うつ病エピソード

出典: meddic

depressive episode
うつ病病相
気分障害
ICD-10
F32
以下の単一エピソード:抑うつ反応大うつ病(精神病症状を伴わない)、心因性うつ病・反応性うつ病(F32.0,F32.1,F32.2)

うつ病エピソードの基準

  • G1. うつ病のエピソードは少なくとも2週間以上続くこと。 The depressive episode should last for at least 2 weeks.
G2. 対象者の人生のいかなる時にあっても、軽躁病や躁病エピソードの診断基準を満たす十分な躁病症状がないこと。 There have been no hypomanic or manic symptoms sufficient to meet the criteria for hypomanic or manic episode (F30..) at any time in the individual's life.
G3. 主要な除外基準:このエピソードは、精神作用物質の使用(F10-F19)、あるいはF00-F09に上げられたような器質性精神障害によるものではないこと。 Most commonly used exclusion clause. The episode is not attributable to psychoactive substance use (F10.F19) or to any organic mental disorder (in the sense of FOO.F09).

F32.0

軽症うつ病エピソード Mild depressive episode
  • A. うつ病エピソード(F32)の全般基準を満たすこと
  • B. 次の3項の症状のうち少なくとも2項目があること
  • (1)対象者にとって明らかに異常で、著明な抑うつ気分が、周囲の状況にほとんど影響されることなく、少なくとも2週間のほとんど毎日かつ1日の大部分続く
  • (2)通常なら楽しいはずの活動における興味や喜びの喪失
  • (3)活動の減退または疲労感の増加
  • C. 次に示す付加的な症状を合わせて、B項との合計が少なくとも4項目あること。
  • (1)自信喪失、自尊心の喪失
  • (2)自責感や、過度で不適切な罪悪感といった不合理な感情
  • (3)死や自殺についての繰り返し起こる考え、あるいは他の自殺的な行為
  • (4)思考力や集中力の低下の訴え、あるいはその証拠。
  • (5)焦燥あるいは遅滞をともなう精神運動性の変化(主観的なものであれ客観的なものであれ、いずれでもよい)
  • (6)いろいろなタイプの睡眠障害
  • (7)相応の体重変化をともなう食欲の変化(減退または増進)

F32.1

中等症うつ病エピソード Moderate depressive episode
軽症うつ病エピソード Mild depressive episode
  • A. うつ病エピソード(F32)の全般基準を満たすこと
  • B. F32.0のB項における3項の症状のうち、少なくとも2項目があること
  • C. F32.0のC項における付加的症状を合わせて、B項との合計が少なくとも6項あること。

F32.2

精神病症状を伴わない重症うつ病エピソード Severe depressive episode without psychotic symptoms
軽症うつ病エピソード Mild depressive episode
  • A. うつ病エピソード(F32)の全般基準を満たすこと
  • B. F32.0のB項における3項の症状の全てがあること。
  • C. F32.0のC項における付加的症状を合わせて、B項との合計が少なくとも8項あること。
  • D. 幻覚、妄想または抑うつ性昏迷を欠くこと

F32.3

精神病症状を伴う重症うつ病エピソード Severe depressive episode with psychotic symptoms
  • A. うつ病エピソード(F32)の全般基準を満たすこと
  • B. 精神病症状を伴わない重症うつ病エピソード(F32.2)の診断基準の中でD項以外を満たすこと
  • C. 統合失調症や、統合失調感情障害、抑うつ型(F25.1)の診断基準を満たさないこと
  • D. 次の2項のうち、いずれかがあること
  • (1) 妄想や幻覚は存在するが、それらは典型的な分裂病(F20.0-F20.3)としての診断基準G1(1b),G1(1c)およびG1(1d)に上げられた以外のものであること。もっとおよく見られる例としては、抑うつ的・罪責的・心気的・虚無的・自己関係づけ的・迫害的な内容のものである。
  • (2) 抑うつ性昏迷

F32.8

その他のうつ病エピソード Other depressive episodes

F32.9

うつ病エピソード,詳細不明 Depressive episode, unspecified



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 うつ病エピソードを呈した思春期女児への森田療法的アプローチ
  • 石山 菜奈子,中村 敬
  • 日本森田療法学会雑誌 23(2), 155-163, 2012-10-00
  • NAID 40019494796
  • 夕方の高照度光療法が大うつ病エピソードに有効であった双極?型障害の1例
  • 三浦 淳,佐々木 春喜
  • 精神医学 54(5), 509-512, 2012-05-00
  • NAID 40019252386
  • 双極性障害の治療ガイドライン
  • 双極性障害の薬物療法 (第1土曜特集 向精神薬--最新の動向) -- (うつ病・双極性障害)

関連リンク

うつ病エピソードチェック表のページです。一般社団法人 日本健康倶楽部は、健康的な文化生活を営むため、健康の保持・増進とともに、より質の高い健康への意識高揚のための啓発活動の推進および健康相談・指導、健康診断の実施 ...
【ベストアンサー】エピソードというのは、症状が発症している状態のことです。 うつ病と診断するための診断基準があり、そこにはいくつかの症状が定められています。その症状が認められる ...
うつ病のエピソードを通して、うつ病の基本症状とは何かを探る。 ... depressive episode 1) 初期症状 最初は身体的な不調を自覚し、睡眠障害、食欲減退、頭重感、疲労感、同期などが現れる。

関連画像

うつ病エピソードチェック表 うつ病エピソードチェック表 大うつ病エピソードの診断基準  うつ病--新型うつ病1:品川大うつ病エピソード」DSM-IV-TR-Ⅳ 大うつ病エピソード 表2 大うつ病エピソードの診断 大うつ病エピソード


★リンクテーブル★
国試過去問108D009
リンク元気分障害
拡張検索大うつ病エピソード
関連記事うつ病」「うつ」「」「エピ」「エピソード

108D009」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108D008]←[国試_108]→[108D010

気分障害」

  [★]

mood disorder, mood disorders
感情障害、(旧定義)情動障害 affective disorders



  • ICD-10
F30 Manic episode 躁病エピソード
F31 Bipolar affective disorder 双極性感情障害
F32 Depressive episode うつ病エピソード
F33 Recurrent depressive disorder 反復性うつ病性障害
F34 Persistent mood [affective] disorders 持続性気分障害
F38 Other mood [affective] disorders
F39 Unspecified mood [affective] dis


大うつ病エピソード」

  [★]

major depressive episode
気分障害
  • DSM-IV-TRで定義された気分障害うつ病性障害において、最も一般的にみられるエピソード。ICD-10では単にうつ病エピソードと表現される。


うつ病」

  [★] 鬱病

depression
抗うつ薬抑うつ症メランコリー melancholia

分類

  • 一次
  • 大うつ病性障害(単極性障害)
  • 双極性障害
  • 気分変調性障害
  • 気分循環性障害
  • 特別な気分障害
  • 産後うつ病
  • 季節性気分障害
  • 二次
  • 薬物の使用による

疫学

  • 世界的に有病率が高い(十ヵ国を対象とした研究では生涯有病率は平均8-12%、日本では3%、米国では17%であった(参考2))  097G008(うつ病は世界的に主要な健康問題になっている。)

病因

  • 脳のノルエピネフリン神経、セロトニン神経の働きに異常
  • レセルピンと鬱病の関係
  • レセルピン
  • 血圧低下作用が臨床応用されていた
  • 1931年に鎮静作用を示すことが明らかにされていた。
  • ノルエピネフリン神経におけるシナプス小胞への取り込みを阻害することによって
血圧↓→脳内モノアミン枯渇→うつ病発症→使われなくなる

評価

鬱の診断基準

also see DSM-IV
  • 1. 抑うつ気分
  • 気分の落ち込みや何をしても癒されない気分や空虚感など
  • 2. 興味、喜びの喪失
  • 感情が麻痺した状態

診断

鑑別診断

KPS.973 ← あまり整理されていない印象
  • 抑うつ気分を伴う適応障害
  • 気分変調性障害
  • 失調感情障害
  • 統合失調症
  • 大うつ病性障害
  • 双極I型障害
  • 境界性人格障害
  • 低カリウム血症
  • 短期精神病性障害
  • 気分循環性障害
  • 抗高血圧性毒性
  • ステロイド精神病性障害
  • 甲状腺機能低下症
  • 脳腫瘍
  • 全身不全麻痺
  • アンフェタミン使用障害
  • コカイン使用障害
  • 膵癌
  • 肝炎
  • ウイルス感染後症候群
  • アルツハイマー型認知症
  • 血管性認知症
  • 晩発性アルツハイマー型認知症
  • 早発性アルツハイマー型認知症
  • 肝硬変
  • 動脈硬化症
  • 伝染性単核球症
  • 甲状腺機能亢進症
  • 潜在性悪性腫瘍
  • エイズ
  • シゾイド人格障害/統合失調質人格障害
  • 失調型人格障害/統合失調型人格障害
IMD.1077 PSY.284
  • 二次性:
  • 脳器質性疾患
  • 脳血管障害:脳梗塞、脳出血など:CT、MRI、神経学的所見などから鑑別する
  • 脳変性疾患:パーキンソン病アルツハイマー病:CT、MRI、神経学的所見などから鑑別する

症状

昏迷、不安焦燥、精神活動抑制、微小思考
  • 気分の憂うつだったり、寂しくなったりという抑うつ気分
  • 将来に希望を持てなくて悲観的になり、考ええばかりおそってくる抑うつ気分
  • 意欲、興味、関心の低下をきたす
  • 朝に抑うつ気分がひどい
  • 症状がひどいと自殺を試みる

治療

方針

  • 1. うつ病であることを説明
  • 2. 休息
  • 3. 治癒の見通しを明らかにする
  • 4. 重要決定は延期させる
  • 5. 自殺しない約束

modality

  • 薬物療法
効果の発現は服用開開始から1-2週間後で即効性はない。鬱症状が改善した後も4ヶ月継続すべき。(PSY.288)
軽症~中等症:SSRI, SNRI
重症:三環系抗うつ薬
  • 精神療法
  • 身体療法
  • 電気痙攣療法 electroconvulsive therapy ECT:薬物療法に反応しない薬物治療抵抗性うつ病が適応。自殺の危険が迫っている例、身体疾患もしくは副作用により薬物療法に耐えられない例も適応。修正型電気痙攣療法もある。
  • 高照度光療法:季節性感情障害 SADが適応。

薬物療法

  • MAOとうつ病
  • MAO inhibitorは脳モノアミン神経伝達物質の量を増やす
  • MAO inhibitor
  • モノアミン神経伝達物質が蓄積される
  • パーキンソン病やうつ病の病状をよくする

参考

  • 1. [charged] うつ病の疫学、病因、および神経生物学 - uptodate [1]



うつ」

  [★]

depression
うつ病、低下、抑圧抑欝抑制うつ状態鬱病抑うつ抑うつ状態


病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患


エピ」

  [★]

epi


エピソード」

  [★]

episode
発症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡