びまん性転移性髄膜癌腫症

出典: meddic

diffuse metastatic leptomeningeal carcinomatosis
びまん性癌性髄膜炎 diffuse carcinomatous meningitis


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 術後早期にびまん性転移性髄膜癌腫症を呈した卵巣未分化癌の1例 : 第38回日本臨床細胞学会学術集会 : 卵巣VI
  • 斉藤 順子,矢島 正純,和田 順子,木村 祐子,菊地 愛子,石巻 静代,岩下 光利,井口 登美子,武田 佳彦
  • 日本臨床細胞学会雑誌 36(Suppl.1), 272, 1997-03
  • NAID 110001227847

関連リンク

な疾患で生前診断は困難であるが,転移性髄膜癌腫症類似の画像所見を呈し,全身 検査で原発巣をみとめない症例. で,PDLG を鑑別するには髄膜生検も検討する必要が ある. (臨床神経 2011;51:197-202). Key words:primary diffuse leptomeningeal ...


★リンクテーブル★
先読みdiffuse carcinomatous meningitis
リンク元びまん性癌性髄膜炎」「diffuse metastatic leptomeningeal carcinomatosis
関連記事癌腫」「転移」「髄膜」「転移性」「

diffuse carcinomatous meningitis」

  [★] びまん性癌性髄膜炎

びまん性癌性髄膜炎」

  [★]

diffuse carcinomatous meningitis
びまん性転移性髄膜癌腫症


diffuse metastatic leptomeningeal carcinomatosis」

  [★] びまん性転移性髄膜癌腫症


癌腫」

  [★]

carcinoma
悪性上皮性腫瘍 malignant epithelial neoplasm
腫瘍肉腫 sarcoma

癌腫 carcinoma

資料

  • 癌情報サービス
[display]http://ganjoho.ncc.go.jp/public/index.html
  • がんサポート情報センター
[display]http://www.gsic.jp


  • 上皮性の腫瘍をさす

癌腫carcinoma と肉腫 sarcoma

特徴 癌腫
carcinoma
肉腫
sarcoma
由来 上皮 間葉系組織
良悪性 悪性 悪性
発生頻度 比較的多い
転移形式 多くがリンパ行性 多くが血行性
in situ時期
上皮内癌
粘膜内癌
有り 無し
年齢 老人・中年(50歳以上) 若年・壮年(50歳以下)


-carcinoma


転移」

  [★]

腫瘍の転移

metastasis
metastatic potentialskip metastasismetastatic disease


原発 転移
リンパ節が最多。肝臓、胸膜、対側肺、副腎、心膜、骨(肋骨、椎骨)、大脳(圧迫症状出現)
遠隔転移:肺内>骨>脳>肝>副腎
小細胞癌が最も転移しやすい。
分化型:血行性に肝臓、未分化型:腹膜播種
大腸 肝臓、肺
卵巣 腹腔内播種、リンパ性転移(後腹膜)。血行性は希
腎臓 肺>骨>肝。副腎もありうる。能は多くない。
骨肉腫 肺>骨
発見時に10-20%の症例で肺転移。
  • 転移性脳腫瘍は原発巣が肺であることが最も多い、らしい。
  • 転移性の硬膜外腫瘍は原発巣が肺癌>乳癌>リンパ腫



精神医学

transference
感情転移

分子遺伝学の転移(トランスポゾン)

transposition



髄膜」

  [★]

meninx, meninges (M)
脳脊髄膜




転移性」

  [★]

metastatic phenotypemetastaticmetastasizing
転移性形質


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡