κ鎖

出典: meddic

kappa chain


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 馬尾症候群を呈した血管内リンパ腫の1例
  • 山本 詞子,横山 泰久,栗田 尚樹,高岩 直子,玉岡 晃
  • 日本内科学会雑誌 103(7), 1696-1698, 2014
  • … 症例は68歳,女性.ステロイド抵抗性の進行性両下肢筋力低下を認め,馬尾症候群を呈した.MRIで馬尾の異常増強効果を認め,髄液細胞のフローサイトメトリー(FCM)でκ鎖優位のB細胞,骨髄・髄液検体を用いたPCRでcomplementarity-determining region(CDR)III領域の再構成を認めたことから,B細胞の腫瘍性増殖が示唆された.臨床像から血管内リンパ腫(intravascular lymphoma:IVL)を最も疑い,化学療法を施行し下肢筋力の改善を …
  • NAID 130005087042
  • 重症貧血で発症した胃形質細胞腫の1例
  • 春日 満貴子,河野 正寛,菅 知也,木山 智,亀岡 信悟
  • 日本外科系連合学会誌 39(2), 211-216, 2014
  • … 所見で,術前検査で認めた2個の腫瘍は漿膜まで浸潤していた.幽門洞温存胃切除術を施行し,術後経過は良好である.病理診断結果は,非ホジキン型悪性リンパ腫,lymphoplasmacytic type,SE,N1,Stage Ⅲaであり,免疫染色ではCD138と免疫グロブリン軽鎖κ鎖が陽性であったため,形質細胞腫の診断にいたった.形質細胞腫の中でも,胃形質細胞腫はごく稀である.本症例で得た画像所見と文献的考察を合わせて報告する. …
  • NAID 130005067635
  • フルダラビン・リツキシマブ併用療法が奏効したBing-Neel症候群
  • 永春 圭規,宮崎 香奈,今井 裕 [他],田村 麻子,海野 啓,藤枝 敦史,杉本 由香,山口 素子,桝屋 正浩,片山 直之
  • 臨床血液 55(12), 2423-2428, 2014
  • … 骨髄検査では小型の成熟リンパ球を59%認め,同細胞の表面形質はCD19, CD20, CD38陽性,CD138一部陽性,CD5, CD10陰性で,軽鎖はκ鎖優位であった。 …
  • NAID 130004920639

関連リンク

各種の免疫グロブリンに共通で 、抗原性の異なる2種類のペプチド鎖、κ鎖とλ鎖がある。κ鎖をもつものをK型、λ鎖をもつものをL型という。1分子のIgはκ鎖かλ鎖のどちらかを有し、両方をもつことはない。 Fab部分(antigen-binding fragment ...
検査料 330点 包括の有無 ア 「23」の免疫グロブリンL鎖κ/λ比はネフェロメトリー法により、高免疫グロブリン血症の鑑別のために測定した場合に算定できる。 イ 「23」の免疫グロブリンL鎖κ/λ比と「21」の免疫電気泳動法を同時 ...

関連画像

FREELITE λチェーン (BS-LK018BD 例えばこの図の場合だと、κ鎖  法,免疫グロブリン,κ/λ比免疫グロブリン遊離鎖 κ/λ比Capto Lとκ軽鎖の結合抗体(免疫グロブリン)の特性


★リンクテーブル★
リンク元κ軽鎖
拡張検索免疫グロブリンκ鎖
関連記事

κ軽鎖」

  [★]

κ light chain
軽鎖κ鎖、κ軽鎖免疫グロブリン κ light chain immunoglobulin


免疫グロブリンκ鎖」

  [★]

immunoglobulin kappa-chainkappa-chain immunoglobulin


鎖」

  [★]

chainstrand
鎖式鎖状ストランドチェーン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡