アクリルアミド

出典: meddic

acrylamide


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/09/06 16:18:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 米国食品医薬品局(FDA)によるアクリルアミド関連情報
  • 第78回東京女子医科大学学会総会 シンポジウム「東京女子医科大学の臨床研究への取り組み-東京女子医科大学病院臨床研究支援センター設立にあたって-」 (3)先端医療研究の実現に向けて-再生医療創出拠点に向けた取り組み
  • 岡野 光夫,OKANO Teruo
  • 東京女子医科大学雑誌 83(3), 181-186, 2013-06-25
  • … 細胞培養皿の表面に温度応答性高分子であるポリN-イソプロピルアクリルアミド(PIPAAm)をナノレベルの薄さで表面に固定、温度応答機能を持つインテリジェント表面を開発した。 …
  • NAID 110009605133
  • 両性ポリアクリルアミドの構造制御と紙力性能
  • 茨木 英夫
  • 紙パ技協誌 = Japan TAPPI journal 67(5), 538-543, 2013-05
  • NAID 40019680965

関連リンク

厚生労働省によるページ。アクリルアミドの発ガン性や食品中の含有量などを解説。
フライドポテト 5~7月に購入した試料では、平成25年度は平成18年度と比べて、アクリルアミド濃度の中央値が半分程度に、平均値が7割程度に減少していました。 9~11月に購入した試料では、平成25年度は平成18年度と比べて ...

関連画像

アクリルアミド>スナック アクリルアミドは、食品を120 発がん性物質アクリルアミドが アクリルアミド溶液アクリルアミドアクリルアミド, molecular structure

添付文書

薬効分類名

  • 貼付用局所麻酔剤

販売名

リドカインテープ18mg「NP」

組成

有効成分(1枚中)

  • 日本薬局方 リドカイン 18mg

添加物

  • アクリル酸2-エチルヘキシル・アクリル酸ブチル・ジアセトンアクリルアミド共重合体溶液

禁忌

(次の患者には使用しないこと)

  • 本剤の成分又はアミド型局所麻酔薬に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 静脈留置針穿刺時の疼痛緩和
  • 本剤を1回1枚、静脈留置針穿刺予定部位に約30分間貼付する。
    本剤除去後直ちに注射針を穿刺する。

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明)

  • ショック、アナフィラキシー様症状を起こすことがあるので、観察を十分に行い、不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗、全身潮紅、呼吸困難、血管浮腫(顔面浮腫、喉頭浮腫等)、血圧低下、顔面蒼白、脈拍の異常、意識障害等の異常が認められた場合には使用を中止し、適切な処置を行うこと。
    なお、本剤除去後にも、同様症状を起こすことがあるので、注意すること。

薬効薬理

  • 神経細胞膜のNaチャネルを抑制することによって神経の活動電位発生を抑制するという局所麻酔薬共通の作用により、知覚神経の求心性伝導を抑制する。表面麻酔から注射麻酔まで広く用いられる。局所麻酔薬の中で唯一抗不整脈薬としても用いられる。心臓のNaチャネルを抑制する第I群の抗不整脈薬である。2)

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • リドカイン(Lidocaine)

化学名

  • 2-Diethylamino-N-(2,6-dimethylphenyl)acetamide

分子式

  • C14H22N2O

分子量

  • 234.34

融点

  • 66〜69℃

性状

  • ・白色〜微黄色の結晶又は結晶性の粉末である。
    ・メタノール又はエタノール(95)に極めて溶けやすく、酢酸(100)又はジエチルエーテルに溶けやすく、水にほとんど溶けない。
    ・希塩酸に溶ける。


★リンクテーブル★
リンク元acrylamide
拡張検索ポリアクリルアミドディスクゲル電気泳動」「SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動法」「ポリアクリルアミドゲル電気泳動法

acrylamide」

  [★]

アクリルアミド

WordNet   license wordnet

「a white crystalline amide of propenoic acid can damage the nervous system and is carcinogenic in laboratory animals; "they claimed that acrylamide is produced when certain carbohydrates are baked or fried at high temperatures"」

ポリアクリルアミドディスクゲル電気泳動」

  [★]

polyacrylamide disc gel electrophoresis
PAGE


SDS-ポリアクリルアミドゲル電気泳動法」

  [★]

SDS-polyacrylamide gel electrophoresis SDS-PAGE


ポリアクリルアミドゲル電気泳動法」

  [★]

polyacrylamide gel electrophoresis, PAGE





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡