いわき市立総合磐城共立病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • いわき市立総合磐城共立病院

url

理念

  • 基本理念「慈心妙手」 わたしたちは、市民の健康と生命を守るため、安全で安心な医療を提供し、地域から信頼され、進歩し続ける病院を目指します。

住所

  • 973-8555 いわき市内郷御厩町久世原16

診療の特徴、実績

  • 1 自治体病院として、高度・特殊・先端医療の推進と救急医療などの政策医療に取り組み、地域基幹病院としての役割を果たしてきた。今後も地元完結型の医療を目指す。2 急性期対応型病院として、さらに医療の質の向上と能率化を図る。3 臨床研修指定病院として、指導医体制を強化し、教育プログラムや評価システムの充実を図るとともに、研修しやすい環境を整備する。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 591.8人

一日平均外来患者数

  • 1,036.9人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.6日/0.0日

年間分娩件数

  • 463件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 16件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/10回

当院の救急医療の特徴

  • 福島県で4ヶ所にある救命救急センターのひとつとして、昭和55年に許可を受けた。平成14年4月にリニューアルし、設備の拡充とともに5名の救急専従医が配属された。現在、初期、2次救急患者の治療を行う救急外来と、一つの診療科だけでなく、数科にわたる処置や集中治療を要する3次医療ゾーンにより運営している。また、日本救急医学会救急科専門医指定施設であり、救急医育成の場や、救急救命士のプレホスピタルケアー教育の場としても重要な役割を果たしている。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全診療科

一日平均救急外来患者数

  • 62.1人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 10.3人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 200人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 6回

当直手当

  • 有り(1年次:1回 10,000円(税込)、2年次:1回 30,000円(税込))

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 5人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • ストレート研修の時代には多くの研修医を育ててきた当院ですが、新臨床研修の施行に伴い指導体制の改革を進めてきました。内科系、外科系、小児科系、婦人科系等に特化したカリキュラムは有りませんが、自由選択期間が7ヶ月準備してありますので、それぞれが望む初期研修を構築することが可能です。3年目以降は、各科専門医取得を目標にした後期研修プログラムも整備されています。「教えることによって学ぶ」精神のもと、上級医、指導医ともによりよい後進の育成を目指して頑張っています。やる気のある研修医を待っています。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • みなさんはどのような研修医生活を思い描いていますか?誰もが充実した研修を望んでいると思います。ここ、磐城共立病院であなたの思いが現実のものになるかもしれません。地域の中核病院であるため、common diseaseのみならず豊富な症例と巡り会え、また当直等を通して、即座の実践的な判断力を身につけることも可能です。そんな野戦病院的な一面の中にも、アカデミックさを兼ね備えており、研修医でもどんどん症例発表ができます。上級の先生方は気さくで温かく、時に厳しく指導して下さり、研修医の言葉に耳を傾けて下さいます。初期研修終了後の進路は多彩で、よき道標もきっと見つかることでしょう。研修環境としては、暖かく、liberalな研修医アパートがあなた方を待っています。磐城共立病院研修医、なかなか魅力的です。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/12 12:05:47」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-049 福島第一原発事故から2年後のA市でお産を決めた妊婦の思い(Group22 母子保健,ポスターセッション)
  • 草野 愛,合津 たき子,志賀 優子,鈴木 真理
  • 母性衛生 55(3), 278, 2014-08
  • NAID 110009847682
  • 原発事故後のストレスにより職務が遂行できなくなった看護師の2例
  • 岩橋 成寿,國井 啓子,坂元 和子
  • 心身医学 54(5), 439-444, 2014-05-01
  • 福島第一原子力発電所(以下,福島第一原発)から44kmの地点に位置する災害拠点病院において,原発事故直後に職務遂行が困難になった看護師の2例を報告する.症例1:30代,女性.3月14日に両親が親戚宅に避難し,自分一人が自宅に残った.それから強い不安感が持続し,3月15日の午前中に受診した.血圧が175/104mmHgと上昇し,感情がコントロールできない状態であった.不安状態と診断し,薬物療法を開始 …
  • NAID 110009816751

関連リンク

病院概要、診療案内、臨床研修医の募集案内。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事総合

総合」

  [★]

comprehensiveoverall
全体全体的包括的全体的に見て網羅的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡