アストグラフ法

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • アレルギー検査法(6)1 検査の実際 in vivo(2)呼吸器検査(3)気道過敏性検査
  • 関谷 潔史,谷口 正実,秋山 一男
  • アレルギ-・免疫 16(11), 1804-1811, 2009-11
  • NAID 40016806709

関連リンク

アストグラフ法とは、気管支喘息の診断において気道の過敏性を調べる検査のひとつで 、アストグラフという気道過敏性測定装置を使用して気道の抵抗を調べるものです。 吸入薬はメサコリン(気道平滑筋収縮剤)が用いられ、低濃度から連続的に吸入させて 濃度 ...
気道過敏性試験(アストグラフ)とは? 気道過敏性は、喘息の患者さまに共通して見 られる特徴的な病態生理です。 気道過敏性試験はこの、気道の過敏性を、薬物を吸入 することで定量的に評価しようとするものです。 低濃度の気道平滑筋収縮剤(塩化 ...

関連画像

カウンタック LP500S ウォルター アストグラフ気管支喘息の診断と長期管理に 腺癌Ⅲ 過敏性検査(アストグラフインプラント


★リンクテーブル★
関連記事

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡