その他のホルモン剤

出典: meddic

商品

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

全国の動物病院・獣医師さんに、11,300アイテム以上の医療材料・医療機器や医薬品を、最短当日、ひとつから迅速確実にお届け。 ... 10%OFF!共立製薬6月キャンペーンスタート!健康補助食品、イヤークリーナーなどがお買い得価格に ...
その他のホルモン剤 価格順 新着順 表示件数 男女兼用 セット販売商品 ユーシロクス100μg 100錠(Euthyrox) 販売価格(税込): 2,100~9,030 円 メルク社が製造販売しているレボチロキシンナトリウムを有効成分とした 甲状腺ホルモン剤 ...
皆様の「健康と明るい笑顔」…その何よりも大切なものを守るお手伝いをするためにサプリメントの開発・販売をしています。 ... サイト概要: 主なコンテンツと内容 TOP 更新情報とホメオスタからのお知らせ 会員メニュー 会員登録 ...

関連画像

その他のホルモン剤 リュー してピルやその他のホルモン剤 ホルモン剤の個人輸入は送料 その他のホルモン剤その他のホルモン剤 プロ 私、女性ホルモン剤を投与する ランタス注ソロスター|医療用  瓶 [1カプセル中、ミトタン500mg


★リンクテーブル★
先読みアピドラ」「S-カルジー
リンク元医療用医薬品」「インスリンリスプロ」「オクトレオチド」「リュープロレリン」「カリジノゲナーゼ
関連記事ホルモン」「」「」「ホルモン剤

アピドラ」

  [★] インスリングルリジン


S-カルジー」

  [★] カリジノゲナーゼ


医療用医薬品」

  [★]

ethical drug
一般用医薬品
  • 中枢神経系用薬
  • 末梢神経用薬
  • 感覚器用薬
  • その他の神経系及び感覚器官用医薬品
  • 循環器官用薬
  • 呼吸器官用薬
  • 消化器官用薬
  • 泌尿生殖器官及び肛門用薬
  • 外皮用薬
  • 歯科口腔用薬
  • ビタミン剤
  • 血液・体液用薬
  • 人工透析用薬
  • その他の代謝性医薬品
  • 細胞賦活用薬
  • 腫瘍用薬
  • アレルギー用薬
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • その他の組織細胞機能用医薬品
  • 抗生物質製剤
  • 寄生動物用薬
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • その他の病原生物に対する医薬品
  • 調剤用薬
  • 公衆衛生用薬
  • その他の治療を主目的としない医薬品
  • アルカロイド系麻薬(天然麻薬)
  • 非アルカロイド系麻薬


インスリンリスプロ」

  [★]

insulin lispro
ヒューマログ Humalog
リスプロ
その他のホルモン剤


一般的名称

  • ヒューマログ:インスリン リスプロ(遺伝子組換え)注射液
  • ヒューマログN:中間型インスリンリスプロ 注射液

薬効薬理

ヒューマログ注カート/ *ヒューマログ注ミリオペン
  • 1. 血糖降下作用
  • (1) インスリンリスプロ1モルは、ヒトインスリン1モルと同等の活性をもつ13),14)。
  • (2) 健康成人12例にヒューマログ注及びヒューマリンR注を0.05単位/kg又は0.025単位/kg単回皮下投与した結果、両剤ともに血糖降下作用が認められた3)。
  • (3) グリコヘモグロビン(HbA1c)に対する作用
  • 外国の長期試験で、基礎インスリンも含む投与量の適切な調整を行えば有意にHbA1cの改善が可能であること15),16)、1型糖尿病患者30例を対象に持続皮下注入ポンプにてヒューマログ注を3ヵ月間投与した場合、ヒューマリンR注を投与した時に比べ有意にHbA1cを低下させることが示された。また国内においてもヒューマログ注で、開始時点から下降傾向が認められ、上昇傾向であったヒューマリンR注と有意な差を認めた6)。
  • 2. 作用機序
  • インスリンリスプロは製剤中では六量体として存在するが、皮下注射後速やかに単量体へと解離するため、皮下から血中への移行が速い17)。その血中移行後、生体内における本剤を含むあらゆるインスリン製剤の主薬理作用は、グルコース代謝調節である。また、インスリン製剤は生体内組織での蛋白同化作用と抗異化作用を示す。筋肉と脳以外の臓器において、インスリン製剤は速やかなグルコース/アミノ酸細胞内輸送を引き起こし、同化作用を促進し、蛋白異化作用を阻害する。肝臓において、インスリン製剤はグルコース取り込みとグリコーゲン貯蔵を促進し、糖新生を阻害し、過剰なグルコースの脂肪への変換を促進する。

添付文書

  • ヒューマログミックス50注カート/ *ヒューマログミックス50注ミリオペン
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2492414A4025_1_17/2492414A4025_1_17?view=body
  • ヒューマログN注カート/ **ヒューマログN注ミリオペン
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2492414A5021_1_15/2492414A5021_1_15?view=body
  • ヒューマログ注カート/ *ヒューマログ注ミリオペン
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2492414A1026_1_19/2492414A1026_1_19?view=body


オクトレオチド」

  [★]

octreotide
酢酸オクトレオチド octreotide acetate
サンドスタチン Sandostatin
その他のホルモン剤


特徴

構造

作用機序

薬理作用

下垂体

消化管

膵臓

薬効薬理

サンドスタチン皮下注用 50μg/*サンドスタチン皮下注用 100μg
  • 1. 消化管ホルモン産生腫瘍
  • (1) 本剤はVIP産生腫瘍患者において血中VIP濃度を低下させる。17,18)
  • (2) 本剤はカルチノイド症候群の患者において、セロトニンの主要代謝物である5-HIAAの尿中排泄量を低下させる。19)
  • (3) 本剤はガストリン産生腫瘍患者において血中ガストリン濃度を低下させる。20)
  • 2. 先端巨大症・下垂体性巨人症
  • 本剤は先端巨大症患者の下垂体腺腫細胞からのGH放出を抑制する(in vivo11)、in vitro21))。

3. 消化管閉塞に伴う消化器症状

  • (1) 本剤はイヌ及びラットにおいて、消化液分泌を抑制することが報告されている。22~26)
  • (2) 本剤は空腸からの腸液の吸収(ラット)及び回腸からの水・電解質の吸収(ウサギ)を促進することが報告されている。26~28)

動態

効能又は効果

サンドスタチン皮下注用 50μg/*サンドスタチン皮下注用 100μg
  • 1. 下記疾患に伴う諸症状の改善
  • 消化管ホルモン産生腫瘍(VIP産生腫瘍、カルチノイド症候群の特徴を示すカルチノイド腫瘍、ガストリン産生腫瘍)
  • 2. 下記疾患における成長ホルモン、ソマトメジン-C分泌過剰状態及び諸症状の改善
  • 先端巨大症・下垂体性巨人症(外科的処置、他剤による治療で効果が不十分な場合又は施行が困難な場合)
  • 3. 進行・再発癌患者の緩和医療における消化管閉塞に伴う消化器症状の改善

注意

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

副作用

添付文書

  • サンドスタチン皮下注用 50μg/*サンドスタチン皮下注用 100μg
[display]http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/2499403A1037_1_02/2499403A1037_1_02?view=body



リュープロレリン」

  [★]

leuprorelin
酢酸リュープロレリン leuprorelin acetate
リュープリン
その他のホルモン剤

作用機序

薬理作用

  • 連続投与による下垂体前葉-性腺系の抑制

適応

  • 前立癌:血清テストステロン濃度の抑制
  • 子宮内膜症、閉経前乳癌、中枢思春期早発症

用法用量

リュープリン注射用1.88/リュープリン注射用3.75

子宮内膜症

  • (成人)リュープロレリン酢酸塩3.75mg皮下注。4週毎。 (体重50kg未満)リュープロレリン酢酸塩1.88mg皮下注。4週毎。なお、初回投与は月経周期1~5日目に行う。

子宮筋腫

  • (成人)リュープロレリン酢酸塩1.88mg皮下注。4週毎。 (体重が重い、子宮高度腫大)リュープロレリン酢酸塩3.75mg皮下注。4週毎。 なお、初回投与は月経周期1~5日目に行う。

前立腺癌、閉経前乳癌

  • (成人)リュープロレリン酢酸塩3.75mg皮下注。4週毎。

中枢性思春期早発症

  • リュープロレリン酢酸塩30μg/kg皮下注。4週毎。180μg/kgまで増量可
リュープリンSR

前立腺癌、閉経前乳癌

  • リュープロレリン酢酸塩11.25mg皮下注。12週毎。

注意

禁忌

カリジノゲナーゼ」

  [★]

kalliginogenasekallidinogenase
S-カルジーカセルミンカリクレインカリクロモンカリジノゲナーゼカリレチンカルタゴンカルナクリンカルニアチンカルニアチンSクライスリンクレルモンサークリンサークレチンサイモチンバスドリンビドクレインプロクレインプロモチン、、ローザグッド
カリクレインキニノゲナーゼ
その他のホルモン剤


ホルモン」

  [★]

hormone

古典的な定義

  • 特定の内分泌腺から分泌され、血行によって運ばれ、遠隔部の特定の標的器官に作用して特異的効果を現す物質(PT.403)

例外

  • 腺構造を持たない組織から分泌されるホルモンがある
消化管ホルモン (PT.403)
視床下部ホルモン (PT.403)
甲状腺濾胞ホルモン?
カルシトニン?

ホルモンの一覧表

日本語 放出器官/細胞 作用器官/細胞 働き
メラトニン 松果体    
成長ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 GH放出
プロラクチン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出
副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 ATCH放出
ゴナドトロピン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 FSH/LH放出
甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン 視床下部 下垂体前葉 TSH放出
ソマトスタチン 視床下部 下垂体前葉 GH放出抑制
ドーパミン 視床下部 下垂体前葉 PRL放出抑制
成長ホルモン 下垂体前葉 全身/肝細胞 タンパク質同化, 抗インスリン, 脂肪異化/IGF-I合成促進
プロラクチン 下垂体前葉 乳腺 乳汁分泌促進
副腎皮質刺激ホルモン 下垂体前葉 副腎皮質  
卵胞刺激ホルモン 下垂体前葉 卵胞  
黄体形成ホルモン 下垂体前葉 黄体  
間細胞刺激ホルモン 下垂体前葉 精巣の間細胞  
甲状腺刺激ホルモン 下垂体前葉 甲状腺  
オキシトシン 下垂体後葉 子宮平滑筋/乳腺 子宮収縮/射乳促進
バソプレシン 下垂体後葉 腎臓集合管 水の再吸
甲状腺ホルモン - トリヨードサイロニン 甲状腺   代謝亢進
甲状腺ホルモン - サイロキシン 甲状腺   代謝亢進
カルシトニン 甲状腺   Ca2+濃度低下
副甲状腺ホルモン 甲状腺 /腎臓 破骨細胞活性化/腎細尿管Ca2+取り込み↑/腎ビタミンD活性化/血清Ca2+↑
心房性ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
脳ナトリウム利尿ペプチド 心臓   Na利尿
Cタイプナトリウム利尿ペプチド     Na利尿
エンドセリン 血管   血管収縮
アンジオテンシンII 血管   血管収縮
ガストリン 酸分泌
セレクチン 十二指腸    
インスリン様成長因子 肝臓    
アンジオテンシノジェン 肝臓   昇圧
コルチゾール 副腎皮質    
アルドステロン 副腎皮質    
デヒドロイソアンドロステロン 副腎皮質    
アドレナリン 副腎髄質   軽微な昇圧、血糖上昇
ノルアドレナリン 副腎髄質   昇圧(寄与は20%程度)、血糖上昇
インスリン 膵臓 - β細胞 全身 グルコース取り込み亢進
グルカゴン 膵臓 - α細胞 全身 糖新生
ソマトスタチン 膵臓 - δ細胞   ホルモン分泌抑制(インスリングルカゴンガストリン)
レニン 腎臓 - 傍糸球体細胞   昇圧(angiotensin Iを産生, 血管内皮アンジオテンシン転換酵素によりangiotensin IIに転換)
エリスロポエチン 腎臓 造血器官 赤血球産生刺激
エストロゲン 卵巣    
プロゲステロン 卵巣    
インヒビン 卵巣    
テストステロン 精巣    
インヒビン 精巣    
レプチン 脂肪    
アディポネクチン 脂肪    



剤」

  [★]

drugagent
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品


他」

  [★]

otherotherwiseelsewhereelseallo
アロその他の点ではさもないと非自己


ホルモン剤」

  [★]

hormone preparation
ホルモン製剤





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡