すり減り現象

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

服薬するとお薬の効果が徐々に出てきて、徐々に切れはじめるというのが普通のお薬の 効き方ですが、以下のような現象が長期服用で生じてくることがあります。 薬を服用して も、服用前とパーキンソン症状が同じかかえって悪化してしまう。すり減り現象ともいい ...
薬物の作用時間が1~2時間位に短縮して、症状の悪化がみられる現象は、すり減り 現象(wearing-off phen- omenon)といい、オンオフ現象とは区別される ・姿勢反射 障害による転倒では、上肢による保護伸展反応が出にくいため、大腿骨頸部骨折が 起こり ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事現象

現象」

  [★]

phenomenonphenomenaeventphenomenal

国試ででそうな現象




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡