aceto-orcein stain


オルセイン染色」

  [★]

orcein stain
ビクトリアブルー染色


染色」

  [★]

staining
染色法





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡