アクチニン

出典: meddic

actinin
αアクチニンβアクチニン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • マダイ筋肉中の内在性プロテアーゼによる筋肉構成タンパク質の分解
  • 2P169 アクチニンで架橋された二次元アクチンネットワークのミオシン依存的な形態変化(12. 細胞生物的課題,ポスター,第52回日本生物物理学会年会(2014年度))
  • αアクチニン3タンパク質発現量がヒト骨格筋パフォーマンスに及ぼす影響

関連リンク

図1.αアクチニンの構造 カルポニン様ドメイン、スペクトリン様繰り返し配列(SpR)、EFハンド(骨格筋タイプではCa結合能を失っている)を持つカルモジュリン様ドメイン(CaM)からなる。二つの分子がN末端とC末端をアンチパラレル ...
キーワード 骨格筋、筋力、速筋、Z膜 歴史とあらまし αアクチニンは、1965年に初めてEbashiとEbashiによって横紋筋から同定された(Ref. 1)。現在までにαアクチニンのファミリーは1~4まで存在することが明らかになっている。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元actinin
拡張検索β-アクチニン

actinin」

  [★]

アクチニン

alpha-actininbeta-actinin


β-アクチニン」

  [★]

beta-actinin
βアクチニン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡