アグマチン

出典: meddic

agmatine

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/04/20 23:28:54」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • かび毒産生調節機構の解明 : デオキシニバレノールの低減化に向けて
  • 岩橋 由美子,鈴木 忠宏
  • ニューフードインダストリー 57(2), 37-42, 2015-02
  • NAID 40020340256
  • きのこにおける2-フェニルエチルアミン(β-フェネチルアミン)の検出と分布 : きのこのポリアミン分析IV
  • 浜名 康栄,林 秀謙,新津 勝 [他],江口 文陽
  • 日本きのこ学会誌 : mushroom science and biotechnology 19(3), 125-131, 2011-10-31
  • … 規に分析した33種を含む72種(子嚢菌門の3種,担子菌門69種)であった.芳香族アミンである2-フェニルエチルアミン(β-フェネチルアミン)がニクウチワタケ,カバイロツルタケ,オオヒメノカサ,フクロタケの4種に検出された.きのこにおける2-フェニルエチルアミンの存在に関する最初の報告である.Boletus属とAuricularia属でのホモスペルミジンとカナバルミンの分布と広範囲の属でのアグマチンやカダベリンの存在を追加確認した. …
  • NAID 110009479697
  • きのこの主ポリアミン成分としてのスペルミンとアグマチンの分布 : きのこのポリアミン分析III
  • 浜名 康栄,林 秀謙,新津 勝 [他],江口 文陽
  • 日本きのこ学会誌 : mushroom science and biotechnology 18(1), 17-22, 2010-04-30
  • … テトラアミン類のスペルミンとグアニジノアミン類のアグマチンの分布に注目し,きのこの子実体105試料より酸抽出したポリアミン画分を高性能液体クロマトグラフィーおよびガスクロマトグラフィーにて分析した.きのこ種としては,新規23種を含む90種(子嚢菌門の3種,担子菌門87種)であった.食用きのこ20種(13属)においては,各々同種の野生自生品種と市販栽培品種のポリアミン構成はほぼ一致した.プトレスシンやスペル …
  • NAID 110007704834

関連リンク

アグマチンのページです。マッスルエリートは海外・カリフォルニア直送の輸入サプリメント通販ショップです。 ... 配送について ご入金・決済確認後、サンフランシスコより発送手続きを行います。配送は日本通運が責任を持ってお ...
アグマチン(agmatine)は、アルギニンの脱炭酸化生成物であり、ポリアミン 生合成の中間体である。神経伝達物質であると推測されている。脳で生産され、シナプス小胞に貯蔵される。摂取によって蓄積され、膜の脱分極によって放出 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事マチン

マチン」

  [★]

Strychnos nux-vomica
マチン科ストリキニーネノキホミカ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡