らい反応

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例 滞日東ティモール人にみられた多菌型ハンセン病の1例
  • 日本人高齢者に発症した BL 型ハンセン病の 1 例
  • らい性結節性紅斑(ENL)に対するサリドマイド診療ガイドライン
  • 日本ハンセン病学会雑誌 = Japanese journal of leprosy 80(3), 275-285, 2011-09-01
  • NAID 10029510268

関連リンク

らい菌のゲノムDNAは3, 268, 203 bpである。蛋白質をコードする遺伝子は1,604である一方、1,116の偽遺伝子が存在し、このことが、らい菌がin vitroにおいて培養不能であることの原因ではないかと推測されている。菌体最外層にはフェノール ...
277 かってきた4)。その後、1998年にハンセン病の2 型らい反応に対する治療薬として、米国で承認さ れた(表1)。その後オーストラリアやニュージー ランドなどでも、その承認が追随されてきている。Jpn J Lepr 80, 275-285(2011)

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事反応

反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡