しびれ感

出典: meddic

numbness
感覚不全知覚鈍麻知覚麻痺触覚鈍麻しびれ感覚鈍麻



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性散在性脳脊髄炎(acutedisseminatedencephalomyelitis:ADEM)患者と配偶者の退院前後のQOLと不安
  • 三浦 由佳,丹羽 綾香,信藤 由衣,与谷 杏美,種田 ゆかり,久田 雅紀子,田村 麻子,成田 有吾,Miura Yuka,Niwa Ayaka,Nobuto Yui,Yotani Ami,Taneda Yukari,Hisada Akiko,Tamura Asako,Narita Yugo
  • 三重看護学誌 14(1), 97-103, 2012-03-15
  • … 告は散見されるものの,回復が期待される疾患での調査は少なく,急性散在性脳脊髄炎(acute disseminated encephalomyelitis:以下ADEM)での報告は見られなかった.今回,ADEM患者(70歳代男性)と配偶者(70歳代女性)に対するSEIQoL-DWを用いた半構成的面接法,日本版STAIからの20項目のアンケートおよび患者しびれ感へのVASスケール評価を併用して,退院前後の療養者(患者および家族)の不安とQOLの変化を追うことができた. …
  • NAID 120004043783
  • パクリタキセルによる末梢神経障害に対する温灸の効果に関する検討
  • 堀口 美穂,辻川 真弓,梅岡 京子,坂口 美和,大西 和子,Horiguchi Miho,Tsujikawa Mayumi,Umeoka Kyoko,Sakaguchi Miwa,Onishi Kazuko
  • 三重看護学誌 14(1), 67-79, 2012-03-15
  • タキサン系抗がん剤には末梢神経障害の副作用があり,患者にとってはQOLを著しく損なう問題である.しかし,「しびれ」や「感覚の低下」を主とする末梢神経障害には有効な対処方法がないのが現状である.本研究では,乳がん,卵巣がんの女性において,パクリタキセルを用いた化学療法を施行中の患者9名に対して,パクリタキセルによる末梢神経障害に対する温灸の効果を検討した.温灸は患者自身が週3回,12週間にわたり貼付 …
  • NAID 120004027295

関連リンク

しびれ感, シビレは重大な疾患の前ぶれとして起こることが多い。 「何もしなくても感じる ジンジンした感じのしびれ」(dysesthesia) 「触れると強く感じるしびれ」(paresthesia). [ 太い神経繊維]=酸素不足に弱い。(例えば運動神経) [細い神経繊維]=低温に弱い。
上肢のしびれ・痛み、手指の感覚異常、歩行障害、めまい, 頸椎症. 上肢のしびれ・痛み・ 麻痺、温痛覚がなくなる、歩行障害, 脊髄空洞症. 手指・手首が伸ばしにくい、親指と 人差し指の間のしびれ感, 橈骨神経麻痺. 下肢, 腰痛、下肢の痛み・しびれ、下肢の筋力 ...

関連画像

親指の先のしびれ感と痛みで 親指のしびれ感や痛みの原因親指の先のしびれ感と痛みで 靴が原因で足がしびれる! が起こす腕のしびれ感、だるさ今回のしびれ感の原因となる


★リンクテーブル★
先読み感覚鈍麻
国試過去問105I071」「107I067」「098I036」「107H025」「108I055
リンク元numbness」「感覚不全」「触覚鈍麻」「知覚麻痺
関連記事しびれ

感覚鈍麻」

  [★]

esthesia
hypesthesia, hypoesthesia
知覚鈍麻
感覚異常 dysesthesia




105I071」

  [★]

  • 34歳の女性。右手のしびれ感を主訴に来院した。2か月前から右手のしびれ感が断続的に続いていた。脈拍68/分、整。血圧120/68mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。頚椎に異常を認めない。右上腕二頭筋反射と腕橈骨筋反射とに異常を認めない。握力は両側上肢とも正常範囲内である。右手関節を屈曲するとしびれ感が増強する。触覚低下を認める領域を斜線で表した図を示す。
  • この患者の初期治療として適切なのはどれか。2つ選べ。



[正答]


※国試ナビ4※ 105I070]←[国試_105]→[105I072

107I067」

  [★]

  • 62歳の女性。手のしびれ感を主訴に来院した。8年前から高血圧症のため自宅近くの診療所で治療を受けており、2年前から血糖値の軽度上昇を指摘されていた。ほぼ同時期から両手の第2~4指の先端部に「ピリピリする」感じを自覚し、徐々に増悪してボタンが留めにくくなった。身長165cm、体重67kg。脈拍64/分、整。血圧150/86mmHg。声はこもった低音である。顔と手の写真(別冊No.22A、B)を別に示す。
  • 確定診断のために測定するホルモンとして最も適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107I066]←[国試_107]→[107I068

098I036」

  [★]

  • 29歳の男性。手足のしびれ感と労作時の疲労感とを主訴に来院した。
  • 20歳ころ健康診断で血清Caの低値とPの高値とを指摘されたが、自覚症状なく放置していた。最近になって、手足のしびれ感、労作時の疲労感および頭痛が現れた。
  • 身長170cm、体重80kg。脈拍80/分、整。血圧130/80mmHg。Trousseau徴候陽性。血清生化学所見:Na142mEq/l、K4.0mEq/l、Ca5.8mg/dl、P6.0mg/dl。その他の一般検査所見に異常を認めない。
  • 確定診断のために有用な検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098I035]←[国試_098]→[098I037

107H025」

  [★]

  • 61歳の男性。両手のしびれ感を主訴に来院した。半年前から両手指のしびれ感を自覚していた。徐々に食事動作や書字動作がしにくくなり、歩行時の足のもつれも生じるようになったため受診した。上肢の巧緻性の低下と下肢腱反射の亢進とを認める。頸椎単純エックス線写真(別冊No.5)を別に示す。
  • 考えられるのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 107H024]←[国試_107]→[107H026

108I055」

  [★]

  • 32歳の女性。手指のしびれ感とつっぱり感とを主訴に来院した。症状は数年前からあったというが、本日、いつも以上に強くなったため受診した。バイタルサイン測定時の写真 (別冊 No.19A)と頭部単純 CT(別冊 No.19B)とを別に示す。
  • 異常所見が予想されるのはどれか。
  • a 血清Ca
  • b 血清Cl
  • c 血清Na
  • d 血糖
  • e 脳波



[正答]


※国試ナビ4※ 108I054]←[国試_108]→[108I056

numbness」

  [★]

  • n.

WordNet   license wordnet

「partial or total lack of sensation in a part of the body; a symptom of nerve damage or dysfunction」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「無感覚,しびれ,麻痺(まひ)」


感覚不全」

  [★]

dysesthesiaimpaired sensation
異感覚異常感覚しびれ感知覚異常知覚鈍麻感覚異常触覚鈍麻感覚鈍麻

触覚鈍麻」

  [★]

hypesthesia
感覚不全しびれ感知覚鈍麻感覚鈍麻触覚減退


知覚麻痺」

  [★]

numbness
しびれ感しびれ


しびれ」

  [★]

dysesthesia, paresthesia, numbness
しびれ感知覚麻痺





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡