ふるえ熱産生

出典: meddic

shivering thermogenesis ST

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 肥満ラットのエネルギーバランスにおける寒冷曝露の影響(兵庫医科大学医学会平成18年度学術講演会要旨)
  • 堀 和子
  • 兵庫医科大学医学会雑誌 32(1), 5-12, 2007-12-00
  • … ラットを長期間,寒冷環境におくと体温維持のため代謝量の増加,非ふるえ熱産生量の増加,力ロリー摂取量の増加,体重増加の抑制がみられる.副腎重量は増加し,褐色脂肪組織(BAT)の増量と,脂肪含量の減少,脂肪滴の細粒化,ミトコンドリア数,血流の増加,UCP1,GLUT4の発現増加がみられる.寒冷順化後25℃に2週間戻すと,体重,摂餌量,副腎重量,25℃での代謝量等は対照群と同様のレベルになるがBATや低温に対する熱産生機構は寒冷順 …
  • NAID 110006992561
  • 体温調節適応性熱産生・非ふるえ熱産生の調節機構 (特集:寒圏医学・寒圏看護学の現状と課題)
  • 黒島 晨汎
  • 旭川医科大学研究フォーラム 2(2), 3-13, 2001-12-00
  • … 出版社版体温調節適応性熱産生である非ふるえ熱産生の調節機構について,その主な発現部位である褐色脂肪組織を中心に,カテコラミン,グルカゴンなどの神経内分泌性調節因子,更に脱共役タンパク質,多不飽和脂肪酸・ドコサヘキサンエン酸,一酸化窒素などの調節要素に関する知見について解説した.また過食,非温熱性ストレス・拘束負荷の寒冷に対する交叉適応発現機序について述べた …
  • NAID 120001025237
  • 痙攣誘発剤によるふるえ熱産生と運動調節機能への関わり
  • 宇野 忠,小林 章子,柴田 政章
  • 日本生気象学会雑誌 38(2), S43, 2001-10-13
  • NAID 10026947812

関連リンク

2011年5月31日 ... この「ふるえ熱産生」は、感染による発熱時にも生じ、体温上昇に寄与します。 ... さらに 興味深いことに、今回解明したふるえの神経経路は、これまでに私達が明らかにしてき た、褐色脂肪組織における代謝性の「非ふるえ熱産生」を起こす神経 ...
また、皮膚内を走る血管の平滑筋を支配する交感神経が活性化すると、平滑筋が収縮し 、血管径が縮小するので、体表面の血流が減少し、体表面からの熱放散が抑制される。 一方、発熱シグナルによる運動神経の活性化は、骨格筋におけるふるえ熱産生に ...

関連画像

 寒冷 曝露 に 対 し ふ る え 熱なぜ発熱するのか ・・寒さによって「ふるえ」を シグナルを介するBATの熱産生  寒冷 曝露 に 対 し ふ る え 熱し褐色脂肪組織における熱産生


★リンクテーブル★
先読みST
拡張検索非ふるえ熱産生
関連記事」「熱産生」「産生

ST」

  [★]



非ふるえ熱産生」

  [★]

non-shivering thermogenesis NST
非戦慄性熱産生身震いなしの発熱
  • ふるえによらない代謝性の熱産生。

参考

  • wikipedia en
[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Non-shivering_thermogenesis


生」

  [★]

形容詞

未加工調理していない

名詞

life
生命いのち
生命科学


熱産生」

  [★]

heat production HP


ホルモンとの関係


産生」

  [★]

production, generation, produce, make, generate, yield, elaborate, [raise]]



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡