うっ血乳頭

出典: meddic

choked
choked disc
乳頭浮腫 papilledema ←同義語ではないので注意

定義

  • 1. 脳圧亢進による乳頭浮腫
  • 2. 脳圧亢進による両側視神経乳頭の腫脹。

参考

  • 1. 眼底所見
[display]http://www.mutsukawa-ganka.gr.jp/m-7/disk/disk.html
[display]http://www.med.teikyo-u.ac.jp/~ortho/med/pic/P%20edema1.jpg
[display]http://www4.ocn.ne.jp/~nurophth/o_disc_swelling.htm
  • 2. 視神経・眼窩疾患
[display]http://shutoku.fc2web.com/digital_textbook/ophthalmology/extraocular_disease2.html

国試

  • 098F009:「視神経乳頭の発赤と腫脹」と表現される


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床報告 スペクトラルドメイン光干渉断層計でうっ血乳頭を3次元的に評価できた特発性頭蓋内圧亢進症の1例
  • 高橋 淳一,門 正則,水本 桂子 [他]
  • 臨床眼科 66(10), 1547-1552, 2012-10
  • NAID 40019462780
  • 視力低下とうっ血乳頭を契機に発見された乳癌髄膜転移の2例
  • 常田 祐子,堀口 淳,高他 大輔,長岡 りん,六反田 奈和,佐藤 亜矢子,時庭 英彰,戸塚 勝理,菊地 麻美,竹吉 泉
  • The Kitakanto medical journal 62(1), 99-99, 2012-02-01
  • NAID 120003911609
  • GRAPHICS 眼科図譜(359)神経線維腫症1型に発症した著明なうっ血乳頭を初発とする神経膠芽腫の1例
  • 西野 和明,新田 朱里,内野 晴登 [他]
  • 臨床眼科 65(13), 1870-1872, 2011-12
  • NAID 40019150494

関連リンク

うっ血(うっけつ) は、血栓などの様々な要因によって臓器組織内の静脈や毛細血管内 の血流が停滞し増加した状態を示す。充血の定義に含まれることもある。漢字では「 鬱血」と書くが、「鬱」は2010年の改訂までは常用漢字外だったため、まぜ書きで「うっ血 」と ...
類型B-(2))もう一歩踏み込んで明確に説明する. [複合] うっ血性心不全(けつせい しんふぜん)(類型B) [関連] 充血(じゅうけつ)(類型B). まずこれだけは. 血液の流れ が悪くなり,とどこおってしまうこと. 少し詳しく. 「からだのある部分に,静脈の血が異常に ...

関連画像

papilledema鬱血乳頭眼底所見代表例色素細胞眼底所見代表例bt.gif (13583 バイト)o0640048012393048892.jpg


★リンクテーブル★
先読みchoked」「papilledema
国試過去問098B030」「100G094」「081A070」「096H012」「100B014」「096G081」「081C005
リンク元クモ膜下出血」「視機能障害」「乳頭浮腫」「中心フリッカー値」「盲点
関連記事乳頭」「

choked」

  [★]

  • adj.
  • (声が)詰まった
choke

WordNet   license wordnet

「stopped up; clogged up; "clogged pipes"; "clogged up freeways"; "streets choked with traffic"」
clogged


papilledema」

  [★] 乳頭浮腫

WordNet   license wordnet

「swelling of the optic disc (where the optic nerve enters the eyeball); usually associated with an increase in intraocular pressure」


098B030」

  [★]

  • 65歳の女性。右眼の眼痛と嘔吐とを訴えて来院した。前夜から右眼の視力低下と激しい頭痛とがあり、悪心・嘔吐が出現した。視力は右眼0.05(矯正不能)、左眼0.8(1.2×+1.00D)。眼圧は右眼55mmHg、左眼12mmHgである。左眼には中間透光体、眼底ともに異常がない。右眼にみられる所見はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098B029]←[国試_098]→[098C001

100G094」

  [★]

  • a. 通常第2、3腰椎間で行う。
  • b. 頸静脈を圧迫すると髄液圧は低下する。
  • c. 終了後は約1時間の床上安静が必要である。
  • d. 一側性のうっ血乳頭であれば問題なく施行できる。
  • e. 穿刺部に感染巣がある場合には抗菌薬投与下に行う。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G093]←[国試_100]→[100G095

081A070」

  [★]

  • 嘔吐を繰り返す4歳児で左に示す所見があるとき、まず考えるべき疾患は?あっている組み合わせ?
[正答]

096H012」

  [★]

  • 疾患・徴候と視野異常の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096H011]←[国試_096]→[096H013

100B014」

  [★]

  • 疾患・徴候と視野異常の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100B013]←[国試_100]→[100B015

096G081」

  [★]

  • 羞明を訴えるのはどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096G080]←[国試_096]→[096G082

081C005」

  [★]

  • 下垂体視交叉部に発生する腫瘍とその症候について適切な組み合わせはどれか
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)

クモ膜下出血」

  [★]

subarachnoid hemorrhage, SAH
(国試)くも膜下出血
[show details]

疫学

SCN.206
  • 発症率:6-29/10万人/年
  • 50-60歳が発症のピーク。
  • 加齢によって発生率が上昇
  • 動脈瘤破裂によるクモ膜下出血は女性に多い

リスク因子

参考1
  • 喫煙、高血圧、過度の飲酒

病因

外傷によるクモ膜下出血を除く

症状

  • 前駆症状なし
ただし、内頚動脈-後交通動脈分岐部動脈瘤による動眼神経麻痺(眼瞼下垂や複視)は動脈瘤サイズの拡大や限局した出血である可能性がある(SCN.207)。内頚動脈から眼動脈が分岐する部位での動脈瘤では視力障害をきたしうる。
  • 1. 突然の(これまで経験したことのないような)激しい頭痛。持続的。
  • 2. 悪心・嘔吐 ← 脳圧亢進症状
  • 3. 意識障害(半数の症例) ← 一過性
  • 4. 項部硬直 ← 硬膜刺激症状:初期には出現しないことがある(YN.J-91 NHB.603 )。 ← 発症初期には明らかでないことが多い(出典不明)。
発熱で気づかれることもあるらしい。

検査

  • 血液検査:白血球増加(頭蓋内出血による急性炎症反応が起こった場合 → 102C031)
  • 眼底
  • 硝子体下出血を認めることがある(CASES.194)
  • 画像
  • CT

その他

(研修医当直御法度 症例帳 p.8
  • 28%の例にCK上昇が見られる。
  • 90%の例に心電図異常が認められる。

重症度分類

SCN.207 参考1
Grade Hunt and Hess分類(1968) Hunt and Kosnik分類(1974) WFNS分類(1983)
GCS score 主要な局所神経症状(失語あるいは片麻痺
I 無症状か、最小限の頭痛および軽度の項部硬直をみる 15 なし
Ia 急性の髄膜あるいは脳症状をみないが、固定した神経学的失調のあるもの
II 中等度から強度の頭痛、項部硬直をみるが、脳神経麻痺以外の神経学的失調はみられない 14~13 なし
III 傾眠状態、錯乱状態、または軽度の巣症状を示すもの 14~13 あり
IV 昏迷状態で、中等度から重篤な片麻痺があり、早期除脳硬直および自律神経障害を伴うこともある 12~7 有無は不問
V 深昏睡状態で除脳硬直を示し、瀕死の様相を示すもの 6~3 有無は不問
    重篤な全身性疾患、たとえば
高血圧、糖尿病、著明な動脈硬化、
または慢性肺疾患、
または脳血管造影でみられる頭蓋内血管攣縮が
著明な場合には、重症度を1段階悪いほうに移す。
   

合併症

SCN.211 YN.J-92
  • 再出血:発症後24時間以内(6時間未満が最多(出典不明))。動脈瘤破裂によるSAHの場合、再発率は50-80%。初回死亡率50%、再発作死亡率50-70%
  • 脳血管攣縮
  • 脳血管攣縮により遅発性虚血脳神経脱落症状が出現することがある。出現は4-14日(SCN)/7-8日(YN)がピーク。早期(3日以内)や後期(21日以降)の発症もあり売る。脳血管上の攣縮は70%の症例で見られ、このうち36%で症状が出現する。予防は循環血液量を保ち、開頭術・コイル祖塞栓術を施行したのち、脳槽・脊髄ドレナージをおこない原因となる血性髄液を排出する。
  • 脳梗塞:血管攣縮による
  • 水頭症(クモ膜下出血後水頭症):数週~数ヶ月後(YN)。血性髄液によりクモ膜顆粒に炎症が生じ髄液の吸収障害をきたす。


治療

YN.J-92 SCN.209
治療方針:脳動脈瘤破裂の治療として再出血の防止を行う(24時間以内のクリッピング、脳血管内治療)。
  • 対症療法:
  • 降圧療法:120-150mmHg
  • 根治療法
  • 外科手術
  • 早期手術:Grade I-IIIの症例が対象。Grade IV-Vであっても意識回復の見込みがあれば行う。
  • 晩期手術:
  • 血管内手術:瘤内塞栓術、親動脈閉塞術

予後

  • 発症時に約20%が死亡
  • 発症後、2週間以内の死亡が多い。6か月以内に約半数は再出血して死亡することが多い。


参考

  • 1. 脳卒中治療ガイドライン2009
[display]http://www.jsts.gr.jp/jss08.html

国試

著名人

  • 2010/4/2 巨人・木村拓也コーチ




視機能障害」

  [★]

disturbance of visual function
  • 両眼性一過性視機能障害 一過性両眼性視機能障害
  • 単眼性一過性視機能障害 一過性単眼性視機能障害
  • I型:網膜中心動脈系の塞栓:カーテンが上がってきたり下がってしまうような
  • II型:潅流圧低下(血圧低下)、網膜酸素需要増大(強い光の照射)、血流シャント(運動):コントラストが増強されてまぶしく見える
  • 視神経乳頭腫脹

乳頭浮腫」

  [★]

papilledema, disk edema, optic disc edema(SOP)
papilla oedematosa
うっ血乳頭 choked disc ← 同義語ではない
  • 原因を問わず視神経乳頭が腫脹している状態

乳頭浮腫の眼底所見(SOP.163)

  • 乳頭の発赤
  • 乳頭縁の境界不明瞭化
  • 静脈の拡張とうっ血
  • 乳頭面の隆起
  • 乳頭の表在性出血
  • 軟性白斑
  • 網膜血管走行の不明瞭化
  • 視力:原則視力の低下は起こらない。例外:(1)黄斑部に浮腫が伸展した場合、(2)乳頭浮腫が高度かつ長期にわたり続発性視神経萎縮の起こった場合、(3)うっ血乳頭の原因となった頭蓋内病変に基づく視力障害。
  • 視野:視野の狭窄は起こらない。



中心フリッカー値」

  [★]

central critical fusion frequency, central critical flicker fusion frequency
中心CFF
フリッカー融合頻度
[show details]


盲点」

  [★]

blind spot
punctum caecum
盲斑マリオット盲点 マリオットの盲点 Mariotte's spot Mariotte blind spot生理的暗点Mariotte盲暗点
緑内障


臨床関連



乳頭」

  [★]

nipple, papilla
papilla mammae
乳房


位置

  • 鎖骨中線のあたりであって、T4-T5肋骨の間、すなわち第4肋間隙にある(♂)、と思われる。
  • 上記の位置は、性差・個体差あり(KL.265)

臨床関連

  • 胸骨圧迫(心臓マッサージ):圧迫部位は両乳頭のを結ぶ線と胸骨が交わる部位である。胸骨のやや下部となる。


頭」

  [★]

頭部




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡