アシル基転移

出典: meddic


和文文献

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索レシチン・コレステロールアシル基転移酵素」「コレステロールアシル基転移酵素」「ステロールO-アシル基転移酵素」「アセチルCoAアシル基転移酵素」「レチノール-O-脂肪酸アシル基転移酵素
関連記事転移

レシチン・コレステロールアシル基転移酵素」

  [★]

lecithin cholesterol acyltransferase
レシチンアシルトランスフェラーゼレシチン・コレステロールアシルトランスフェラーゼ


コレステロールアシル基転移酵素」

  [★]

cholesterol acyltransferase
コレステロールアシルトランスフェラーゼコレステロールアシル転移酵素


ステロールO-アシル基転移酵素」

  [★]

sterol O-acyltransferase
ステロールO-アシルトランスフェラーゼステロールO-アシル転移酵素


アセチルCoAアシル基転移酵素」

  [★]

acetyl-CoA acyltransferase
アセチルCoAアシルトランスフェラーゼアセチルCoAアシル転移酵素


レチノール-O-脂肪酸アシル基転移酵素」

  [★]

retinol O-fatty-acyltransferase
レチノール-O-脂肪酸アシルトランスフェラーゼ


転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡