γ1グロブリン

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • セルロースアセテート膜電気泳動法でみられる牛の血清蛋白分画像
  • コメグロブリンの構造と円偏光二色性スペクトルに及ぼす変性剤の影響
  • 滋賀大学教育学部紀要. 自然科学・教育科学 40, 51-60, 1991-03-12
  • NAID 110000502157

関連リンク

α1-マイクログロブリン(α1-m)は,分子量約30,000,糖含量約20%のタンパク質で,血中では低分子遊離型と高分子IgA型とがほぼ同率で存在している。α1-mは主に肝臓で産生され腎糸球体基底膜を容易に通過して近位尿細管より再吸収・異化され ...
α-1マイクログロブリン, α1-m (α1-microglobulin) 測定法: ラテックス凝集免疫法 RIA2抗体法(平成16年3月31日まで) 外注会社:SRL(平成17年6月16日より) SBS(旧住友)(平成17年6月15日 ...

関連画像

Α1グロブリンΑ1グロブリンタンパク質電気泳動ゲルの 多発性骨髄腫における血清蛋白


★リンクテーブル★
関連記事グロブリン」「リン」「ロブ

グロブリン」

  [★]

globulin (Z)
ヴェノグロブリンガンマーグロブリンガンマガードガンマグロブリングロブリングロベニンサイモグロブリンサングロポールゼットブリンテタノセーラテタノブリンテタノブリンIHヒスタグロビンベニロンヘパトセーラヘブスブリンヘブスブリンIHポリグロビン乾燥HBグロブリン乾燥はぶ抗毒素乾燥まむし抗毒素抗Dグロブリン抗D人免疫グロブリン抗HBs人免疫グロブリン破傷風グロブリン
アルブミンフィブリノーゲン
  • 肝臓で産生される

機能 (PT.234)

  • α1-グロブリン
    • 組織分解産物や脂質を運搬
  • α2-グロブリン
    • ビタミンやホルモンを運搬
    • α2-グロブリンの一種であるハプトグロビンは溶血により生じたヘモグロビンを捕捉し、尿細管の閉塞を防ぐ
  • βグロブリン
  • γグロブリン


リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






ロブ」

  [★] ロキソプロフェン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡