ε-アミノカプロン酸

出典: meddic

ε-aminocaproic acid
EACA
  • 止血薬

構造

  • フィブリンのリシン残基に似た構造

作用機序

  • フィブリンのリシン残基に似ているため、プラスミンがフィブリンではなくε-アミノカプロン酸に結合する。このためフィブリンの分解が抑制され、結果として線溶系が抑制される。

薬理作用

動態

適応

注意

禁忌

副作用

相互作用

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/10/07 10:48:33」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 反応性高分子を用いる有機合成--ε-アミノカプロン酸オリゴマ-の高分子マトリックスにおける環化反応
  • 入江 和夫,秋山 雅安
  • 山口大学教育学部研究論叢 第2部 自然科学 (45), 1-18, 1995-10
  • NAID 40003671172
  • ε-アミノカプロン酸とナイロン66塩の熱固相重縮合に関する動力学
  • 山崎 隆,梶 慶輔,北丸 竜三
  • 京都教育大學紀要. B, 自然科学 63, 53-63, 1983-09
  • NAID 110000161224

関連リンク

ε-アミノカプロン酸(イプシロンあみのかぷろんさん)は人工合成されたアミノ酸で、止血 剤として用いられる。 ... ε-アミノカプロン酸はここでフィブリンに拮抗してプラスミノーゲン に結合して活性化を阻害し、これによってフィブリンの分解による出血を抑制する。
イプシロン-アミノカプロン酸 眼科用薬 一般用医薬品(OTC)の特徴・作用機序・服薬 指導内容など。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みEACA
リンク元イプシロンアミノカプロン酸」「epsilon-aminocaproic acid」「6-アミノヘキサン酸」「6-アミノカプロン酸
関連記事」「プロ

EACA」

  [★] イプシロンアミノカプロン酸, epsilon aminocaproic acid

イプシロンアミノカプロン酸」

  [★]

epsilon-aminocaproic acid, epsilon aminocaproic acid EACA
ε-アミノカプロン酸6-aminohexanoic acid
抗線溶療法トラネキサム酸



epsilon-aminocaproic acid」

  [★]

イプシロンアミノカプロン酸ε-アミノカプロン酸

6-aminocaproic acid6-aminohexanoic acid

6-アミノヘキサン酸」

  [★]

6-aminohexanoic acid
ε-アミノカプロン酸6-アミノカプロン酸


6-アミノカプロン酸」

  [★]

6-aminocaproic acid
6-アミノヘキサン酸ε-アミノカプロン酸

酸」

  [★]

acid
塩基


ブランステッド-ローリーの定義

ルイスの定義

プロ」

  [★]

pro



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡