アスパラギン酸プロテイナーゼ

出典: meddic

aspartic proteinase
酸性プロテアーゼアスパラギン酸エンドペプチダーゼアスパルチルプロテアーゼアスパルチルプロテイナーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • (4)キャベツ萎黄病菌Fusarium oxysporum f.sp.conglutinans病原性欠損変異株REMI10のキャベツ根における挙動と生物防除効果
  • 宮田 雄一郎,吉田 隆延,川部 眞登,寺岡 徹,有江 力
  • 日本植物病理學會報 69(1), 37-38, 2003-02-25
  • キャベツ萎黄病菌Fusarium oxysporum f.sp.conglutinans Cong:1-1を親株とする病原性欠損変異株REMI10はREMI法による形質転換で得られ,アスパラギン酸プロテイナーゼ遺伝子fap1内部に形質転換用ベククーpCSN43が挿入されている(吉田,2002).このREMI10はキャベツ(品種,四季穫)に接種しても全く病原性を示さないが,病原菌接種前に予めキャベツ …
  • NAID 110002716668
  • (13)Fusarium oxysporumにおけるアスパラギン酸プロテイナーゼ遺伝子のクローニングと解析
  • 吉田 隆延,川部 眞登,宮田 雄一郎,門田 育生,有江 力
  • 日本植物病理學會報 69(1), 30, 2003-02-25
  • Restriction enzyme-mediated integration (REMI)法により,キャベツ萎黄病菌Fusarium oxysporum f.sp.conglutinansの病原性変異株REMI10が得られた.このREMI10について解析した結果,形質転換ベクターが,他の植物病原糸状菌のアスパラギン酸プロテイナーゼと相同性の高い遺伝子faplのHindIII部位に1コピー挿入され …
  • NAID 110002716646

関連リンク

栄養・生化学辞典 - アスパラギン酸プロテアーゼの用語解説 - 酸性プロテアーゼ,酸性プロテイナーゼ,カルボキシルプロテアーゼともいう.活性中心にアスパラギン酸をもつプロテアーゼで,ペプシン,キモシン,カテプシンDなど
プロテアーゼ (protease) は、ペプチド結合 (-CO-NH-) の加水分解を触媒する酵素の総称で、プロテイナーゼ (proteinase) とペプチダーゼ (peptidase) とに分けられます。 プロテイナーゼは、蛋白質分子のペプチド結合を ...

関連画像

安定なペプチド及びポリ


★リンクテーブル★
リンク元アスパラギン酸エンドペプチダーゼ」「酸性プロテアーゼ」「アスパルチルプロテイナーゼ」「アスパルチルプロテアーゼ」「aspartic proteinase
関連記事アスパラギン酸」「アスパラギン」「アスパラ」「」「プロテイナーゼ

アスパラギン酸エンドペプチダーゼ」

  [★]

aspartic endopeptidase
酸性プロテアーゼ酸性エンドペプチダーゼアスパラギン酸プロテイナーゼアスパルチルプロテアーゼアスパルチルプロテイナーゼ
ペプチダーゼ


酸性プロテアーゼ」

  [★]

acid protease
アスパラギン酸エンドペプチダーゼアスパラギン酸プロテイナーゼアスパルチルプロテアーゼアスパルチルプロテイナーゼ

アスパルチルプロテイナーゼ」

  [★]

aspartyl proteinase
酸性プロテアーゼアスパラギン酸エンドペプチダーゼアスパラギン酸プロテイナーゼアスパルチルプロテアーゼ


アスパルチルプロテアーゼ」

  [★]

aspartyl protease
酸性プロテアーゼアスパラギン酸エンドペプチダーゼアスパラギン酸プロテイナーゼアスパルチルプロテイナーゼ

aspartic proteinase」

  [★]

  • アスパラギン酸プロテイナーゼ
acid proteaseaspartic endopeptidaseaspartyl proteaseaspartyl proteinase


アスパラギン酸」

  [★]

aspartate, aspartic acid, Asp, D
2-アミノコハク酸 2-aminosuccinic acid
アスパラギン酸カリウム potassium aspartateアスパラギン酸マグネシウム
アミノ酸L-アスパラギン酸


  • 極性。酸性。
  • カルボキシル基(carboxyl group)を有する。
  • アラニンの側鎖にカルボキシル基が付いた形をしている。
  • 側鎖:
-CH2-COOH



アスパラギン」

  [★]

asparagine, Asn, N
アミノ酸


  • 極性。無電荷。
  • アスパラギン酸のカルボキシル基(-COOH)とアンモニア(NH3)が反応してアミド基(-CONH2)を有した形。
  • アラニンの側鎖にアミド基が付いた形
  • 側鎖
-CH2-CO-NH2


アスパラ」

  [★] アスパラギン酸カリウムアスパラギン酸カルシウムアスパラギン酸マグネシウム


酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

プロテイナーゼ」

  [★]

proteinase
タンパク質分解酵素タンパク分解酵素




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡