くも膜下穿刺

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 術後硬膜外持続投与した0.2%ロピバカインが神経障害の原因として疑われた遷延性下肢麻痺の1例
  • 内頸静脈穿刺時にシースがくも膜下腔へ迷入した1小児例
  • 日本臨床麻酔学会誌 = The Journal of Japan Society for Clinical Anesthesia 29(4), 480-483, 2009-07-15
  • NAID 10025382848

関連リンク

脊椎麻酔・硬膜外麻酔 l6 脊椎麻酔 spinal anesthesia 局所麻酔薬をくも膜下腔に注入し、脊髄神経の興奮伝導を遮断する局所麻酔法。 前根と後根に局所麻酔薬が作用するので、運動神経・知覚神経・自律神経がブロックされる。
〔原著/症例報告〕 くも膜下フェノールブロック施行時に複数箇所穿刺で 副作用軽減を試みた一症例Æì 林泉ÆìÆì幕内智子ÆìÆìÆì古明地 恭 子ÆìÆìÆì 藤原幹人ÆìÆìÆì大方直樹ÆìÆìÆì盛永直樹ÆìÆìÆì 脇坂マリコÆìÆìÆì高桑 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事穿刺」「膜下

穿刺」

  [★]

punctureparacentesisprickstabneedlingpricking
穿開術穿刺術微小穿刺プリッキングパンクチャー



膜下」

  [★]

submembranous
偽膜性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡