λ波

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2πのねじれ角分布を有する液晶回折格子の光学特性(発光型/非発光型ディスプレイ)
  • 本間 道則,能勢 敏明
  • 電子情報通信学会技術研究報告. EID, 電子ディスプレイ 111(421), 91-94, 2012-01-02
  • ねじれ角が-πから+πまで分布した液晶回折格子において,円偏光の入射に対して高い回折効率が得られる条件についてジョーンズ計算法を用いて検討した。その結果,リタデーションがR=(n+1/2)λ n:整数,λ:波長)となる場合において理論上100%の回折効率が達成し得ることが明らかとなった。また,実際に2πのねじれ角分布を有する液晶回折格子をマイクロラビングにより作製し回折特性を評価したところ,特定の …
  • NAID 110009481325
  • 分布定数線路を用いたHIDランプの高周波点灯回路
  • 大里 正人,毛 慶,大口 英樹 [他],清水 敏久,木村 軍司,高木 宏之
  • 電子情報通信学会論文誌. B-I, 通信I-情報通信システム・理論 J81-B-1(9), 581-583, 1998-09-25
  • λ/4長(λ:波長)分布定数線路を用いた, HIDランプ(高輝度放電灯)の高周波(1MHz)点灯回路を検討した.理論式と実験結果を示し, 線路長をλ/4に設定することで, 電圧形インバータを電流源としてランプに電力供給できた.
  • NAID 110003277662
  • 電磁誘導方式非接触ICカードシステム設計における一検討
  • 加藤 雅弘,長沼 祐資,高橋 郁夫,山崎 博史
  • 電子情報通信学会総合大会講演論文集 1997年.通信(1), 622, 1997-03-06
  • 電磁界を伝送媒体とした非接触ICカードシステムは, (1)微弱無線局, (2)誘導無線設備, (3)構内無線局などによる電波法の規制を受ける. このうち(3)は, 移動体識別用として2.45GHz帯が割り当てられている. 電磁誘導方式に基づくシステムでは磁界を媒体として通信を行うが, (1)は放射源がらの距離r=3(m), (2)はr=λ/2π(m)(λ:波長)における電界強度で規定されており, …
  • NAID 110003251704

関連リンク

1/2波長板(Half-wave Retarders)の機能 1/2波長板(1/2λ 板)は、入射光の電界振動方向(偏光面)にπ(=λ/2)の位相差を与えます。入射光の偏光面が波長板の高速軸(或いは低速 軸)に対してθ の方位角で入射した時に、その ...
身のまわりには,海の波や音の波や光の波(電磁波)など, さまざまな種類の波があります. 波の性質を特徴づけるものに,波長λ(ラムダ), 振動数ν(ニュー),そして波の速さ v があります. 波の山から山まで(谷から谷まで ...

関連画像

1/4波長板(λ/4板)図2 λ/4板の説明図 、振幅Aと波長λがわかる波の干渉 わかりやすい高校  、透過光内-λ-波長板あり偏光従って、波長板を回転させる


★リンクテーブル★
関連記事

波」

  [★]

wave
波動




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3