μ鎖病

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • μ鎖病における遊離μ鎖蛋白の免疫学的検索とその性状
  • 田村 明代,山城 明子,水谷 文子,老田 達雄,前田 明則,高橋 隆幸
  • 臨床病理 51(9), 847-851, 2003-09-25
  • NAID 50000303805
  • μ鎖病と原発性マクログロブリン血症の病像の重複を認めた特異な症例--その臨床的,免疫学的解析
  • 藤井 浩 [他]
  • 日本血液学会雑誌 45(3), p622-632, 1982-05
  • NAID 40002891249

関連リンク

H鎖病は概して悪性の形質細胞疾患である。大半の形質細胞疾患において,M蛋白は正常な 抗体分子と構造的に類似している。対照的に,H鎖病では不完全な単クローン性免疫 グロブリン(真のパラプロテイン)が産生される。これらはL鎖のないH鎖成分(α,γ,μ , ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ベンスジョーンズ蛋白
関連記事

ベンスジョーンズ蛋白」

  [★]

Bence Jones protein, BJP
ベンス・ジョーンズ蛋白ベンスジョーンズ蛋白質ベンスジョーンズタンパクBence JonesタンパクBence Jones蛋白Bence-Jones蛋白



概念

  • 尿中に排泄される
  • モノクローナルな抗体のL鎖
  • κ型とλ型がある
  • 単量体(24 kDa)か2量体(48 kDa)で存在
  • 尿からは試験紙法では検出できず、スルホサリチル酸法により検出される

BJPが出現する疾患

OLM.32
IgG, IgA, IgD, IgE, BJP型
IgM
γ鎖病μ鎖病

血清中、尿中に増加




病」

  [★]

diseasesickness
疾病不調病害病気疾患




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡